楽天Edyチャ―ジとは Edyの種類別でのチャージの方法について

 

 

楽天Edyは人気のある電子マネーです。

 

楽天市場など楽天関連を良く使う私にとっても離せない電子マネーとなります。

 

楽天Edyは徐々にサービスも充実しているような気がします。

 

チャージの仕方もずいぶん変わったみたいです。

 

楽天Edyチャ―ジとは、Edyの種類別でのチャージの方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

楽天Edyチャ―ジとは

 

楽天Edyというものは、Edy-楽天ポイントカード、Edy機能付き楽天カード、おサイフケータイ、iPhone+Edyカード、iPhone+おサイフケータイジャケットなど、いろんな種類で使用が可能です。

 

あなたのお好きな都合の良い種類が選択できます。

 

それぞれの楽天Edyの種類ごとにチャージのできる方法が決まっているので、どれで使うのかを決めてからチャージの方法を調べましょう。

 

楽天Edyチャージの方法は

 

1)現金でチャージする。

 

2)クレジットカードでチャージする。

 

3)ポイントからチャージする。

 

4)楽天Edyアプリを使ってチャージする。

 

5)オートチャージする。

 

6)いつでもチャージする。

 

7)楽天IDでチャージする。(楽天会員情報に登録しているクレジットカードでチャージすると同じ意味。)

 

8)銀行口座からチャージする。

 

9)チャージお知らせ設定を利用してチャージする。

 

の9つがあります。

 

それぞれの使う種類でどの方法が使えるかを表にしました。

種類 方法
Edy-楽天ポイントカード 1)2)3)4)
Edy機能付き楽天カード 1)2)3)4)5)6)
おサイフケータイ 1)2)3)5)7)8)9)
iPhone+Edyカード 1)2)5)7)
iPhone+おサイフケータイジャケット 1)2)3)7)

 

どの種類でも現金でチャージとクレジットカードでチャージができる。

 

<iPhone+Edyカード>だけはポイントからチャージができない。

 

楽天Edyアプリを使ってのチャージは<Edy機能付き楽天カード><Edy-楽天ポイントカード>ができます。

 

オートチャージは<Edy機能付き楽天カード><おサイフケータイ><iPhone+Edyカード>でしか設定できません。

 

いつでもチャージは<Edy機能付き楽天カード>のみ可能です。

 

楽天IDでチャージは<おサイフケータイ><iPhone+Edyカード><iPhone+おサイフケータイジャケット>で操作できます。

 

銀行口座からチャージとチャージお知らせ設定を利用してチャージができるのは<おサイフケータイ>のみです。

 

 

 

*盗難・紛失の際にはチャージやオートチャージの設定解除が必要です。(損失が拡大する恐れあり)

 

楽天Edyマイページで右上にある「故障/盗難/紛失」というマークをクリックすると、

 

「Edyカード・おサイフケータイの故障/紛失について」というポップアップが表示されるので、

 

該当するEdy「Edyカード/グッズの方」「おサイフケータイの方」「その他楽天Edyの故障/紛失について(おサイフケータイジャケットなど)」へログインします。

 

それぞれのチャージサービスの利用停止をしましょう。

 

 

 

それぞれのチャージ方法について種類に合わせた説明をします。

 

 

 

 

現金でのチャージ

 

全てのチャージ方法でほぼ同じです。

 

全ての種類の楽天Edyで、一部の楽天Edy加盟店においてレジにて現金でチャージができます。

 

レジスタッフに「楽天Edyにチャージしてください」とお伝えください。

 

店によっては、Edyチャージャー(現金入金機)を設置しています。

 

 

現金チャージができる店舗(2019年9月時点)

スリーエフ、セイコーマート、セブンイレブン、ファミリーマート、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、デイリーヤマザキ、ミニストップ、ローソン、WonderGOO、プロント、CAFFE SOLARE、喫茶室ルノアール、ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ドラッグストアウェルネス

 

 

*現金入金機ではおつりはでません。

 

