バレンタインに家で観たい映画とは 5作品をピックアップ おすすめの映画は

 

 

カップルのバレンタインは、どちらかの自宅でレンタルで借りるか配信サービスで映画を楽しむのもいいでしょう。

 

仲の良い2人は、同じ映画を共有してより親密な仲に発展するかも。

 

観終わった後に感想を言い合ったりすると意外な一面を発見することに。

 

バレンタインに家で観たい映画とは、5作品をピックアップ、おすすめの映画について紹介します。

 

スポンサーリンク

バレンタインに家で観たい映画とは

 

バレンタインデーに、もう、いろんなとこにも行ったし、イベントにもいろいろ参加した場合は。

 

ちょっと趣向を変えて、家でまったりとバレンタインデーにピッタリな映画を観るのもいいのかも。

 

一緒に映画を観たりすると、相手のことがよくわかったりすることがあります。

 

相手にはこんな一面があったんだとかで、付き合い始めたころのことをちょっと思い出すことに・・・

 

感動的なシーンで思わず涙ぐむパートナーを見て、もらい泣きすることも。

 

愛にあふれる映画を観て、パートナーを愛する気持ちを忘れないようにと、気持ちを一新することになるでしょう。

 

満足な時間の共有ができる映画を5つ紹介します。

 

5作品をピックアップ

 

1.バレンタインデー

 

2010年作品(アメリカ)

プリティーウーマンの監督と超豪華キャストが贈るロマンチック・ラブストーリー。

アメリカのロスアンゼルスを舞台にした10組のカップルの物語。

10組それぞれの恋愛模様が描かれています。

カップルの数だけいろいろな恋愛があるんだと納得させられますよ。

各主人公がハッピーエンドを迎えるので後味の良い映画です。

豪華キャストで1つでなん倍もおいしいとか。

キャスト:アシュトン・カッチャー、ブラッドリー・クーパー、ジュリア・ロバーツ、アン・ハサウェイ、ジェイミー・フォックス、テイラー・スウィフトなど豪華な顔ぶれです。

 

 

2.ショコラ

 

2000年作品(アメリカ)

ジョアン・ハリスの同名小説を映画化したラブ・ファンタジー。

古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきます。

ヴィアンヌとアヌークはアルマンドから借りた家でチョコレート店を開きます。

世界中を旅してきたヴィアンヌは、それぞれの人に合ったチョコレートを作り、村民を魅了していくことに。

村を支配しょうとしていた領主はヴィアンヌのことを良く思っていませんでしたが、彼女の作るチョコレートが人の心を動かしていきます。

ある日村に流れ着いたジプシーの一団のリーダーであるルーとヴィアンヌは思いを交わすことに・・・

キャスト:ジュリエット・ビノシュ(ヴィアンヌ)、ヴィクトワール・ティヴィソル(アヌーク)、ジュディ・デンチ(アルマンド)、ジョニー・デップ(ルー)他

 

 

3.ゴースト ニューヨークの幻

スポンサーリンク

 

1990年作品(アメリカ)

サスペンスとロマンスがほどよくブレンドされた映画。

舞台はニューヨーク。

温厚誠実な銀行員サム・ウィートは陶芸家として成功しつつある最愛の恋人モリー・ジェンセンと幸せの絶頂を過ごす。

幸せの絶頂から、強盗に襲われ命を落としたサムが、幽霊となって恋人のそばにあらわれるが、彼女の目にはうつらない。おルー

nやがて自分を殺した強盗が彼女にも迫っていることを知り、そのことを彼女に知らせるために、自分の声を聞くことができる霊媒師の力を借りようとするが・・・・

キャスト:パトリック・スウェイジ(サム・ウィート)、デミ・ムーア(モリー・ジェンセン)他

 

 

4.ニューヨークの恋人

 

2001年作品(アメリカ)

バレンタインデーに観たいロマンチックファンタジーといえばこの映画。

1876年のニューヨーク。

盛大な舞踏会の会場で主役のレオポルドは浮かない表情、というのも、彼は今日花嫁を決めなければならないのだが、まだ本当に愛する女性に出会っていないのだ。

そんなレオポルドはブルックリン橋で挙動不振な怪しい男性を追いかけていくうちに、21世紀のニューヨークにタイムスリップしてしまう。

当初は戸惑うが居ついたアパートで知り合ったキャリアウーマンのケイトや、ケイトの弟のチャーリーと過ごすうちになじんでいく。そしてケイトと恋に落ちるが・・・

キャスト:ヒュー・ジャックマン(レオポルド)、メグ・ライアン(ケイト)、ブレッキン・メイヤー(チャーリー)他

 

 

5.永遠の僕たち

 

2011年作品(アメリカ)

カンヌ国際映画祭でオープニング上映され、高い評価を受けた、「死」に最も近いラブストーリー。

葬式に参列することを日常とする、死に取り付かれた青年イーノックと不治の病に侵された少女アナベルの恋を繊細に描く・・

キャスト:ミア・ワシコウスカ(アナベル)、ヘンリー・ホッパー(イーノック)他

 

 

おすすめの映画について

 

さて、上記映画の中での1作品、私の独断と偏見で決めたバレンタインおすすめの映画を紹介します。

いらないって?

まあそう言わずにね。

 

私が選んだのは「ゴースト ニューヨークの幻」です。

 

いつ観ても泣けてしまうかもしれないこの映画。

 

恋人を想う気持ちがいとおしく日本でも大ブレイクした映画でした。

 

デミ・ムーアはこの映画で一躍有名女優の仲間入りを果たしました。

 

 

まとめ

バレンタインに観たい映画としてお気に召すものはありましたか。

 

映画を観て感想を話し合ったりするとパートナーの新しい一面を発見したりするかも。

あったかな実りあるバレンタインデーにしてくださいね。

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