日焼け対策にはピーマンがいいの 一緒に食べるものは そのレシピとは

 

 

夏になると日差しが強く、日焼けの心配をより意識し始めます。

日焼け止めの使用や、外出を控えたりなどいろいろ対策をされるようですが。

ちょっと視点を変えて食事で日焼け対策をすることを考えてみませんか。

この時期にはスーパーなどには夏野菜が並び、旬の味わいを楽しみたくもなります。

その夏野菜を利用することを考えましょう。

今回は夏野菜の中でピーマンに注目します、夏場になると主要な産地である茨城県産が多くなります。

ナス科の1年草で、唐辛子の仲間であるピーマンにはビタミンCやフラボノイド、ポリフェノールなどが含まれています。

そのピーマンは、以外にも日焼け対策に良さそうなので、どうして日焼け対策に良いのか、何と一緒に食べるといいのか、おすすめするレシピなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

日焼け対策にピーマンがいいの?

ピーマンはその独特な風味から敬遠される人が多いですよね。

でも、そのピーマンにはビタミンCがレモンよりも多く含まれていることはご存知でしたか。

ビタミンCは熱に弱い栄養素ですが、ピーマンに一緒に含まれているフラボノイドがビタミンCの酸化を防いで、吸収を助けてくれるので、炒めても十分なビタミンCを摂ることができるのです。

ビタミンCは美肌効果が優れていて、メラニン色素を分解しますので日焼け対策にはうってつけです。また、皮膚の土台であるコラーゲンの生成にも大きな役割をしているので皮膚の健康には欠かせない成分になっています。

そんなビタミンCが豊富で、なおかつ吸収もされやすいのですから、食べない理由はないですね。

ピーマンには他にも、お肌に良いビタミンEやβーカロテンも豊富に含んでいます。

βーカロテンは皮膚や粘膜を強化する成分として知られていて、みずみずしいお肌を保ちます。

ビタミンEはその抗酸化作用で皮膚細胞の酸化を予防し、シミ、くすみ、そばかすを減らす効果があります。

美肌のためにピーマンを毎日摂ることをおすすめします。

 

青ピーマン注目の栄養素

栄養素 ピーマン100g当たりの含有量
β-カロテン 400μg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.03mg
ビタミンC 76mg
ビタミンE 0.8mg

 

赤ピーマン注目の栄養素

栄養素 ピーマン100g当たりの含有量
β-カロテン 940μg
ビタミンB1 0.06mg
ビタミンB2 0.14mg
ビタミンC 170mg
ビタミンE 4.3mg
スポンサーリンク

日焼け対策にピーマンとなにを食べればいいの

こんなピーマンとどんなものを食べ合わせればいいのかですが。

皮膚のためには「皮膚や粘膜のビタミン」「エネルギー代謝のビタミン」と呼ばれている

ビタミンB2が含まれてるものを選ぶことにします。

ビタミンB2が不足すると皮膚炎などを起こしますので十分にとっておきたいですね。

例えば、β-カロチンが豊富でビタミンB2他様々な栄養素を含んでいる小松菜をおすすめします。

 

小松菜注目の栄養素

栄養素 小松菜100g当たりの含有量
β-カロテン 3100μg
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.13mg
ビタミンC 39mg
ビタミンE 1.0mg

 

また、肉類では豚肉がおすすめです。

ビタミンB2が他の肉類よりも多く含まれています。

 

豚肉(ロース)注目の栄養素

栄養素 豚肉100g当たりの含有量
ビタミンA 6μg
ビタミンB1 0.69mg
ビタミンB2 0.15mg
ビタミンC 1mg
ビタミンE 0.3mg

日焼け対策のためのピーマンのレシピのおすすめ

上記で小松菜と豚肉をおすすめしてましたので。次のようなレシピをおすすめします。

豚肉と小松菜、ピーマンの炒め物

材料(2人分)

豚肉  100g

*片栗粉 大2

*酒    大2

小松菜   150g

しめじ   1/2袋

ピーマン  1個

生姜    少々

〇しょうゆ 小1

〇みりん 大1

〇だし   大3

〇ごま   大1

〇みそ   小1/3

手順

1)小松菜を葉と茎に分けて切り分けておく、ピーマンは食べやすいように細切りにしておきます。

〇のものはここで混ぜておきます。

2)豚肉を食べやすい大きさに切り、生姜をすりおろして*と一緒に豚肉と混ぜておきます。

3)フライパンに油をひき、混ぜ合わせた豚肉を中火で炒めます。

4)豚肉によく火が通ったら、小松菜の茎の部分とピーマン、しめじを入れ強火でざっと炒めます。

5)最後に小松菜の葉の部分を入れ、強火でささっと炒めて終わりです。

日焼け対策だけでなく夏バテも解消できる料理のできあがりです。

 

まとめ

夏になると日差しが強く、紫外線の対策をより意識し始めますが、他の季節でも紫外線は降り注いでいますので日焼け対策は必要だと思います。

日焼け止めや日傘などの対策も重要ですが、常日頃から皮膚の健康を維持できるような栄養素を含んだ食事を心がけ、体の内部からも対策されることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

暑中見舞いに結婚報告は?喪中でも大丈夫?相手が喪中の時は?

      暑中見舞いを結婚や引っ越しなどの

記事を読む

セルフメディケーション税制を申請するには 医療費控除との違いは

  セルフメディケーション税制については、 「セルフメディケーション税制(

記事を読む

スマートEXのクレジット決済 カード登録を変更はあり?支払いとの関係について

    スマートEXのクレジットカード決済のされかた

記事を読む

はちみつは赤ちゃんに与えても大丈夫? 妊婦や授乳婦が食べても大丈夫?

    家族の一員として、生まれてきた赤ちゃんは目の中に入れ

記事を読む

喪中や忌中の時期における神社とお寺の参拝の是非について

    身内に不幸があったときに、悲しみにくれて喪に

記事を読む

モバイルSuicaに登録できるクレジットカード ビューカードを登録するメリットについて

    メリットの多いモバイルSuica、Andro

記事を読む

香典は郵送していいの その方法は 郵送する時期はいつがいいのか

    知り合いや親戚のご不幸があったときは、慰めのためにす

記事を読む

痛風にならないようにするにはどんな食品などに注意するべきか

    風が吹いただけでも痛いということでつけられた痛風とい

記事を読む

Suicaに駅以外でチャージできる? 場所はどこ その詳細について

    交通系電子マネーで一番便利でお得なSuica。

記事を読む

疲労回復には鶏むね肉が良いの その成分と 食べるときの注意点など

    仕事のプロジェクトが山場を迎え、毎日が残業の連続にな

記事を読む

PAGE TOP ↑