モバイルSuicaに登録できるクレジットカード ビューカードを登録するメリットについて

 

 

メリットの多いモバイルSuica、Android、iPhone、フィーチャーフォンなどの対応機種で使うことができます。

 

AppleとJR東日本のタッグが強そうなので、モバイルSuicaの年会費(1030円税込)の優遇にもあらわれています。

 

モバイルSuicaに登録できるクレジットカードはどんなものがあるのか、モバイルSuicaにビューカードを登録するメリットについて紹介します。

 

スポンサーリンク

モバイルSuica

 

モバイルSuicaを始めるにあたって、まず必要なものは対応している携帯情報端末です。

 

Android、iPhone、Apple Watch、フィーチャーフォンなどのモバイルSuicaに対応している機種を持っていることが大前提です。

 

要は、改札でかざすことで情報のやり取りができる機能がその機種に備わっているのかどうかです。

 

あとはチャージするためのクレジットカードが必要になります。

 

ただ、登録できるクレジットカードであるかが問題になりますけどね。

 

もし、クレジットカードを持っていないとか持てない場合には、EASYモバイルSuicaというサービスもありますから、そちらをお使いください。

 

EASYモバイルSuicaはモバイルSuica対応の携帯情報端末を持っていれば、会員登録をして気軽に始められます。

 

チャージは、

 

銀行チャージ(みずほ銀行、三菱UFJ銀行、じぶん銀行のみ、じぶん銀行は条件次第で手数料が無料になります)か

 

店頭でのチャージ(駅にあるコンビニNEWDAYS、サークルKサンクス、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、イオンなど)だけになります。

 

もちろんオートチャージはできません。ネット決済と電子マネーでの買い物と電子マネーでの鉄道利用のサービスだけを使えます。

 

とりあえす、EASYモバイルSuicaで始めてみるのもいいかもしれないです。

 

クレジットカードを発行できるようになれば、モバイルSuicaに移行することができます、逆はできませんけどね。

 

モバイルSuicaに登録できるクレジットカード

 

AndroidやフューチャーフォンのモバイルSuica対応端末に登録できるクレジットカードは、

 

ビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)

 

JCB・VISA・Mastercard・American Express・Diners Clubの国際ブランドのカード

 

JR東海エクスプレス・カード

 

になります。

 

 

iPhoneやApple WatchなどのモバイルSuica対応機種に登録できるクレジットカードは、

スポンサーリンク

 

クレジットカードの登録には「Walletアプリ」と「Suicaアプリ」が使えます。

 

ただ、「Walletアプリ」の場合は交通機関利用とSuica決済できる店舗での利用に制限されていますし、登録できるクレジットカードも限られています。

 

ビューカード、Yahoo!Japanカード、ファミマTカード、セブンカード、ライフカード、JCBカード、三井住友カード、三菱UFJニコスカード、セゾンカード、UCカード、オリコカード、dカード、TSキュービックカード、auウォレットカード、ソフトバンクカードで、かつ、国際ブランドがVISA・Diners Club以外のクレジットカードが登録できます。

 

「Suicaアプリ」はAndroidと同様に、国内発行のほぼすべてのクレジットカードが登録できます。(国際ブランドがVISA・Diners ClubでもOK)

 

ビューカードを登録するメリット

 

モバイルSuicaにビューカードを登録すれば他のカードにはないメリットがあります。

 

1)オートチャージ機能がついている。

対象カード:ビュースイカカード、ビックカメラSuicaカード、JRE CARD、ルミネカード、JALカードSuica、ANA VISA Suicaカード、イオンSuicaカードなどのビューカード

 

2)オートチャージやチャージ分のポイント還元率が比較的良いものがある。

対象カード:ビュースイカカード、ビックカメラSuicaカード、JRE CARD、ルミネカード、JALカードSuicaなどは1.5%の高還元率。イオンSuicaカードは1.0%、ANA VISA Suicaカードは0.5%。

*ビューカード以外のカードにはオートチャージやチャージ分のポイントがないものがあります。

 

3)モバイルSuicaの年会費(1030円税込)無料になります。

Suicaアプリ以外でもクレジットカードをビューカードにすればモバイルSuicaの年会費が無料になります。

対象カード:ビュースイカカード、ビックカメラSuicaカード、JRE CARD、ルミネカード、JALカードSuica、ANA VISA Suicaカード、イオンSuicaカードなどのビューカード

 

*追記:2020年2月26日より年会費が無料になります。

 

まとめ

 

携帯情報端末に登録したクレジットカードは他の端末にはモバイルSuicaとして登録できません。

 

大抵のクレジットカードが使えるようですが、モバイルSuicaに登録できるクレジットカードではビューカードが一番メリットがあります。

 

参考記事⇒Apple Payの利用開始によりSuicaが交通系ICカードで最も便利になりました。

参考記事⇒ビックカメラSuicaカードとは オートチャージ機能やモバイル機能などについて

スポンサーリンク

関連記事

お彼岸にお供えする花の種類は 良く使われるものと長持ちするものは

    お彼岸は、毎年の「春分の日」と「秋分の日」を中日とし

記事を読む

ごま油でオイルプル 簡単にできる歯の健康習慣 効果のあるやり方とは

    海外セレブも絶賛している歯の健康習慣にオイル

記事を読む

痛風にならないようにするにはどんな食品などに注意するべきか

    風が吹いただけでも痛いということでつけられた痛風とい

記事を読む

滋賀から東京に行く 昼間の高速バスを利用する 所要時間や料金について

    滋賀県から東京に行くには新幹線が一番楽なよう

記事を読む

犬の熱中症対策とは 体温調整はどうしてる 犬種ごとの対策などは

    癒しを求めている人が多い現在。 なんらかのペッ

記事を読む

日光浴で快眠ができるの 浴びるときに注意すること 時間はどれくらい

      太古から太陽とともに歩んできた人

記事を読む

健康には野菜不足解消、電子レンジで簡単な時短レシピ 栄養価はどう?

      忙しいとかで、外食ばかり続けてい

記事を読む

病気見舞いのタイミング 贈る品物を選ぶには 見舞金の相場など

    病気であったり、ケガであったりで入院や療養されている

記事を読む

FP技能士3級を受験する目的は、勉強法は?

    日本ではお金に関することがタブー視される風潮があり、

記事を読む

クレジットカードなどを紛失したら、その時の対応などをどうすれば?

    なにげない日常の中、ある日、使っていたクレジットカー

記事を読む

PAGE TOP ↑