ホワイトデーとは お返しにはどんなプレゼント?おすすめは

 

 

バレンタインデーにプレゼントをもらったら、1ヶ月後の3月14日にはお返しを考えたほうがいいでしょう。

 

ホワイトデーの仕掛け人によっては、飴がいいとか、マシュマロがいいだとかいろいろ言われていますが。

 

はたして何が一番いいのでしょうか?

 

悩むところですね。

 

ホワイトデーとは お返しにはどんなプレゼント?おすすめは何がいいのかについて紹介します。

 

スポンサーリンク

ホワイトデーとは

 

バレンタインデーも外国とは内容が違うのは知っていますか。

 

日本のバレンタインデーは日本独特だったってこと、あまり意識してないかもしれないですね。

 

ホワイトデーに至っては、バレンタインの発祥の地である欧米ではそういう習慣がないんだとか。

 

日本とアジアの一部の国だけだとか。

 

中国、台湾、韓国など東アジアの一部に定着している。

 

それも発祥の地は日本なんですね。

 

まあ、日本ってこんなこと考えそうな国だからうなずけますね。

 

もらったものはお返ししなきゃってね。

 

日本人らしいのかもしれないね。

 

 

 

いつ頃から始まったのかは、昭和40年代ごろらしいです。

 

日本ではお菓子業界が販促をその頃から開始して、次第に定着していったようです。

 

 

そのホワイトデーを起源については、いろいろな説があるみたいです。

 

いまだに、こちらが広めたとそれぞれが主張しているので、どれが本当かはわかりません。

 

 

はっきりしているもので3つの説がある。

 

1)不二家とエイワが広めたという説

お菓子業界に要請があったことで昭和40年代頃に、不二家は「リターン・バレンタイン」という名称でバレンタインデーのお返し用菓子類の宣伝販売をするようになり、1973年にはエイワと組んで3月14日にマシュマロを販売するキャンペーンを開始したという説。

 

2)石村萬盛堂が広めたとする説

福岡の老舗菓子屋「石村萬盛堂」の社長は、少女雑誌に掲載されている「マシュマロでもいいからお返しがほしい」という一文を発見し、どうにかならないかと考え、バレンタインデーのお返しとしてマシュマロを渡す日を作り、お返し用のマシュマロを「君からもらったチョコレートを僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」という気持ちを込めたものとして、チョコレートをマシュマロでくるんだものを売り出し、百貨店岩田屋のアドバイスで、当時大型のイベントがなかった寂しい時期である3月14日に「マシュマロデー」を設定し1978年よりキャンペーンを開始した。

そしてそれを他の業界に浸透させるため、名称をホワイトデーに改めたという説。

 

3)全国飴菓子工業協同組合が広めたとする説

全国飴菓子工業協同組合は、1978年に「キャンディを贈る日」として、3月14日にホワイトデーを制定した。

2年後の1980年には三越や電通の協力も得てイベントやキャンペーンを繰り広げていった。

3月14日に定めた理由は、結婚をしようとした男女を救うためにヴァレンティヌス司祭が2月14日に殉教したその1ヶ月後の3月14日に、その2人の男女が永遠の愛を誓い合ったとされていることや、古事記や日本書紀では、初めて飴が製造された日が3月14日であったことなどとされている。

 

 

近年ではデパートやネットショップなどで食品以外の贈り物などの販促活動もされていて、いろんな業界にも活況をもたらしている。

お返しにはどんなプレゼント?

 

どんなお返しをするのかいろいろ迷うでしょう。

 

*まずは、お返しをする相手がどんな人なのかが重要でしょう。

本命の彼女なのか?

単なるお友達なのか?

同僚なのか?

目上の人なのか?

どういう相手かで選ぶものも違ってくるでしょう。

 

*もらった相手の気持ちもつかめていたら判断の材料になります。

たとえば、義理チョコなので軽くお返しをしてほしいと思っているとか、

本命なのでちゃんとした意志が伝わるものにしてほしいとか、

なにしろ得したいので3倍返ししてほしいと思っているとか、

 

また、相手の趣味趣向もわかっていれば判断の1つの材料にはなります。

美味しいものに目がないとか、

美容家電の**を欲しがっているとか、

マカロンがこの上なく好きだとか、

 

それから、こちらがどう思っているかも品物選びに影響がでます。

大事な人なのか、

友だちなのか、

本命なのか、

などなど

 

おすすめは

 

<本命の彼女のお返しには>

 

お返しはいらないというのも多いみたいですが、お返しをするとしたら、ネックレスが1位人気らしいです。

たとえば、こんなの、

 

 

 

次に人気なのはバラなどの花束。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサーリンク

【お好きな本数で】バラの花束(10本〜OK!)◆生花 薔薇 ブーケ 記念日 誕生日 結婚記念 お祝い 卒業 卒園◆
価格:130円(税込、送料別) (2018/1/11時点)

 

 

これは私が思うおすすめ、スマホ対応の手袋はどうですか。

 

 

 

<義理チョコのお返しには>

 

いらないというのも多いようですが選べば、

 

クッキーが1位のようです。

 

 

2位はその他お菓子なのでここは、

マカロンなど(ただ、これは”特別な人”という意味が込められているとも言われているので、みんなに配ってるんだとか言っといた方がいいかもです。)

 

まとめ

 

ホワイトデーは、みんなの希望に応えるかたちで、それぞれの業界の人が仕掛けたようですね。

 

お返しは、いろいろ言われていることを気にするのでしたら、そのとおりに対応する方が良いでしょう。

 

もっと自分のオリジナリティーを出したければ、そのように考えればいいのだと思います。

 

要は、自分の気持ちがどうであり、どうしたいかで、それに応じた気持ちを込めて対応すればいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

PAGE TOP ↑