脇が多汗症で臭う原因 手術などの治療リスクは おすすめの対策は

 

 

 

 

思春期になり、代謝が上がったのか、脇の多汗症になり、

そのうちに自分の脇の臭いに気が付く女性がいます。

思春期ゆえに、異性が私のことどう見ているのか気になり、悩みを抱えてしまうことになります。

誰にも相談できず一人で悶々と悩む日々、友達から美容皮膚科などでの手術という選択肢があるという情報を聞きつけるも、費用もかかるし、メスを入れることにも不安を覚えている様子。

そんなときはどう判断すればいいのか、他におすすめはないのかについて提案します。

 

スポンサーリンク

脇が多汗症で臭う原因は

脇の下の皮膚の構造を理解することから始めます。表皮の下にある真皮に汗腺が存在します。

その汗腺には2種類あって、1つはワキガの原因となるアポクリン腺、もう1つは多汗症の原因となるエクリン腺というのがあります。

ワキガの原因となるアポクリン腺から出る汗には脂肪やたんぱく質などがよく含まれています。本来はその汗は無臭なのですが、汗に含まれる栄養分により皮膚の常在細菌が繁殖しそのことで臭いを発生させてしまいます。ワキガの人というのは遺伝的にアポクリン腺がたくさんあったりするので、きつい臭いを発生することになるのです。

多汗症になるエクリン腺はわき以外にも全身にくまなく存在し、人が出す汗のほとんどはエクリン腺から出ています。エクリン腺から出る汗は成分のほとんどが塩分と水分になりますので臭いはほとんど出ません。エクリン腺が汗を出す役目は体温調整であるのですが、ストレスやホルモンの乱れなどがその調節を狂わせ汗を大量に出させるように働くことで多汗症になります。

 

治療である手術などにはリスクはあるの

多汗症やワキガの治療はエクリン腺やアポクリン腺を除去する方法が確実な方法と言われていますが。

手技によっては保険が使えないこともあり高額の費用がかかりることもあります。(安い場合でも数万円はします。)

手術をするにしてもお金がかかったりするので親に出してもらうことに負い目を感じている人もいるでしょう。

スポンサーリンク

その上、実際に手術をした場合にどんなリスクがあるのかを考えると相談することもためらわれることもありますね。

もちろん体にメスを入れることにも抵抗があります。そして治療の間は生活に支障もあります。

手技によりちゃんと取り除くことができなかったりすることもあり、後に再発することもありますし、また色素沈着やしわができたり、傷跡が残ることもありえるのです。せっかく親に相談し、意を決して臨んでも結果が報われなければ嫌ですよね。ですので手術などは最終手段として考えておくのがいいかもです。

 

他にできるおすすめな対策は

手軽にできる対策を提案します。

 

ワキガの対策

1)市販の制汗剤をを使う。

軽度のワキガならほぼ改善できる可能性があります、薬局などの薬剤師に相談し、肌に合ったのを選びましょう。

2)脇を清潔に保つ

ワキガはアポクリン腺から出る汗に細菌が繁殖することから発生します、だから、わきを清潔にして細菌の繁殖を抑えれれば、ある程度は抑制が可能になります。

3)脇毛を処理しておく

細菌の温床にならないために、わき毛処理というのもありかもです。

4)食生活を改善する

体臭を悪化させるのは肉食中心の食事です。なのでバランスの良い食事に切り替えることでワキガを軽減させる効果が期待できます。

5)酒・たばこをやめる。

酒やたばこに含まれる成分は汗の量を増やしたりします、なのでそれらをやめることで改善が期待できます。

6)市販の除菌クリームを使う。

薬局などで薬剤師に相談し、肌に合ったのを選び塗りましょう。これも細菌繁殖を抑えることで効果をもたらします。

 

多汗症の対策

1)精神を安定させる。

精神に影響されるエクリン腺は、ストレスや緊張、驚き、不安などで促進され多汗症をもたらします。

2)ボトックス注射

神経に働きかける注射を打つことで病院で保険で行えます、メスを体に入れたくないのなら注射という選択もあるでしょう、1回の治療で4~9ヶ月もちます。1回数万円かかります。

 

まとめ

手軽にできる方法でどうしても改善できない場合は、手術を考えてみてもいいでしょう。その時は口コミで治療実績がある先生を探して最良のものを受けるようにしましょう。あとあと後悔しないために。

スポンサーリンク

関連記事

ロードサービスとは お得に済ませるための考察 おすすめのものについて

    自家用車を運転している時に、急に車が動かなく

記事を読む

オウム病とは、その予防と治療、そして健康な妊娠・出産のためには

    ペットの愛らしい姿などがネット上でもてはやされ、さも

記事を読む

Apple Payの利用開始によりSuicaが交通系ICカードで最も便利になりました。

  、     Suicaは交通系IC

記事を読む

冷房病とはその症状と どんな対策をするのか おすすめな食材について

    夏も真っ盛りになると、冷房病というのが流行りだします

記事を読む

はちみつは赤ちゃんに与えても大丈夫? 妊婦や授乳婦が食べても大丈夫?

    家族の一員として、生まれてきた赤ちゃんは目の中に入れ

記事を読む

赤ちゃんに与える水の注意点は どんな水を選ぶ?海外ではどうする?

    赤ちゃんに与えるものは、母乳があればそれで問題ないで

記事を読む

痛風にならないようにするにはどんな食品などに注意するべきか

    風が吹いただけでも痛いということでつけられた痛風とい

記事を読む

さつまいもを便秘解消に効果的に使うには、しつこい便秘の時はどうする?

      女性が好物であることも知られてい

記事を読む

介護保険での住宅改修 支給対象となるものとその範囲について

    高齢者になって定年を迎えて以後も健康で元気な

記事を読む

紫外線の種類と SPFやPAの意味 日焼け止めを選ぶ基準

    梅雨の時期も過ぎて、 夏が近づいてくるにつれ、

記事を読む

PAGE TOP ↑