*1回のチャージ金額の上限は25000円です。

 

*1つの楽天Edyには最大50000円までチャージできます。

 

*チャージ完了後の取り消しはできません。

 

 

 

セブン銀行ATMで楽天Edyの現金チャージ、残高確認ができるようになりました。(一部例外があります。)

 

*おつりも出ます。

 

*1000円からチャージができる。

 

*手数料は無料。

 

セブン銀行ATMはセブンイレブンはもとよりイトーヨーカ堂、駅、空港など、全国に約25000台あります。

 

使い方

1.「電子マネーチャージ」をタッチします。

2.楽天Edyを所定の位置に置きます。

3.「チャージ」を選択します。

4.希望の金額を選択あるいは入力します。

5.現金を入れます。

6.チャージ完了です。

7.明細書の発行有無を選択する。

 

クレジットカードでのチャージ

 

クレジットカードでのチャージの注意点。

 

*設定の際に登録したパスワードは大事に保管しておきましょう。(忘れると再設定になります)

 

*1回のチャージ金額の上限は25000円です。

 

*1つの1日のチャージ上限は50000円です。

 

*登録クレジットカードでの利用期間が30日未満の場合は1日のチャージの上限が10000円になります。(Edy機能付き楽天カードは除外)

 

*一部使えないクレジットカードがあります。(Edy機能付き楽天カードはOK)

 

*一部のEdyカードはクレジットカードチャージの対象外になります。

 

*チャージ完了後の取り消しはできません。

 

*クレジットカードをチャージ設定後、翌日正午からチャージ可能になります。

 

*海外発行のクレジットカードは使えません。

 

*楽天カードによるチャージの場合はどんなチャージでも「カード利用獲得ポイント」が付きます。

 

 

 

それでは個別に説明します。

 

 

<Edy-楽天ポイントカード>

 

Edy Viewerを使ってチャージすることになります。

 

Edy ViewerはInternet Explorerで作動します。Internet Explorerを搭載したパソコンを用意してください。

 

楽天RdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリも必要になり、パソコンにつなぎます。

 

Edyカード(Edy-楽天ポイントカード)を楽天RdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリにセットします。

 

 

設定

 

パソコン内のEdy Viewerを起動して「チャージ・残高確認など」の画面を開き、画面下部にある「ユーザー登録情報」をクリックします。

 

すると通信が始まり読み取り始めます。

 

完了画面が出るので、規約を読んで、「同意する」をクリックします。

 

次の画面で登録情報(クレジットカード情報も含む)を入力して「次へ」をクリックします。

 

確認画面が出るので確認して「次へ」をクリックします。

 

登録完了画面が出てユーザー登録が完了します。

 

 

チャージ

 

「チャージ・残高確認など」の画面に戻って、「チャージ」をクリックします。

 

すると通信が始まり読み取り始めます。

 

パスワード入力画面が出るので入力し「次へ」をクリックします。

 

チャージ金額を設定して「次へ」をクリックします。

 

確認画面が出るので確認して「次へ」をクリックします。

 

チャージ完了画面が出てチャージ完了です。

 

 

<Edy-機能付き楽天カード>

 

カード自体のクレジットカードを使いチャージします。

 

 

チャージ

 

楽天e-NAVIにログインしてトップ画面の「Edyチャージサービス」から「Edyチャージのお申し込み」に入ります。

 

表示されているEdy番号を選択します。(チャージするEdyの)

 

チャージ金額を入力します。

 

セキュリティコードを入力します。(カードの裏面の末尾3桁の番号)

 

 

楽天Edy受取

 

申込後にファミリーマートの「Famiポート」か空港などにあるANAの「国内線 自動チェックイン機」、または楽天Edyアプリ(NFC機能があるAndroid端末を持っている場合)、自宅パソコン(WindowsのInternet ExplorerでEdy Viewerを使う)と楽天RdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリとでの受取ができます。

参考記事⇒パソリ(PaSoRi)で電子マネーなどを快適に使おう

 

