バレンタインにどこへ行く?関西でのデートにおすすめと移動について

 

 

冬も真っ盛りの寒い時期になると、バレンタインが近づいてきます。

 

もう、付き合っている者どうしならプレゼントはなんでもいいはずですね。

 

2人でスポットを決めてデートをすることでも、より絆が深まること請け合いです。

 

バレンタインにどこへ行く?関西でのデートにおすすめと移動について紹介します。

 

スポンサーリンク

バレンタインにどこへ行く?

 

日本ではバレンタインの定番のプレゼントがチョコレートであることは周知の事実ですね。

 

最近では外国にならって花束やカードを渡すこともあるようですが。

 

もう、カップルになっていて、告白の必要が無い場合は選択肢も他にいっぱいありそうです。

 

2人の愛をあたためることができれば十分満足できるはずです。

 

なので、バレンタインデートを2人で満喫するのはいかがでしょう。

 

デートとなると、どこへ行くかが重要になってきます。

 

バレンタインの雰囲気を味わえるスポットを探すのが重要な作業になりますね。

 

その一つの提案として参考にしていただけたら幸いです。

 

関西でのデートにおすすめ

 

私が考える関西でのデートスポットのおすすめは、滋賀県の「マキノピックランド」です。

 

高島市マキノ農業公園マキノピックランド

住所:〒520-1834 滋賀県高島市マキノ町寺窪835-1

TEL:0740-27-1811

定休日 水曜日

営業時間:9:00~17:00(11月1日~3月31日)この時期以外は9:00~18;00

レストラン 営業時間 10:00~14:30(Last order14:00)地元の食材で作ったメニューがあります。定番以外には、鹿カツ定食などもあります。

 

近くには「コティカフェ」という喫茶店もありますから利用されるのもいいかもです。

定休日 水曜日

営業時間 11:00~18:00(日によっては時間変更があるかも)

 

マキノピックランドの近くには、マキノピックランドからマキノ高原へと続く道の両側に約500本のメタセコイアが植えられていて、毎年、11月下旬ごろから美しく色づき紅葉で有名です。

 

バレンタインのころにはもう紅葉は無いですが、また別の冬の景色が見れます。

 

運が良ければ雪景色を見ることもできるかも。

 

その風景も一見の価値があります。

 

その道は生活道路なので、路駐は遠慮いただきたいですが巡航速度で流すだけでも2.4kmほどのすばらしい光景が見れます。

 

また、メタセコイア並木の端にあるマキノピックランドには無料の駐車場がありますから。そこに車を止めてメタセコイア並木の冬景色を堪能するのもいいかもです。

 

また、反対側にあるマキノ高原にはスキー場がありますから、そこでスノボやスキーなどを楽しむのも可能です。

 

マキノ高原は自然の雪のみですから状況によっては営業されていないかもしれません、事前にお確かめくださいね。

 

マキノ高原スキー場

12月下旬から3月上旬までは無休

営業時間 7:00~17:00

駐車場料金 1000円(普通車)1日料金(除雪協力金込)700台収容

1日リフト券:1000円(1回券などあり)(このリフトが誰でも安心して利用できる”コンベアー式の登坂装置だそうです。)

レンタルスキーセット(1500~3500円)、レンタルボードセット(4000~5000円)あり

マキノ高原管理事務所:TEL0740-27-0936

スポンサーリンク

 

また、マキノ高原には温泉もあります「温泉さらさ」というところです。

定休日 毎月第2・4水曜日

営業時間 平日 10:00~21:00(最終受付20:30) 土日祝 10:00~22:00(最終受付21:30)

料金 大人(12歳以上) 700円、小人(3歳~11歳)350円

バーデゾーンというのがありそこでは混浴可(水着持参で着用する)そこの料金は大人800円、小人400円。(定休日前日はバーデゾーンの営業時間を変更する場合があります)

温泉さらさに併設でレストランもあります。レストランだけの利用も可能です。鍋焼きうどん定食(1150円)などがあります。

 

ただ、2018年は残念なことに2月14日は第2水曜日にあたるので、マキノ高原スキー場以外は閉っています(利用できません)。

マキノピックランドの無料駐車場も利用できないので、スキー場で過ごされるだけならいいですが。

2018年の場合は2月14日に限定せずに2月10~13日、2月15~18日、のどれかの日にすることを提案します。

 

移動について

 

マキノピックランドに行くには、冬場ではマイカーで行くことが必要でしょう。

 

もちろんスタッドレスタイヤ装着は必須ですよ。

 

大阪、京都、神戸などから滋賀に向かわれるなら名神高速や第二京阪などを使い移動しましょう。

 

 

大阪などから移動するには第二京阪がおすすめです。

 

広い道は渋滞もあまりなく快適です。

 

第二京阪の京田辺PAを過ぎて、少し走ると京滋バイパスに交わるので右方向(滋賀方面)の京滋バイパスに乗換えましょう。

 

京滋バイパスを走って瀬田東JCTで名神高速に合流です。

 

そこから名神を走り米原JCTで北陸道に乗り換えです。

 

そして木之本ICで降りたとこの信号を左に曲がり8号線である塩津街道を走ります。

 

道なりに走っていくと、塩津の信号がありますから、そこを左に曲がります。

 

今度は303号線で野口の信号まで走り161号線を左に曲がります。

 

マキノ高原に向かうなら、曲がってほどなくのところの小荒路の信号を右に曲がり287号線を走ります。

(161号線をまっすぐ行ってマキノピックランド側からマキノ高原に行くことも可能です)

 

遠くにメタセコイア並木道が見えてきますから、戻るような感じで山側に行けばマキノ高原です。

 

そのまま真っすぐにいけばマキノピックランドが見えてきます。

(道路標識に案内板がでているのでそれを見て現地に向かいましょう。)

 

私がおすすめするコースは名神の京都東ICを降りて161号線を北上するルートよりも渋滞の影響を受けにくいと思われます。(夏場にも休日混雑することがよくあります)

 

平日なら京都東ICからの北上のほうがいいかもしれませんが。

 

なにぶん、木之本IC降りてからの距離の方が近いので高速道の恩恵を使うにはそのほうがいいと思われます。

 

京都東ICからの距離は木之本ICの距離の約4倍ありますからね。

(高速料金を使いたくないなら京都東ICの北上でもいいかもしれませんけどね、その場合第二京阪から京都東ICへ行くには京滋バイパスの合流点から左方向の大山崎JCTを目指し名神高速で京都方向へ乗り換えます)

 

あとは積雪の状況で判断しましょう。

 

 

京都や神戸方面からだと名神高速を走ることになり、京都東ICからの北上か、北陸道まで行って木之本ICからの移動かを選択しましょう、高速料金、渋滞の度合いと積雪状況が判断材料になります。

 

京都南ICから名神高速にのって木之本ICで降りマキノピックランドまでは雪と渋滞がなければ約2時間くらいと思います。

 

まとめ

 

付き合っている2人にはバレンタインデートも素敵なイベントの思い出になります。

 

チョコレートもいいですが、こんな趣向をこらすのも2人の親密度を上げるにはより効果的かもしれません。

 

イベントが終わった後には以前とは違った2人の関係性ができあがっているかもしれませんね。

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