神戸から高野山に行く 自家用車でのルートとアクセスのポイントについて

 

 

神戸から世界遺産を見に行くこともありますね。

 

真言宗の密教の総本山である和歌山県の高野山へ行くのはいかがでしょうか。

 

今は京奈和自動車道などの道路が整備されてきたので、比較的早く簡単にたどり着くことができます。

 

神戸から高野山に行く 自家用車でのルートとアクセスのポイントについて紹介します。

 

スポンサーリンク

神戸から高野山へ行く

 

神戸から和歌山県の高野山に行くには、電車、バス、自家用車などがありますが、数人で行くし、自由に旅程を組みたい場合は、自家用車を選択する方が良いでしょう。

 

ただ、他府県のことなので渋滞とかがわからないので、心配に思えるでしょう。

 

そのことを考えれば電車が良いように思いますが。

 

時間にしばられるのが嫌で、多人数でウロウロするのが嫌な人は自動車を選択ですね。

 

最近、480号線などもかなり整備されてきたので、その自動車道を有効活用したら割と短時間で簡単に行けるようになりました。

 

余程の渋滞がない限り2時間あれば高野山に着くことができます。

 

朝6時に出れば8時には高野山に到着です。

 

冬場(11月~4月)はスタッドレスタイヤの装着が必須です。

 

早めの装着が安心です、下で晴れていても、高野山では雪ということがあります。

 

もし、ノーマルタイヤで行かれるなら、事前に天気を調べておきましょう。

 

 

 

 

自家用車でのルート

 

神戸からのルートは時間的にも距離的にも最短コースがあります。

 

名神高速道を使うと遠まわりになるので、港湾幹線道路(ハーバーハイウェイ)、阪神高速5号湾岸線と阪神高速4号湾岸線、堺泉北有料道路、阪和自動車道、480号線で峠超えが最短コース(1)だと思います。

 

もう一つ、少し距離があるが、阪神高速4号湾岸線をりんくうJCTまで行って、関空自動車道からの阪和自動車道で京奈和自動車道をかつらぎ西ICまで行くのもいいかもしれない(2)。

 

この2つを考えてみます。

 

とりあえず起点は神戸税関近くの第4突堤の交差点にします。

 

ここから堺泉北有料道路に入るところの助松JCTまでは(1)と(2)は同じコースなのでまとめます。

 

 

まず港湾幹線道路(ハーバーハイウェイ)の西区間と東区間を使います。

 

 

神戸税関の近くにある信号がある税関本庁前の交差点からポートアイランド方面へ向かうと

ポートアイランド手前の第4突堤の信号がある交差点あたりに新港ランプがありますからそこからのり麻耶ランプまで行きます(西区間)

そのまま麻耶ランプから高羽ランプまで行きます(東区間)

 

高羽ランプを降りるとそのまま道なりに走ると住吉浜入口があり阪神高速渡り線を通って阪神高速5号湾岸線に向かいます。

 

ただ、港湾幹線道路(ハーバーハイウェイ)にはETCがなく料金所では混雑時にはかなり並ぶことがあるそうです。

これが嫌なら神戸税関の近くにある阪神高速3号神戸線の京橋ICより大阪方面へ(摩耶IC方面)向かいましょう。

あるいは高速にのらずに下の国道43号線を摩耶ICに向けて走ります。

 

もし、ハーバーハイウェイを回避するなら、それぞれ2つのコースで摩耶ICへ向かいます。

摩耶IC降りたところの交差点を右折してすぐにある摩耶ランプ南という交差点を左折します、そのまま道なりに走っていくと港湾幹線道路(ハーバーハイウェイ)と並走する形になります、すると高羽ランプを過ぎると合流しますから。

 

それ以後は3つとも同じように住吉浜入口から阪神高速5号湾岸線に向かいます。

 

阪神高速5号湾岸線を走り天保山JCTで南港方面の阪神高速4号湾岸線に乗り換えます。(ほぼ真っすぐでしょう)

 

天保山JCTから18.6kmで助松JCTがありますから、最短コース(1)は左方面の堺泉北有料道路に入りますし、

もう一つのコース(2)は真っすぐりんくうJCT方面へ向かいます。

 

 

最短コース(1)の場合。(総走行距離約106km:約2時間)

 

助松JCTから堺泉北有料道路に入って6.2km先の太平寺ICをおります。

 

470mほど走ると平井大橋の信号がある交差点がありますから、そこを右に曲がります。

 

300mほど走ると阪和自動車道の堺ICがありますから、そこから阪和自動車道にのります。

 

もちろん和歌山方面へ向かいます。

 

次の岸和田和泉ICをおります。

 

おりたとこの信号を左に曲がります。次に2つ目の信号(春木北)を右に曲がります。

 