 

<おサイフケータイ>

 

設定

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

おサイフケータイタブの画面で「詳細を見る」をタップします。

 

上にある「チャージ設定」をタップします。

 

次の画面で「チャージ方法」をタップします。

 

次の画面で「クレジットカード」をタップします。

 

次の画面で規約を読んで「規約に同意する」にチェックを入れて「次へ進む」をタップします。

 

ユーザー情報の登録画面が出るのでユーザー情報(クレジットカード情報も含む)の入力をします。

 

内容確認後に「登録する」をタップします。

 

登録完了の画面が出ると登録が完了します。

 

 

チャージ

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

今度は「チャージ」をタップします。

 

次の画面で「チャージ金額」と「パスワード」を入力し「チャージ」をタップします。

 

「チャージ完了しました」と表示されチャージ完了です。

 

 

<iPhone+Edyカード>

 

App Storeから楽天Edyアプリをダウンロードしてインストールします。

 

パソリ(RC-S390)とEdyカードが必要です。

 

iPhoneのBluetoothを利用して楽天Edyアプリからパソリ、パソリからEdyカードへ通信しますので、チャージの際はそれぞれあまり離れないようにしでください。

 

 

設定

 

楽天Edyアプリを起動しパソリとペアリングします。

 

充電できているパソリ(RC-S390)を近くに置いて、電源を短く1回押してランプの状態を確認して、電源ボタンを長押しして青く点滅するまで待ちます。

 

パソリ本体に記載されているPASSKEYをBluetoothに入力し接続します。

 

 

チャージ

 

楽天Edyアプリの画面で、

 

「チャージ」をタップする。

 

次の画面で「クレジットカード」をタップする。

 

次の画面でユーザー情報(クレジットカード情報も含む)を入力して登録する。

 

チャージをして完了です。

 

 

<iPhone+おサイフケータイジャケット>

 

 

App Storeからおサイフリンクアプリをダウンロードしてインストールします。

 

おサイフケータイジャケットが必要です。

 

設定

 

おサイフリンクアプリを起動します。

 

Bluetoothでおサイフケータイジャケットとペアリングし接続します。

 

利用できるサービスを表示するをタップして「楽天Edy」をタップします。

 

 

チャージ

 

おサイフリンクアプリのマイサービスの中の「楽天Edy」をタップします。

 

次の画面で「チャージ」をタップします。

 

次の画面でチャージ方法を「クレジットカード」にして「チャージ金額」を入力しパスワードを入力して

 

次の画面で内容を確認し「チャージ(入金)する」をタップする。

 

チャージ完了画面が出てチャージ完了になります。

 

 

ポイントからのチャージ

 

ポイントチャージを行うには、楽天Edyの利用で楽天スーパーポイントが貯まる設定が必要です。

(Edy機能付き楽天カードはすでに設定済みです。)

 

他のポイントが貯まる設定になっている場合はポイントチャージできません。

 

チャージ可能なポイントの上限は100000ポイント/月、25000ポイント/回で、初めてポイントをチャージする場合は1週間ほど上限が500ポイント/日に制限されることがあります。

 

受取開始日が申請日から2日後に制限される場合があります。

 

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントや提携サービス会社(JCBカード、DCカード、Oricoカード、楽天証券など)からの交換ポイントは対象外です。

 

*キャンペーンなどでプレゼントされたEdyは、対象のEdy番号が決まっていればそれでしか受け取れません。

 

家族カードは本会員の楽天IDからのみポイントチャージが可能です。

 

 

それでは個別に説明すると、

 

<Edy-楽天ポイントカード>と<Edy機能付き楽天カード>

 

チャージ申し込み

 

楽天Edyのマイページより上にある「ポイントチャージ」をタップします。

 

ポイントチャージ申請の「チャージ申請へ」をタップします。

 

ポイントチャージ申請ページから、チャージ先の楽天Edyを選択して、チャージするポイントを入力します。

 

「申請する」をタップして申し込みます。

 

