妊娠中の葉酸の働きは どのように摂取すべきか その注意点とは

 

 

 

 

高齢者社会を迎えつつある日本では、よりたくさんの新しい生命の誕生が待ち望まれています。

少しでも多くの妊娠計画のある女性には丈夫で健康な赤ちゃんを産んでもらいたいと思っていますが。

今、その妊娠予定の女性が摂取する栄養素の中で葉酸というビタミンが注目されています。

その葉酸が妊娠中にどのような働きをしていて、健康な赤ちゃんを授かるためにどんなふうに摂取すべきなのか、またその時に注意すべきことはなにがあるのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

妊娠中の葉酸の働きは

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種です。

代謝に深く関わっていて、タンパク質や核酸の合成に働きかけて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。

そのため、細胞が新しくつくり出される場合には必須の栄養素となります。

そしてビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあり貧血予防にも必要です。

核酸とは生命の根幹であり、DNAやRNAのことを指していて、細胞の核の中にあって遺伝情報を保存し、その遺伝情報を基に身体をつくっていく指令を出すところである。

そのため、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素とされています。

そのために、2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されているほどです。

 

妊娠中にどのように摂取するのか

妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉塞障害の発症リスクを低減させるために、特に問題にされているのは「二分脊椎症」などの神経管閉塞障害の発症についてですが、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間葉酸摂取が特に重要であることや、葉酸やその他ビタミンなどを多く含む栄養バランスのとれた食事が必要であるとされています。二分脊椎症が起きれば生まれた赤ちゃんに下肢の運動障害が出たり、排泄機能に障害が出たりすることがあり、重度の場合は無脳症や流産や死産の可能性も出てきます。

日本での神経管閉塞障害の発症率は、1998年のデータでは、出産(死産を含む)1万人に対し6人の神経管閉塞障害、その6人のうち二分脊椎は3.2人となっている。

ただ、神経管閉塞障害は遺伝因子などを含めたいろんな原因から起こる複合的なものであり、葉酸摂取を十分にすれば必ず予防できるものではないことも理解しておきたい。

もちろん妊娠初期ばかりでなく全期にわたり葉酸を充分摂取することは重要であることは言うまでもないことです。

授乳期には、赤ちゃんの発育に遅れをもたらすことも指摘されています。

妊娠を計画している女性に望ましい葉酸の1日量は400μgで、妊婦の推奨量は440μgです。授乳婦には280μgが望ましい1日量で、300μgが推奨量になっています。

スポンサーリンク

野菜を350g程度摂取するなど、各食品の適正な摂取をおこなえば、1日400μgの葉酸の摂取が可能であるが、現状では食事由来の葉酸の利用効率が確定していないことや、個々人の食生活によっては400μgの葉酸の摂取が困難な場合もあること、また、最近の諸外国の報告によれば発症リスク低減のためには、食事からの摂取に加え400μgの栄養補助食品(サプリメント)からの摂取が勧告されていることなどの理由で、当面は食品に加え、サプリメントから1日400μgの葉酸を摂取すれば、神経管閉塞障害のリスクを低減させることが期待できるとしサプリメントでの追加の摂取を容認しているようです。これからの研究の成果が待ち望まれます。

(妊娠期の区分 初期:~13週6日、中期:14週0日~27週6日、後期:28週0日~、2013年発行の産科婦人科用語集・用語解説集(改定第3版)による)

 

妊娠中の葉酸の摂取についての注意点

1)先天性の異常は妊娠直後から妊娠10週以前に多く発生しており、特に中枢神経系は妊娠7週未満に発生することが多いとされています。

なので、その時期には特に注意しましょう。

 

2)葉酸は熱に弱く、調理によって50%近くが分解あるいは、水溶性のためにゆで汁に溶け出すため調理によって失われやすい。

そして食品からの葉酸は代謝過程の関係から利用効率が50%低下するとされていますので、最終的には25%になり得るのである。

できるだけ調理を工夫して損失を少なくしたいものである。食中毒を起こさない程度に工夫をしましょう。

サプリメントなどからですと利用効率は85%と見積もられているので、大きな開きがあるといえます。

ただ、1日350gの野菜を調理を工夫して摂るようにすれば、充分な葉酸を補給することも考えられるため、安易にサプリメントに頼るべきではないとも言われているが、それを裏付けるだけの根拠も不十分である。だから現時点では容認の姿勢なのであろう。

 

3)お酒を大量に飲む人、タバコを吸う人、アスピリンや避妊薬のピル、抗てんかん剤や抗リウマチ薬などを飲んでいる人も欠乏しやすくなります。

妊娠中や授乳中は禁煙禁酒や薬物不使用は不可欠であるとも言えますね。(薬については医師に相談してくださいね。)

 

4)葉酸を過剰摂取すると、ビタミンB12欠乏の診断を困難にしたりするので、医師の管理下にない場合は、1日1000μgを超えるべきではないことを注意したい。

 

5)以前は、葉酸の過剰摂取での悪影響は報告されていませんでしたが、オーストラリアのアデレード大学の研究陣により発表されたデーターでは妊娠後期にサプリメントの形で過剰に摂取すると26%、全期を通じてサプリメントで摂取していた場合は32%の確率で生まれた子供が喘息を起こしやすくなるとの報告がありました、食品から葉酸の場合にはそのような事例は示されず、サプリメントとしての摂取に注意が必要になってきました。今後の研究の推移を見守りたい。

 

まとめ

妊娠計画がある女性や妊婦、授乳婦は、できうるかぎり食事からの葉酸摂取をおこない、妊婦などは1日量400~440μg、授乳婦は280~300μgを補給するようにしましょう。

もし不足するようならばサプリメントも補助的に追加することが良いようである。 不明な部分がまだまだあるのでこれからの研究の推移を見守っていきたい。

スポンサーリンク

関連記事

赤ちゃんの水分補給はどうしたらいい 月齢別の対応は 暑い時の対応は

    毎年6月ごろから9月ごろにかけては、赤ちゃんが最も熱

記事を読む

健康には野菜不足解消、電子レンジで簡単な時短レシピ 栄養価はどう?

      忙しいとかで、外食ばかり続けてい

記事を読む

海外旅行でのスーツケースの破損の対処について

    あなたは、飛行機を利用したことがありますか、それは国

記事を読む

痛風にならないようにするにはどんな食品などに注意するべきか

    風が吹いただけでも痛いということでつけられた痛風とい

記事を読む

犬の熱中症対策とは 体温調整はどうしてる 犬種ごとの対策などは

    癒しを求めている人が多い現在。 なんらかのペッ

記事を読む

水分補給に影響する 飲み物の種類 飲み方 飲み物の温度 について

    人間の身体の約60%は水でできています。年齢により違

記事を読む

テニスで足がつる原因とは、予防と対処法について

      私は昔、健康づくりの一環としてテ

記事を読む

妊娠中の鉄分の必要量 どんな食材がいいの 摂取する際の注意点など

      鉄はヘモグロビンやミオグロビンを

記事を読む

冷房病とはその症状と どんな対策をするのか おすすめな食材について

    夏も真っ盛りになると、冷房病というのが流行りだします

記事を読む

キャンプ用にLED照明を探し太陽光パネルシステムで使ってみました

      毎年、8月ごろにキャンプに参加し

記事を読む

PAGE TOP ↑