スマートEXとチケット屋さん それぞれのメリットとは 使い分けについて

 

 

関西から関東に行く場合などで新幹線を良く使います。

 

今まではチケット屋さんで格安チケットを購入することが多かったですが。

 

スマートEXという選択肢も発見して、場合によってはチケット屋さんを使わない場合があります。

 

スマートEXとチケット屋さん、それぞれのメリットとは、使い分けについて紹介します。

 

スポンサーリンク

Contents

スマートEXとチケット屋さん

 

JR東海とJR西日本は2017年9月30日、東海道・山陽新幹線に交通系ICカードを使って乗車できるネット予約サービス「スマートEX」を開始しました。

 

スマートEXは年会費無料で年に1~2回しか東海道・山陽新幹線に乗らない人には「EX予約サービス」よりもお得に便利に利用できます。

 

簡単にネットで登録できて、アプリをインストールすればスマホで簡単に座席予約もでき、乗り降りも交通系ICカードを使い、完全なチケットレスが可能になっています。

 

登録にはクレジットカードが必要で、完全なチケットレスを実現するには交通系ICカードの登録が必要になります。

 

交通系ICカードはモバイルSuica、ApplePayのSuicaでもOKです。

 

登録に必要なクレジットカードは「EX予約サービス」とは違い専用のクレジットカードである必要はありません、あなたのお持ちのクレジットカードでできます。

 

スマートEXは値段の安さよりも便利さを前面に出したサービスになっています。

 

いつでもどこでもスマホさえあれば簡単に新幹線の座席の予約までできます。

 

乗車の直前まで予約内容を変更することが可能です。

 

みどりの窓口で買うよりも200円安く買えます。(指定席の場合)

 

早特という割引制度が使えます。

 

特定都区市内駅制度が使えない。(東京や京都などでJR在来線(一定区間)の利用が有料になります)

 

 

チケット屋さんでは、回数券をまとめ買いした人から売却された回数券を売りさばいているため、販売されている区間と販売されていない区間があります。

 

もちろん購入するために店に出向くか、郵送料金などを払って送ってもらう必要があります。

 

購入後は座席の予約(指定席・グリーン席の場合)のためにみどりの窓口に行く必要があります。

 

特定都区市内駅制度が使えます。(東京や京都などでJR在来線(一定区間)の利用が無料になります)

 

それぞれのメリットとは

 

スマートEXのメリットとは、特定の場所に出向かなくても済むことや、座席の予約までもできてしまうこと、一部割引が適用されることがあります。

 

GW(4月27日~5月6日)、お盆(8月11日~20日)、年末年始(12月28日~1月6日)でも使えます。(チケット屋さんで売られている回数券はこれらの期間は使用できません)

 

チケット屋さんの回数券のメリットは、予約した新幹線に乗り遅れても、別の新幹線の自由席に乗車することができることです。

 

また、特定都区市内駅制度が使えます。(東京駅などで下車するとJRの在来線が使えます。)

スポンサーリンク

 

 

 

 

使い分けについて

 

新幹線の米原駅発など、マイナーな駅、つまりは回数券を発券することが少ない駅に限って言えば、スマートEXを使う方が安く購入できる場合があります。

 

特に、そんなに早く移動できなくてもよい場合(のぞみやひかりを選択しなくてよい場合)は EXこだまグリーン早特を選択すればチケット屋さんに無い区間の移動が安く利用できます。

 

おまけにグリーン車でできるのです。

 

例えば、この間、米原駅ー三島駅間 EXこだまグリーン早特をスマートEXで予約しました。

 

グリーン席利用で9500円でした。

 

みどりの窓口で購入すれば、乗車券5620円、指定席4620円、グリーン席8210円、なので指定席利用で10240円、グリーン席利用で13830円です。

 

チケット屋さんでは米原駅発の格安チケットは、米原ー名古屋とか米原ー東京、米原ー新横浜、米原ー浜松とかです。

 

米原ー三島で使えるのは米原ー新横浜とかですが、販売料金は自由席で10650円します。

 