*チャージ申請した楽天Edyの受取期限は30日間です。受取ができないときは楽天スーパーポイント口座に戻ります。

 

 

楽天Edy受取

 

ポイントチャージの受け取りはファミリーマートの「Famiポート」か空港などにあるANAの「国内線 自動チェックイン機」、

 

または楽天Edyアプリ(NFC機能があるAndroid端末を持っている場合)で受取ができます。

 

自宅でパソリでは受取できなくなりました。

参考記事⇒パソリ(PaSoRi)で電子マネーなどを快適に使おう

参考記事⇒楽天Edyへのポイントチャージ パソコンでできなくなりました Famiポートでやってみた。

 

 

<おサイフケータイ>

 

チャージ

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

おサイフケータイタブの「ポイントチャージ」をタップします。

 

チャージするポイントを入力します。

 

通常は操作すれば、一定の条件を除き自動で受け取りがされます。

 

なかには受取開始日が申請日から2日後に制限される場合があります。

 

この場合は、後日、楽天Edyアプリで受け取りましょう。

 

*チャージ申請した楽天Edyの受取期限は30日間です。受取ができないときは楽天スーパーポイント口座に戻ります。

 

 

受取り方

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

右上部に「プレゼントアイコン」が表示されていますからタップします。

 

次にEdyの選択で「おサイフケータイ」を選択します。

 

Edyを受け取る画面で受け取るギフトの右端にある「受け取る」をタップします。

 

受け取りが完了します。

 

*ANAマイルを電子マネー特典に交換した場合、おサイフケータイから特典交換申請をしなければおサイフケータイで受取れません、特典交換申請をした時点でおサイフケータイ限定になります。

 

 

<iPhone+おサイフケータイジャケット>

 

同じように、App Storeからおサイフリンクアプリをダウンロードしてインストールします。

 

おサイフケータイジャケットが必要です。

 

ペアリング設定

 

おサイフリンクアプリを起動します。

 

Bluetoothでおサイフケータイジャケットとペアリングし接続します。

 

利用できるサービスを表示するをタップして「楽天Edy」をタップします。

 

 

ポイントを貯める設定

 

おサイフリンクアプリを起動します。

 

次の画面で「楽天Edy」をタップします。

 

次の画面で「ポイントを貯める」をタップします。

 

ポイントサービスリストより「楽天スーパーポイント」をタップします。

 

楽天会員情報(楽天IDとパスワード)を入力します。

 

規約を確認して「規約に同意して次へ」をタップします。

 

「楽天Edyのご利用で、「楽天スーパーポイント」が貯まるようになりました。」との表示が出て、設定完了です。

 

 

ポイントチャージ申し込み

 

おサイフリンクアプリのマイサービスの中の「楽天Edy」をタップします。

 

次の画面で「チャージ」をタップします。

 

次の画面でチャージ方法を「ポイント」にして「チャージ金額」を入力しパスワードを入力して

 

次の画面で内容を確認し「チャージ(入金)する」をタップする。

 

チャージ完了画面が出てチャージ完了になります。

 

 

楽天Edy受取

 

おサイフリンクアプリのマイサービスの中の「楽天Edy」をタップします。

 

次の画面で「Edyを受け取る(Edyギフト)」をタップします。

 

Edyを受け取る画面で受け取るギフトを選択します。

 

「Edyを受け取る」をタップします。

スポンサーリンク

 

受け取り完了画面が表示されれば受け取り完了です。

 

 

楽天Edyアプリを使ってチャージ

 

NFC機能があるAndroid端末を持っていれば、楽天EdyアプリからEdyカード(Edy-楽天ポイントカード、Edy機能付き楽天カード)にチャージすることができます。

 

楽天会員情報に登録されているクレジットカードからチャージされます。

 

*1回のチャージ金額の上限は25000円です。

 

*1つの1日のチャージ上限は50000円です。

 

*登録クレジットカードでの利用期間が30日未満の場合は1日のチャージの上限が10000円になります。(Edy機能付き楽天カードは除外)

