暑中お見舞いとは 出す時期はいつごろで その書き方はどうする。

 

 

梅雨が明けて、夏らしい太陽が照り始めると、そろそろ暑中お見舞いの時期がやってきますね。

あなたのところでは、日ごろ会えない知人や友人に挨拶状を送ったりしてますか?

毎年決まった方に、暑中お見舞いを送っている方もいらっしゃると思いますが。

暑中お見舞いとはどういうもので、どんな時期に送るのが正解なのか、そのはがきに書く内容はどうするのがいいのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

暑中お見舞いとは

暑中お見舞いとは、夏の暑い最中に、相手方の健康を伺ったり、こちらの近況を報告したり、相手方の無事を祈ったりする挨拶状です。

気軽に出されるといいでしょう。 友人知人との交流も深まりますからね。ちょうど暑中お見舞いのタイミングと重なれば、結婚や引っ越し、転職などの報告も案内がてらに出すのもいいでしょう。また、夏休みが始まって数日が過ぎたころなので、生徒が学校の先生に向けて今どんな具合かの報告をかねて出すとか、逆に先生が宿題などはどうかと確認をこめて送るというのもいいのかも。企業から個人に向けては、夏のセールやイベントの案内もかねての暑中お見舞いというのもありかもしれません。

私も暑中お見舞いをもらったときは、なんとなく特別なものを感じましたから、送られた人は悪い気はしないはずです。一度あなたも暑中お見舞いを友人や知人、あるいは意中の人に意を決して出してみませんか。友人などとの絆が深まったり、好きな異性との仲も急展開になるかもしれませんよ。

 

暑中お見舞いを出す時期は

暑中お見舞いの時期はいろいろな説があり、どれが正しいとは言えないです。

夏の土用つまり立秋前の18日間であったり19日間であったりする、また、暑中の期間つまり小暑から立秋前日の1ヶ月とする場合もある。

また、起点を梅雨明け以降とする場合もありはっきりしていないのが実状である。

小暑は、二十四節気の第11で、年によって日にちは前後します。2017年の場合は7月7日です。

西暦年 小暑
2017年 7月7日
2018年 7月7日
2019年 7月7日
2020年 7月7日
2021年 7月7日
2022年 7月7日
2023年 7月7日
2024年 7月6日
2025年 7月7日

 

立秋は、二十四節気の第13で、これも年によって日にちは前後します。2017年の場合は8月7日です。

スポンサーリンク
西暦年 立秋
2017年 8月7日
2018年 8月7日
2019年 8月8日
2020年 8月7日
2021年 8月7日
2022年 8月7日
2023年 8月8日
2024年 8月7日
2025年 8月7日

 

暑中見舞いとは、夏の暑い盛りに、相手の健康をうかがったりこちらの近況などを報告する挨拶状ですから、梅雨が明けて夏らしくなったころに出し始めるのがよろしいかと思います。ただ、送った先が梅雨が明けて夏らしくなっている時期に届くように送るタイミングを考えることが必要ですね。

 

暑中お見舞いの書き方

暑中お見舞いは季節の挨拶状の一つとして、特に決められた形式はないのですが、一般的には次のような内容を書くようにします。

1)季節の挨拶

「暑中お見舞い申し上げます」という決まり文句。

2)相手方の健康などを伺う・自身の近況を伝える・相手方の無事を祈る、などを言葉で伝えます。

例えば、こんな感じです。

「暑さ厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。こちらでは無事に過ごしております。そちら様もお体を大切にしてお過ごしください」

3)日付け

日付けは「○○年〇月」でもいいですし「○○年 盛夏」などでもいいです。

 

熱い最中ですので、相手方の気持ちがなごむような、シンプルですっきりした内容にされるといいと思います。

また、年賀状のように、郵便局から”かもめーる”という懸賞付きの暑中見舞いのはがきが発行されていますので、それを使って送られると相手方に何かが当たるかもしれないという楽しみも送ることができます。

 

まとめ

暑中お見舞いは季節の挨拶状です、夏の暑いひととき、知り合いにさわやかな気持ちを届けられることになります、はがき1つでその方との交流を深めることができれば、こんな良いことはないでしょう。あなたもあの方に書いてみてはいかがですか。

これから暑中お見舞いを送ろうと考えられている方の参考になれば幸いです。
参考記事↓↓↓
残暑見舞いとは 出す時期はいつごろで その書き方はどうする

スポンサーリンク

関連記事

梅雨の時期の傘の選び方 どんな点を検討すれば良い 私のおすすめは

    日本列島では5月のゴールデンウイークが過ぎると沖縄地

記事を読む

痛風にならないようにするにはどんな食品などに注意するべきか

    風が吹いただけでも痛いということでつけられた痛風とい

記事を読む

しじみは二日酔いに良いの 含まれる成分と 効果的な食べ方

      歓送迎会や忘年会などで浮かれた気

記事を読む

赤ちゃんに与える水の注意点は どんな水を選ぶ?海外ではどうする?

    赤ちゃんに与えるものは、母乳があればそれで問題ないで

記事を読む

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券とは 実用性は?代替え案は?

    昔、よく青春18きっぷを使われていた人に言わせる

記事を読む

日焼け対策に有効な食べ物はどれ、NGな食べ物とその活かし方

    昔は、小麦色の肌が流行った時期もありましたね。

記事を読む

赤ちゃんの蚊対策 化学成分以外の対処法とその注意点について

        夏になると、

記事を読む

はちみつは赤ちゃんに与えても大丈夫? 妊婦や授乳婦が食べても大丈夫?

    家族の一員として、生まれてきた赤ちゃんは目の中に入れ

記事を読む

冷え性にはピーマンがいいの どの部位を食べる その調理法とは

      ピーマンは夏野菜なんですが、夏場

記事を読む

花粉症 秋に出る症状と 原因となるものや その対策について

    花粉症になると目の症状や鼻の症状がでます。 か

記事を読む

PAGE TOP ↑