それから226号線を道なりに約3km走ると170号線に合流しますので左方向に行きます。

 

次に約1.3kmで大野町北の信号を右に曲がります。

 

あとは道なりに新しく整備された480号線を走り、峠を超え突き当りの125号線まで行き高野山を目指します。

 

 

 

 

もう1つのコース(2)の場合。(総走行距離約127km:約2時間15分)

 

助松JCTを真っすぐつきぬけりんくうJCTを目指します。

 

16kmほど走るとりんくうJCTですから、関空自動車道で左方向の泉佐野JCTを目指します。

 

泉佐野JCTでは阪和自動車道の和歌山方向(右方向)へ向かいます。

 

泉南ICの次に京奈和自動車道へ合流するところがあるので京奈和自動車道へ進みます。

 

岩出根来IC、紀の川IC、紀の川東ICの次にかつらぎ西ICがあるので、そこをおりて高野山へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

有料道路料金(普通自動車:目安として)

 

港湾幹線道路:200円

阪神5号湾岸線、阪神高速4号湾岸線:(住吉浜出から助松まで)(住吉浜出からりんくうまで)どちらも1300円(上限)です。

堺泉北有料道路:100円

阪和自動車道:(堺ICから岸和田和泉ICまで):750円(ETC480円、ETC深夜(0-4)340円)

関空自動車道+阪和自動車道:(りんくうJCTから岩出根来ICまで):740円(ETC休日570円、ETC深夜(0-4)570円)

 

最短コース(1)では1940~2350円

 

もう一つのコース(2)では2070~2240円

 

アクセスのポイントは

 

高野山に行くポイントとしては、どの位置から高野山に向かうかということがあります。

 

京奈和自動車道の橋本IC、高野口IC、紀北かつらぎIC(またはかつらぎ西IC)の3ヶ所の近くにそれぞれのぼる道があります。

 

橋本ICから近い371号線の道はくねくねしていて道幅も狭くて走りにくいように思います。

 

高野口ICに近い、南海高野線沿いの九度山町役場の近くを通る370号線の道も若干走りにくいように思います。

 

高野口ICと紀北かつらぎICの間にある県道109号線も高野山に行けますが走りにくいので避けた方がいいでしょう。

 

紀北かつらぎIC(またはかつらぎ西IC)に近い480号線を使う道は、他に比べてまだ走りやすい道のように思います。

 

480号線は高野山としても推奨するルートで、道幅が広くガードレールがある初心者が安心して走れるルートです。

 

その走りやすい道をチョイスします。

 

 

 

*神戸からの最短コースは岸和田和泉ICをおりて480号線を走り突き当りで左に曲がると125号線なので、125号線を道なりに走ります。

 

京奈和自動車道のかつらぎ西ICの近くを通り、JR線の踏切をこえて24号線と交差する笠田小南の信号をわたり、少し走ると突き当たるので左方向に行きます。

 

そのまま道なりに行き2つ目の信号(笠田東)を右に曲がります。

 

運転に自信のない人は125号線は狭い道なので、少し遠まわりになりますが、480号線の突き当りで右に曲がってそのまま480号線を24号線の合流地点まで走り、

 

合流地点の穴伏の交差点を右に曲がり、途中、道の駅「紀の川万葉の里」を右に見ながらやり過ごしてから2つ目の信号を右に曲がり、少し行けば1つ目の信号で左方向です。

 

それから少し走れば笠田東の信号があるので右方向が高野山です。

 

 

 

*神戸からの2番目に近いコースからだとかつらぎ西ICでおります。道の駅かつらぎの建物を右に見ながら出口に向かいます、突き当りを左です。

 

そのまま行くと三叉路に当たりますからそこを右方向です。少し走ると125号線に突き当たりますからその125号線を左方向へ曲がります。

 

あとは2)のコースと同じで、JR線の踏切をこえて24号線と交差する笠田小南の信号をわたり、少し走ると突き当たるので左方向に行きます。

 

そのまま道なりに行き2つ目の信号(笠田東)を右に曲がります。

 

運転に自信のない人は125号線は狭い道なので、少し遠まわりになりますが、かつらぎ西ICをやり過ごし次の紀北かつらぎICで降りましょう。

 

おりて突き当りに紀北かつらぎIC南という信号があります。そこを左方向(24号線)です。

 

その信号を左方向(24号線)に曲がり。

 

約0.9km走ると佐野東という信号がありますから、そこを左方向です、300mほど走ると自然と右に曲がることになり、あと700mほどで笠田東の信号がありますから、そこを左方向です。

(佐野東の信号を真っすぐ行っても、700mくらいで笠田駅前という信号があります、こちらの方がわかりやすいので、(運転に自信のない方はこちらをどうぞ)そこを左に曲がっても笠田東の信号に合流してもいいです。)