 

*一部使えないクレジットカードがあります。(Edy機能付き楽天カードはOK)

 

*一部のEdyカードはクレジットカードチャージの対象外になります。

 

*チャージ完了後の取り消しはできません。

 

*クレジットカードをチャージ設定後、翌日正午からチャージ可能になります。

 

*海外発行のクレジットカードは使えません。

 

*フィーチャーフォン向けの楽天Edyアプリのサービスが2020年3月18日午前2:00頃に終了になる予定。

 

個別に説明します。

 

<Edy-楽天ポイントカード>と<Edy機能付き楽天カード>

 

楽天EdyアプリはGoogle Playよりダウンロードしてインストールしてください。

 

設定

 

楽天Edyアプリを起動しEdyカード(Edy-楽天ポイントカード、Edy機能付き楽天カード)を読み取って登録します。

 

 

チャージ

 

楽天EdyアプリのEdyカードタブより「チャージ」をタップします。

 

チャージ画面のEdyカードを選択してから「チャージ」ボタンをタップします。

 

チャージ金額とパスワードを入力します。

 

対象のEdyカードを端末にかざしてチャージを完了させます。

 

 

オートチャージ

 

自動でチャージされるので、チャージの手間が省けてとても便利です。

 

 

問題は盗難・紛失の際にはオートチャージの設定解除が必要なことです。(特に損失が拡大する恐れあるので2日以内に)

 

楽天Edyマイページで右上にある「故障/盗難/紛失」というマークをクリックすると、

 

「Edyカード・おサイフケータイの故障/紛失について」というポップアップが表示されるので、

 

該当するEdy「Edyカード/グッズの方」「おサイフケータイの方」「その他楽天Edyの故障/紛失について(おサイフケータイジャケットなど)」へログインします。

 

それぞれのチャージサービスの利用停止をしましょう。

 

 

端末の状況に応じて正常に作動しないことがあります。(省エネ設定やタスクキラー系アプリ、通信障害など)

 

 

それでは個別に説明します。

 

<Edy機能付き楽天カード>

 

ローソンやファミリーマートなどのEdyオートチャージ対象店舗でお買い物する際に、Edy残高がオートチャージの設定条件により自動的にチャージされるサービスです。

 

例えば、残高が3000円以下になれば3000円をチャージするのような条件です。

 

当然ですが、お買い物ポイントとオートチャージポイントがダブルで貯まります。

 

オートチャージ対象店舗は全国約150000店舗、今後もどんどん増えていきます。

 

対象店舗検索はこちら⇒楽天Edyが使えるお店を探す

 

 

オートチャージ申し込み

 

楽天e-NAVIに楽天IDとパスワードでログインします。

 

トップページ右上のあたりにある「Edyチャージ」をクリックします。

 

Edyチャージサービスページより、「Edyオートチャージ」をクリックします。

 

オートチャージの条件を設定し、セキュリティコード(楽天カード裏面の下3桁)を入力します。

 

「確認画面へ」をクリックします。

 

Edyオートチャージのお申し込み画面になるので、内容と利用規約を確認して「上記規約に同意して申し込む」をクリックします。

 

これでオートチャージ申し込み完了です。

 

 

<おサイフケータイ>

 

スマートフォンのおサイフケータイの場合はオートチャージが使えます。

 

あらかじめチャージ方法と金額を設定すると、1時間に1回残高を確認し、設定された金額以下になった場合に自動的にチャージします。

 

チャージの方法は

 

1)クレジットカードのチャージ(登録クレジットカードがEdy機能付き楽天カードの場合はポイントがダブルで貯まります)

 

2)楽天IDでのチャージ(登録クレジットカードがEdy機能付き楽天カードの場合はポイントがダブルで貯まります)

 

3)銀行口座振替でのチャージ

 

があります。

 

 

オートチャージ申し込み

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

おサイフケータイタブの「詳細を見る」をタップします。

 

次の画面で「チャージ設定」をタップします。

 

