子供の便秘が水分不足が原因の時 1日に与える水分量と方法について

 

 

お子さんが便秘になることは、よくあることですね。

その原因はさまざまで特定することが難しいかもしれません。

なおして快適で健康的な生活を送らせるには、原因を1つ1つ解決していく必要があります。

その原因の1つである水分不足についてと、そして水分不足を解消するために1日に必要な水分量と与える方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

子供の便秘が水分不足が原因の時

子供が便秘になる原因の1つに、水分不足というのがあります 。

なにかに夢中になると、我を忘れて没頭し、水分補給そっちのけで楽しむのが子供です。

ポケモンGOにはまり、いつの間にか便秘になったとかいうことを経験したお母さんもいらっしゃったのではないでしょうか。

食べ物や飲み物をとった場合、胃、小腸とめぐる間に消化され栄養分を吸収されていきます。そして、その後大腸に入ると水分を吸収されることになります。もしその際に体内で水分が不足していると大腸からたくさんの水分吸収がなされることになり。

結果、固い便が作られることになり、スムーズには出にくくなる便となります。

つまりは、排便をスムーズにするには十分な水分の補給が必要であるということになります。

 

1日に与える水分量は

小さな子供ほど身体に占める水分の割合が高く、また新陳代謝も活発なため汗をかきやすく、割合としてより多くの水分補給が必要になります。

でも、大人以上の量が必要かと言えば、そうじゃありません。そこには体重当たりという制限が入ってくるのです。

1口に子供といっても成長の段階でいろいろ呼ばれています。

学童:7~12歳、幼児:1~7歳未満、乳児:生後28日~1歳未満、新生児:生まれてから28日未満

などですね。

それぞれの1日に必要な水分量は、体重がどれぐらいあるのかで決まっていきます。以下に目安を示します。

成長段階 体重1kg当たりの1日の水分量
新生児 50~120ml
乳児 120~150ml
幼児 90~100ml
学童 60~80ml

 

新生児のころは水の吸収に対する機能が未発達のため、成長するにつれ体重当たりの必要量は増えますが、乳児以後は成長するにつれ

スポンサーリンク

体重当たりの必要量は減っていきます。大人では体重当たりは40~50mlくらいとなります。

ちなみに、体重10kgの1歳の幼児でしたら100x10=1000mlくらいですし、体重20kgの7歳の幼児でしたら90x20=1800mlくらいとなります。

このように計算して概略の必要量を出してみてくださいね。

 

与える方法について

基本は水を与えることを考えましょう、それも、こまめに少しずつ与えてトータルで1日量になるように与えていきます。吸収速度の問題と水中毒

年齢が低くなるほど、内臓に負担がかかったり下痢を起こしたりしやすくなるので、より慎重に与えることをおすすめします。

もちろん必要水分量(1日)は食事に含まれるものも込ですから、母乳やミルクを飲ませている場合は、その分を多くあげてみたり

することも考えますし、年齢によっては離乳食だったりするので、汁ものでなにか与えられないかを考えたり、少し大きくなれば

野菜のうまみや出汁のうまみを利用して野菜スープや味噌汁というのもいいかもしれません。そうすれば、よく飲んでくれるかもしれません。

ただ、お子さんのことを考えて、塩分の摂りすぎや糖分の摂りすぎには配慮してくださいね。

甘いジュースなどの飲料はこういう場合はできれば使わない方がいいです。普通の水を飲んでくれなくなりますからね。

後に糖尿病への道筋をつけてしまいかねないですから。

朝起きたときや、入浴時などには必ず適正な方法で適正な量を水分補給できるようにしたいですね。

まとめ

薬などに頼る前に、一度水分補給で便秘解消を試されることをおすすめします。こういうふうな水分不足で便秘になることもありますから、水分を補給するだけで

簡単に便秘を解消できれば、お子さんの身体に負担をかけるような薬などによる排便をすることなく解決することになりますから。

ちゃんとした手順と条件を満たして試しても改善が見られない時は、運動不足の解消など、別の方法で解決するようにしてください。場合によっては医療機関に相談することを考えてください。

スポンサーリンク

関連記事

マラソンの練習はどうしたらいい 効果的な方法は そのための道具は

    健康ブームで、ある時期からマラソンをする人が増えまし

記事を読む

クレジットカード払いとは 引き落としを止めるには できない場合について

    現金が無くても、クレジットカードがあれば買い

記事を読む

喪中の期間の職場での対応の仕方 一般的な忌引きの期間とは

    突然やってきた、身内の不幸。 &nbs

記事を読む

喪中の範囲はどこまで その期間はいつまでで 控えるべきこととは

    親族の突然の訃報に、どこまでの間柄なら喪に服するべき

記事を読む

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券とは 実用性は?代替え案は?

    昔、よく青春18きっぷを使われていた人に言わせる

記事を読む

キャンプ用にLED照明を探し太陽光パネルシステムで使ってみました

      毎年、8月ごろにキャンプに参加し

記事を読む

夏バテにトマトは良いの?その栄養や種類やレシピなどについて

    トマトは南アメリカのアンデス山脈高原地帯原産のナス科

記事を読む

夏の避暑に滋賀の琵琶湖沿いのオートキャンプ場へ 交通アクセスは?

      夏休みが始まる7月ごろより、琵琶

記事を読む

クレジットカードなどを紛失したら、その時の対応などをどうすれば?

    なにげない日常の中、ある日、使っていたクレジットカー

記事を読む

夏バテ解消にカリウムが役立つとき、食べる食品、注意点など

    夏になると、気温が上がり湿度が高くなる日が続くことも

記事を読む

PAGE TOP ↑