こういう場合は大幅に安くなります。

 

問題はもし予約した新幹線に乗り遅れたらスマートEXの場合はもう使えなくなります。

 

チケット屋さんで購入した回数券は別の新幹線の自由席で使うことが可能です。

 

ちなみに、米原ー三島で指定席でのスマートEXでの予約では10000円でした。こだまではなくてひかりも利用できます。

 

この場合でも10650円よりも安く済みます。

 

これらのことから考えると、マイナーな駅どうしやこだまを利用していい場合はスマートEXで、メジャーな駅ならチケット屋さんの回数券を使えばいいことがわかりますね。

 

まあ、それぞれで料金を調べておくことをおすすめします。チケット屋さんにどんな回数券があるのか、スマートEXの料金はいくらなのかを前もって調べておけばどちらが有利かがわかりますからね。

 

まとめ

 

スマホやパソコンで簡単に予約購入ができるスマートEX、場合によれば、街中にあるチケット屋さんよりも安く新幹線を利用することができます。

 

マイナーな駅どうしなら回数券を買ってチケット屋さんに売りに来る人もいないか少ないためスマートEXの方が安く済む確率が高いです。

 

時間に余裕があるなら、EXこだまグリーン早特がねらい目です。

 

参考記事⇒スマートEXとは 料金の割引とメリット きっぷとの違いと注意点について

参考記事⇒スマートEXとエクスプレス予約の違い スマートEXに向く人とエクスプレス予約に向く人

参考記事⇒スマートEXからエクスプレス予約に切り替えるタイミング モバイルSuicaはどうする

参考記事⇒スマートEXのクレジット決済 カード登録を変更はあり?支払いとの関係について

スポンサーリンク

関連記事

喪中の範囲はどこまで その期間はいつまでで 控えるべきこととは

    親族の突然の訃報に、どこまでの間柄なら喪に服するべき

記事を読む

お札を破損などした場合 取り替えの基準と持ち込む場所はどこ?

    お金には硬貨とお札があります。  

記事を読む

梅雨の時期の傘の選び方 どんな点を検討すれば良い 私のおすすめは

    日本列島では5月のゴールデンウイークが過ぎると沖縄地

記事を読む

花粉症 秋に出る症状と 原因となるものや その対策について

    花粉症になると目の症状や鼻の症状がでます。 か

記事を読む

介護保険での住宅改修 支給対象となるものとその範囲について

    高齢者になって定年を迎えて以後も健康で元気な

記事を読む

残暑見舞いとは 出す時期はいつごろで その書き方はどうする。

      暑中お見舞いを出そうと思

記事を読む

夏涼しい住居とは 建物の種類や構造や方角などは?暑さ対策とは

    地球温暖化が進んでいるとかで、毎年、夏の暑さがひどく

記事を読む

セルフメディケーション税制を申請するには 医療費控除との違いは

  セルフメディケーション税制については、 「セルフメディケーション税制(

記事を読む

マラソンの練習はどうしたらいい 効果的な方法は そのための道具は

    健康ブームで、ある時期からマラソンをする人が増えまし

記事を読む

JREポイントとは Suicaポイントからの移行とビューサンクスポイントからの移行について

    いろいろと重宝していたSuicaポイントクラ

記事を読む

スマホ決済アプリで納税をスムーズに!メリットと選び方ガイド

税金の納付がスマートフォン決済アプリで可能になり、場所や時間を問わ

PayPayでスマートに自動車税を支払う完全ガイド: 無料で手軽にキャッシュレス決済

自動車税の支払いが年に一度の重要な負担となっていますが、最近の

USBを使用してPCからiPhoneに動画を転送する方法

iPhoneに動画を転送する方法はいくつかありますが、今回はP

スマートEXを活用してスマホだけで新幹線に乗る完全ガイド

近年、スマートフォンを使用した新幹線の予約と乗車が可能になり、

TikTok Lite活用法:使い方&特典獲得のコツとTikTokとの違いについて

TikTok Liteは、人気の動画共有プラットフォームTik

→もっと見る

PAGE TOP ↑