チャージ設定画面で、

 

「チャージの方法」をタップしてチャージの方法を選択します。

 

次にチャージ設定画面で、

 

「オートチャージ設定」をタップします。

 

次の画面で「オートチャージの設定・変更」をタップします。

 

オートチャージの詳細を設定すると完了です。

 

 

*故障/盗難/紛失発生時

 

おサイフケータイで楽天Edyを使っている場合、事前に楽天EdyマイページにEdy番号を登録しておくと、それ以外の楽天Edyに残高が引き継げます。

(所定の審査により情報の登録状況によって引き継げない場合があります)

 

Google Play、じぶん銀行、楽天e-NAVIでのチャージ設定も利用されている場合は、各サービスでの情報の削除などを行ってください。

 

 

<iPhone+Edyカード>

 

同じように、App Storeから楽天Edyアプリをダウンロードしてインストールします。

 

パソリ(RC-S390)とEdyカードが必要です。

 

iPhoneのBluetoothを利用して楽天Edyアプリからパソリ、パソリからEdyカードへ通信しますので、チャージの際はそれぞれあまり離れないようにしでください。

 

楽天Edyアプリを起動しパソリとペアリングします。

 

充電できているパソリ(RC-S390)を近くに置いて、電源を短く1回押してランプの状態を確認して、電源ボタンを長押しして青く点滅するまで待ちます。

 

パソリ本体に記載されているPASSKEYをBluetoothに入力し接続します。

 

あらかじめチャージ方法と金額を設定すると、2時間に1回残高を確認し、設定された金額以下になった場合に自動的にチャージします。

 

 

チャージの方法

 

1)クレジットカードのチャージ(登録クレジットカードがEdy機能付き楽天カードの場合はポイントがダブルで貯まります)

 

2)楽天IDでのチャージ(登録クレジットカードがEdy機能付き楽天カードの場合はポイントがダブルで貯まります)

 

 

オートチャージの申し込み

 

楽天Edyアプリの画面で、

 

左上にある横棒三本の「設定メニュー」をタップします。

 

次の画面で「チャージ設定」をタップします。

 

オートチャージの詳細を設定します。

 

 

いつでもチャージ

 

一度設定すれば、毎回手続きする必要がなく、いつでも決まった金額がチャージされます。

 

チャージは1日1回まで、設定金額まで可能。

 

1回目はすぐに、2回目以降は翌日正午以降に受取が可能になります。

 

チャージ分は楽天カードで決済されます。

 

*1回のチャージ金額の上限は25000円です。

 

*1つの1日のチャージ上限は50000円です。

 

*登録クレジットカードでの利用期間が30日未満の場合は1日のチャージの上限が10000円になります。

 

*一部のEdyカードはクレジットカードチャージの対象外になります。

 

*チャージ完了後の取り消しはできません。

 

*クレジットカードをチャージ設定後、翌日正午からチャージ可能になります。

 

*海外発行のクレジットカードは使えません。

 

 

<Edy機能付き楽天カード>

 

チャージ設定

 

楽天e-NAVIでトップ画面より「Edyチャージサービス」から「いつでもEdyチャージ(自動設定)の登録・解除」に行きます。

 

設定するEdy番号を選択します。

 

設定金額を選択します。

 

セキュリティコード(カード裏面の下3桁の番号)を入力します。

 

「確認画面へ」をタップします。

 

内容を確認して「申し込む」をタップすれば登録完了です。

 

 

楽天Edy受取

 

ファミリーマートの「Famiポート」か空港などにあるANAの「国内線 自動チェックイン機」、

 

または楽天Edyアプリ(NFC機能があるAndroid端末を持っている場合)、

 

自宅パソコン(WindowsのInternet ExplorerでEdy Viewerを使う)と楽天RdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリとでの受取ができます。

参考記事⇒パソリ(PaSoRi)で電子マネーなどを快適に使おう

 

 

楽天IDでチャージ

 