 

 

 

これで2コースとも笠田東の交差点まで来ました。

 

笠田東から高野山に向かうと、最初はのぼりが続き途中でくだりに変わります、そしてまたのぼりはじめます。

 

のぼりはじめて途中2ヶ所のトンネルをくぐります。

 

最後の長い目のトンネルを出て少しくねくねと走ると、矢立という信号のある三叉路に当たります。

 

この三叉路の左には高野口IC近くののぼり道がつながっています。(370号線)

 

高野山へはこの三叉路を右方向に行きます。

 

ここからは、くねくねして道が狭くなるところもあります。

 

高野山の入り口である大門が近づくと高野山ケーブルの終点高野山駅に向かう道がヘヤピンカーブでつながっています。

 

のぼりでもくだりでも間違ってそこに入ることはないですね。対向車があれば入りにくいです。

 

笠田東の交差点を出てから、大門までは20~21kmのあたりになります(所要時間約35分)。矢立の信号からは約7.7kmです。

 

大門のところを左に曲がらずに真っすぐ行けば別のところに行ってしまうことになりますから、必ずここを曲がりましょう。

 

矢立から大門の間はくねくねで見通しの悪いカーブが続きますから、運転には注意してくださいね。

 

高野山は山奥にありますから、どこを通ってもこのような道が多少はつきものです。

 

高野山は、道中が急こう配や急カーブが多いためか自家用車よりも他の交通機関を利用する確率が高い観光名所になります。

 

大小さまざまな駐車場があり、ほぼ無料で収容台数の合計は900台以上(土日祝の場合、平日に閉っているものがあるため)にもなります。

 

ほとんどの駐車場にはバス停やトイレが整備されていて、使い心地がいい駐車場と言えます。

 

イベントや祭事などがあるとき、紅葉の時期の土日祝日やGW、お盆、年末年始(12月31日~翌年1月3日)は混雑しますから早めに訪れることを心がけましょう。

 

 

そうですね、紅葉の時期の土日祝日やGW、お盆、年末年始などは午前9時前から混雑し、満車になることもあります。

 

中の橋駐車場や金剛峯寺前、中門前などの人気の駐車場はすぐに満車になる傾向があります。

 

なので午前8時以前に高野山に到着して希望の駐車場へ行くか、臨時駐車場以外なら前日からの車中泊という手もあります。

(大門南駐車場では車中泊がよくみられます。)

 

 

土日祝などの混雑時に遅くから高野山へ行く場合は、高野山のメインストリート(県道53号線)の渋滞を考慮して、大門のところからメインストリートに入らずにやり過ごして、お助け地蔵の横を通りすぎ、高野山道路(371号線)の方に行きましょう。

 

大門から数百メートルで収容台数の一番多い(200台)大門南駐車場があります。(大きい駐車場は空いている可能性がある)

 

または、そこをやり過ごし高野山道路(371号線)を走って奥の院の方に行くと2番目に大きな(186台)中の橋駐車場があります。(こちらは人気があるので比較的早く満車になります)

 

この2つも空いていれば24時間無料でとめられます。

 

以下のサイトから駐車場マップがダウンロードできます。

駐車場マップ⇒高野町役場公式サイト

 

大門南駐車場か中の橋駐車場に車をとめて、高野山の中を散策して、中の橋駐車場か大門南駐車場まで行けば、そこで南海りんかんバスに乗って車をとめた駐車場まで戻るようにするのが良いと思います。

混雑時は自家用車で移動は面倒です。

イバントや祭事のない平日なら自家用車で移動もできるでしょう。

 



大門南駐車場や中の橋駐車場の近くには大門南駐車場バス停、奥の院前バス停があります。

 

奥の院前⇔大門南駐車場の料金は340円です。

高野山内路線バス運賃表⇒南海りんかんバス

 

土日祝の大門南駐車場から奥の院前に向けてのバスの最終は15:19です。

土日祝の奥の院前から大門南駐車場に向けてのバスの最終は17:08です。

事前に確かめて計画的に観光しましょう。

 

かつらぎ西ICから高野山入口(大門)まで約22km(所要時間約39分)

 

まとめ

 

神戸から高野山へ自家用車で行くとなると時期によってはスタッドレスタイヤの装着を考えましょう。

 

渋滞がなければ、神戸の神戸税関近くの第4突堤の交差点から2時間(約106km)くらいで高野山に到着できます。

 

神戸からだと港湾幹線道路(ハーバーハイウェイ)、阪神高速5号湾岸線、阪神高速4号湾岸線、堺泉北有料道路、阪和自動車道、480号線、京奈和自動車道などを使うことになります。

 

高野山に行くときに参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