スマートEXとチケット屋さん それぞれのメリットとは 使い分けについて

 

 

関西から関東に行く場合などで新幹線を良く使います。

 

今まではチケット屋さんで格安チケットを購入することが多かったですが。

 

スマートEXという選択肢も発見して、場合によってはチケット屋さんを使わない場合があります。

 

スマートEXとチケット屋さん、それぞれのメリットとは、使い分けについて紹介します。

 

スポンサーリンク

スマートEXとチケット屋さん

 

JR東海とJR西日本は2017年9月30日、東海道・山陽新幹線に交通系ICカードを使って乗車できるネット予約サービス「スマートEX」を開始しました。

 

スマートEXは年会費無料で年に1~2回しか東海道・山陽新幹線に乗らない人には「EX予約サービス」よりもお得に便利に利用できます。

 

簡単にネットで登録できて、アプリをインストールすればスマホで簡単に座席予約もでき、乗り降りも交通系ICカードを使い、完全なチケットレスが可能になっています。

 

登録にはクレジットカードが必要で、完全なチケットレスを実現するには交通系ICカードの登録が必要になります。

 

交通系ICカードはモバイルSuica、ApplePayのSuicaでもOKです。

 

登録に必要なクレジットカードは「EX予約サービス」とは違い専用のクレジットカードである必要はありません、あなたのお持ちのクレジットカードでできます。

 

スマートEXは値段の安さよりも便利さを前面に出したサービスになっています。

 

いつでもどこでもスマホさえあれば簡単に新幹線の座席の予約までできます。

 

乗車の直前まで予約内容を変更することが可能です。

 

みどりの窓口で買うよりも200円安く買えます。(指定席の場合)

 

早特という割引制度が使えます。

 

特定都区市内駅制度が使えない。(東京や京都などでJR在来線(一定区間)の利用が有料になります)

 

 

チケット屋さんでは、回数券をまとめ買いした人から売却された回数券を売りさばいているため、販売されている区間と販売されていない区間があります。

 

もちろん購入するために店に出向くか、郵送料金などを払って送ってもらう必要があります。

 

購入後は座席の予約(指定席・グリーン席の場合)のためにみどりの窓口に行く必要があります。

 

特定都区市内駅制度が使えます。(東京や京都などでJR在来線(一定区間)の利用が無料になります)

 

それぞれのメリットとは

 

スマートEXのメリットとは、特定の場所に出向かなくても済むことや、座席の予約までもできてしまうこと、一部割引が適用されることがあります。

 

GW(4月27日~5月6日)、お盆(8月11日~20日)、年末年始(12月28日~1月6日)でも使えます。(チケット屋さんで売られている回数券はこれらの期間は使用できません)

 

チケット屋さんの回数券のメリットは、予約した新幹線に乗り遅れても、別の新幹線の自由席に乗車することができることです。

 

また、特定都区市内駅制度が使えます。(東京駅などで下車するとJRの在来線が使えます。)

スポンサーリンク

 

 

 

 

使い分けについて

 

新幹線の米原駅発など、マイナーな駅、つまりは回数券を発券することが少ない駅に限って言えば、スマートEXを使う方が安く購入できる場合があります。

 

特に、そんなに早く移動できなくてもよい場合(のぞみやひかりを選択しなくてよい場合)は EXこだまグリーン早特を選択すればチケット屋さんに無い区間の移動が安く利用できます。

 

おまけにグリーン車でできるのです。

 

例えば、この間、米原駅ー三島駅間 EXこだまグリーン早特をスマートEXで予約しました。

 

グリーン席利用で9500円でした。

 

みどりの窓口で購入すれば、乗車券5620円、指定席4620円、グリーン席8210円、なので指定席利用で10240円、グリーン席利用で13830円です。

 

チケット屋さんでは米原駅発の格安チケットは、米原ー名古屋とか米原ー東京、米原ー新横浜、米原ー浜松とかです。

 

米原ー三島で使えるのは米原ー新横浜とかですが、販売料金は自由席で10650円します。

 

こういう場合は大幅に安くなります。

 

問題はもし予約した新幹線に乗り遅れたらスマートEXの場合はもう使えなくなります。

 

チケット屋さんで購入した回数券は別の新幹線の自由席で使うことが可能です。

 

ちなみに、米原ー三島で指定席でのスマートEXでの予約では10000円でした。こだまではなくてひかりも利用できます。

 

この場合でも10650円よりも安く済みます。

 

これらのことから考えると、マイナーな駅どうしやこだまを利用していい場合はスマートEXで、メジャーな駅ならチケット屋さんの回数券を使えばいいことがわかりますね。

 

まあ、それぞれで料金を調べておくことをおすすめします。チケット屋さんにどんな回数券があるのか、スマートEXの料金はいくらなのかを前もって調べておけばどちらが有利かがわかりますからね。

 

まとめ

 

スマホやパソコンで簡単に予約購入ができるスマートEX、場合によれば、街中にあるチケット屋さんよりも安く新幹線を利用することができます。

 

マイナーな駅どうしなら回数券を買ってチケット屋さんに売りに来る人もいないか少ないためスマートEXの方が安く済む確率が高いです。

 

時間に余裕があるなら、EXこだまグリーン早特がねらい目です。

 

参考記事⇒スマートEXとは 料金の割引とメリット きっぷとの違いと注意点について

参考記事⇒スマートEXとエクスプレス予約の違い スマートEXに向く人とエクスプレス予約に向く人

参考記事⇒スマートEXからエクスプレス予約に切り替えるタイミング モバイルSuicaはどうする

参考記事⇒スマートEXのクレジット決済 カード登録を変更はあり?支払いとの関係について

スポンサーリンク

関連記事

PCの故障でメールが消滅 そうならないためには 設定の仕方について

    情報化社会の今は、 スマホも普及してきているの

記事を読む

冷房病とはその症状と どんな対策をするのか おすすめな食材について

    夏も真っ盛りになると、冷房病というのが流行りだします

記事を読む

花粉症 秋に出る症状と 原因となるものや その対策について

    花粉症になると目の症状や鼻の症状がでます。 か

記事を読む

喪中の時に予定していた旅行はどうする?神社などへのお参りはどうなの

    楽しみにしていた旅行、突然の身内の不幸で喪中

記事を読む

夏バテ解消にカリウムが役立つとき、食べる食品、注意点など

    夏になると、気温が上がり湿度が高くなる日が続くことも

記事を読む

黒壁スクエアとは 滋賀県の人気スポットを平日に歩く 交通アクセス、駐車場事情などについて

    知り合いが、滋賀に友人が遊びに来た時は、とり

記事を読む

三井アウトレットパーク滋賀竜王とは 無料WiFiの設定について

    近畿で最大規模のアウトレットパークは三井アウ

記事を読む

セルフメディケーション税制対象のスイッチOTC医薬品について

    平成29年1月13日時点のセルフメディケーション税制対象のスイッ

記事を読む

暑中お見舞いとは 出す時期はいつごろで その書き方はどうする。

    梅雨が明けて、夏らしい太陽が照り始めると、そ

記事を読む

赤ちゃんの蚊対策 化学成分以外の対処法とその注意点について

        夏になると、

記事を読む

PAGE TOP ↑