*楽天会員情報に登録されているクレジットカードによるチャージになります。

 

*登録クレジットカードでの利用期間が30日未満の場合は1日のチャージの上限が10000円になります。

 

*1回のチャージ金額の上限は25000円です。

 

*1つの1日のチャージ上限は50000円です。

 

*一部のEdyカードはクレジットカードチャージの対象外になります。

 

*チャージ完了後の取り消しはできません。

 

*クレジットカードをチャージ設定後、翌日正午からチャージ可能になります。

 

*海外発行のクレジットカードは使えません。

 

それでは個別に説明します。

 

<おサイフケータイ>

 

設定

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

おサイフケータイタブの画面で「詳細を見る」をタップします。

 

上にある「チャージ設定」をタップします。

 

次の画面で「チャージ方法」をタップします。

 

次の画面で「楽天会員情報に登録済みのクレジットカード」をタップします。

 

次で規約に同意するにチェックを入れて楽天会員情報(楽天IDとパスワード)を入力し「次へ進む」をタップします。

 

チャージ設定画面が出るので、登録してあるカードのセキュリティコードを入力します。(楽天カードなら裏の下3桁の数字)

 

これでチャージ設定が完了しました。

 

 

チャージ

 

最初の画面に戻って、「チャージ」をタップします。

 

「チャージ金額」と「パスワード」を入力し「チャージ」をタップする。

 

「チャージが完了しました」と表示が出てチャージ完了です。

 

*ガラケーを使用の場合は「チャージ」⇒「楽天IDでチャージ」から手続きをしてください。

 

 

<iPhone+Edyカード>

 

 

楽天PointClubのシルバー会員以上の方を対象としたサービスです。

 

同じように、App Storeから楽天Edyアプリをダウンロードしてインストールします。

 

iPhoneのBluetoothを利用して楽天Edyアプリからパソリ、パソリからEdyカードへ通信しますので、チャージの際はそれぞれあまり離れないようにしでください。

 

楽天Edyアプリを起動しパソリとペアリングします。

 

充電できているパソリ(RC-S390)を近くに置いて、電源を短く1回押してランプの状態を確認して、電源ボタンを長押しして青く点滅するまで待ちます。

 

パソリ本体に記載されているPASSKEYをBluetoothに入力し接続します。

 

 

設定

 

楽天Edyアプリの画面で、

 

「チャージ」をタップする。

 

次の画面で「楽天会員ID」をタップします。

 

次の画面で楽天会員情報(楽天IDとパスワード)を入力し「規約に同意して設定」をタップします。

 

これで設定は完了です。

 

 

チャージ

 

楽天Edyアプリの画面で、

 

「チャージ」をタップする。

 

「チャージ金額」と「パスワード」を入力してチャージをして完了です。

 

*1日のチャージに利用できる楽天IDの数には制限があります。

 

 

<iPhone+おサイフケータイジャケット>

 

同じように、App Storeからおサイフリンクアプリをダウンロードしてインストールします。

 

おサイフケータイジャケットが必要です。

 

おサイフリンクアプリを起動します。

 

Bluetoothでおサイフケータイジャケットとペアリングし接続します。

 

利用できるサービスを表示するをタップして「楽天Edy」をタップします。

 

 

チャージ

 

おサイフリンクアプリのマイサービスの中の「楽天Edy」をタップします。

 

次の画面で「チャージ」をタップします。

 

次の画面でチャージ方法を「楽天会員ID」にして「楽天会員ID」「チャージ金額」「パスワード」を入力して

 

次の画面で内容を確認し「チャージ(入金)する」をタップする。

 

チャージ完了画面が出てチャージ完了になります。

 

 

銀行口座からチャージ

 

楽天Edyアプリで設定が可能です。

 

楽天会員登録が必要です。

 

手数料無料(一部の信用金庫では手数料がかかります)

 

オートチャージの設定も可能。

 

1回のチャージ上限は25000円です。

 

1日のチャージ上限は50000円です。

 

月額10万円までです。

 

チャージ完了後は取消できません。

 

チャージの都度メールが届き安心です。

 

チャージ途中で通信エラーがあった場合は確認が必要です。(チャージができていないのに口座から引き落とされている場合がある)

 

 

<おサイフケータイ>

 

設定

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

*じぶん銀行などは金融機関のアプリで口座からチャージができます。

 

おサイフケータイタブから「詳細を見る」をタップします。

 

次の画面で「チャージ設定」をタップします。

 

次の画面で「チャージ方法」をタップします。

 

チャージ方法の設定画面で「銀行口座」をタップします。

 

銀行口座情報画面になりますから「新しく口座を登録する」をタップします。

 

次の画面で楽天会員の情報(楽天IDとパスワード)を入力し「次へ進む」をタップする。

(ログイン済みの場合は省略されます)

 

金融機関を選択し、そのサイトにて申し込みます。

 

申し込んで最短で翌日の15時ごろまでかかります。

 

一部の金融機関は追加で3日かかる場合があります。

 

チャージ可能になった場合もメールで知らされます。

 

 

チャージ

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

おサイフケータイタブから「チャージ」をタップします。

 

「チャージ金額」と「パスワード」を入力し「チャージ」をタップします。

 

「チャージ完了しました」との表示が出てチャージ完了します。

 

*ガラケーの場合は、「チャージ」⇒「銀行口座からのチャージ」より手続きしましょう。

 

 

 

 

チャージお知らせ設定を利用してチャージ

 

そろそろチャージを設定すると残高不足になった場合に通知してくれるサービスです。

 

通知があればチャージしましょう。

 

1時間に1回残高を確認し、設定金額以下になった場合に通知されることになります。

 

 

<おサイフケータイ>

 

設定

 

楽天Edyアプリを起動します。

 

おサイフケータイタブから「詳細を見る」をタップします。

 

次の画面で「おサイフケータイの通知」をタップします。

 

おサイフケータイの通知設定画面で「そろそろチャージ」をタップします。

 

次の画面で希望の設定金額を選択します。

 

*エコ技機能(シャープ製端末)で動作しない場合があります、エコ技設定で「通常モード」にするか、「技ありモード」・「お助けモード」で「省エネ待受」をオフにする必要があります。

 

 

まとめ

 

楽天Edyに関しては、Android端末が一歩リードしていましたが、少しづつiOS端末も遅れを取り戻そうとしているようです。

 

こんなにチャージのバリエーションが増えています。

 

人気がある楽天Edyは今も健在ですね。

 

これからも充実していくでしょう。

参考記事⇒楽天Edyとは 登録して使うにはどうする?

スポンサーリンク

関連記事

楽天銀行のキャッシュカード e-bankから持っているカードが古くなってきて反応が鈍くなってきたらどうする?

  e-bank時代から持っているVISAデビット機能付キャッシュカード

記事を読む

楽天の会員ランクとは 会員ランク特典とランクアップ条件について

    楽天ユーザーなら会員ランクがあるのを知ってお

記事を読む

楽天銀行の住所変更 本人確認書類と楽天銀行のアプリを使う方法について

    楽天銀行はいろいろ使えて便利なネット銀行です

記事を読む

楽天Payとは 特徴と設定の仕方と使い方について

      消費増税後のポイント還元

記事を読む

楽天Payは消費税増税後のポイント還元でも使える 店舗も増えてセブンイレブンでも使えるようになっていた。

2019年10月から消費税率の引き上げがありました。   いろ

記事を読む

楽天Edyとは 登録して使うにはどうする?

    当初、楽天Edyの使える店はほどほどありましたが、最

記事を読む

楽天Edyへのポイントチャージ パソコンでできなくなりました Famiポートでやってみた。

    楽天カードを持っていると楽天スーパーポイント

記事を読む

楽天PayでSuicaが使える 発行やチャージなどの注意点について

  Suicaは交通系ICカードで一番利便性が高いものです。

記事を読む

PAGE TOP ↑