東京から高野山へ飛行機で行く 関空までと関空からの直通バスについて

 

 

東京の喧騒を忘れるために、高野山の静かなたたずまいで紅葉を見ましょう。

 

秋は高野山も人で賑わいます。

 

そんなハイシーズンに高野山に飛行機で行く方法をお伝えします。

 

東京から高野山へ飛行機で行く、関空までと関空からの直通バスについて紹介します。

 

スポンサーリンク

東京から高野山へ飛行機で行く

 

東京から高野山へ飛行機で行くといっても、直接に高野山に着けるわけではないです。

 

どっかの空港へ着陸したあとでの移動が必要です。

 

その移動に最も適した空港は関西国際空港になります。

 

まあ、大阪国際空港や神戸空港、ちょっと離れた中部国際空港というのもありますが。

 

アクセスの面では関西国際空港にはかないません。

 

関西国際空港はLCC(格安航空)も使えるし、高野山からの物理的な距離も近い。

 

そして、直行バスが出ていることが大幅にアクセスを良くしています。

 

大きな手荷物を持って、電車などの乗り換えは大変ですよね。

 

直行バスなら、乗ってしまえば現地まではゆったりです。

 

もちろん運賃もリーズナブルですよ。

 

関空まで

 

まずは東京から飛行機で関空まで行くには、選択肢として羽田空港と成田空港がありますね。

 

比較のため東京駅を起点として考えます。

 

 

<羽田空港利用>

 

羽田空港へ行くにはリーズナブルなものとしてはバスと電車があります。

 

 

バスは東京駅八重洲北口鉄鋼ビル1階バスターミナル2番のりばから出る、京浜急行バスか東京空港交通のバスに乗ります。

 

運賃:930円(小児470円)

 

所要時間は第2ターミナル(国内線のANA、スターフライヤーを利用する場合)は約35分、第1ターミナル(国内線のJALを利用する場合)は約40分(交通渋滞により変動あり、もっとかかることもあるかも)

 

9時くらいから20時くらいまで16便あります。

 

 

 

電車はJR在来線で浜松町駅まで行きモノレールにのりかえる方法と品川駅まで行き京浜急行にのりかえる方法があります。

 

 

1)浜松町駅まで行きモノレールにのりかえる方法は、東京駅から山手線にのってJR浜松町駅までは運賃は154円、所要時間は4~6分です。(4分は京浜東北線快速)

 

浜松町駅でモノレールに乗り換えて空港快速なら羽田空港第1ビル駅(国内線のJALを利用する場合)までは16分です。

 

羽田空港第2ビル駅(国内線のANA、スターフライヤーを利用する場合)までは17分です。

 

区間快速、普通も走っています。

 

運賃は第1・2ともに490円です。

 

東京駅から羽田空港第1ビル駅までは20~22分です、羽田空港第2ビル駅までは21~23分です。

 

運賃はどちらも644円(154+490)です。

 

空港駅の改札は地下1階に着くので出発ロビーの2階まで上がりましょう。

 

 

 

2)JR品川駅まで行き京浜急行にのりかえる方法は、同じようにJR山手線(5駅目)かJR京浜東北線(快速のときは3駅目)にのり、品川駅で京浜急行のりかえます。

 

東京駅から品川駅までの運賃は165円、所要時間は9~11分です。

 

品川駅で京急線にのりかえて、約14分(エアポート快特)で羽田空港国内線ターミナル駅に着きます。

 

運賃は410円です。(ICカードなら407円)

 

東京駅から羽田空港国内線ターミナル駅までは23~26分くらいです。(のりかえの待ち時間は考慮せず)

 

運賃は675円(410+165)です。

 

空港駅の改札は地下2階になるので、出発ロビーは2階です。

 

空港の第2ターミナルと第1ターミナルの間に駅がありますので、降りてから第1ターミナルへは戻る感じで移動し、第2ターミナルへは進む感じで移動します。

 

JALを使う場合は京急線の最後尾に乗車して、羽田空港国内線ターミナル駅に着けば、前から3番目のドア付近の階段やエスカレーター、エレベーターを上がりましょう。

 

そこに第1旅客ターミナル口(改札)があります。

 

ANAとスターフライヤーを使う場合は、京急線、8両編成のときは前から1両目の2番目のドアあたりのエレベーターか3両目の1番前のドアあたりの階段やエスカレーター、6両編成・4両編成のときは、前から1両目の1番前のドアあたりに階段やエスカレーター(エレベーターはおりてから前に少し歩きます)を上がりましょう。

 

そこに第2旅客ターミナル口(改札)があります。

 

詳しくはこちら↓

参考記事⇒東京駅から羽田空港へ行くには バスや電車を使った移動について

 

 

 

 

<成田空港利用>

 

バスはTHEアクセス成田と京成バス(東京シャトル)を使います。

 

 

1)THEアクセス成田は東京駅の八重洲南口のJR高速バスのりば7番から乗車して、通常、1時間分15分で第1ターミナル(南ウイング:ピーチ)15番のりば、1時間20分で第3ターミナル(ジェットスター)です。

 

運賃は1000円になります。(深夜・早朝便では2000円になることもあります。)

スポンサーリンク

 

 

2)京成バス(東京シャトル)は東京駅の八重洲北口(鉄鋼ビル)の向かい側にある京成バス3番のりばから乗車して、1時間10分で第1ターミナル(南ウイング:ピーチ)15番のりば、1時間15分で第3ターミナル(ジェットスター)です。

 

運賃は1000円になります。(深夜・早朝便では2000円になることもありますが、2日前までの予約で900円になります。)

 

 

 

電車は成田エクスプレスと京成スカイライナーを使います。

 

1)成田エクスプレスは東京駅の横須賀線・総武快速線のりば3~4番ホームから乗車して、52~57分で成田空港第2ビル駅(第3ターミナル(ジェットスター)までは徒歩で15分、連絡バスで5分)に到着します。

 

56~60分で成田空港駅(第1ターミナル(南ウイング:ピーチ))に到着します。

 

運賃は普通車指定席で3020円(1320+1700)、グリーン車で4560円(1320+3240)です。(普通車は閑散期は200円引き、繁忙期は200円増し)

 

 

2)京成スカイライナーは東京駅からJR山手線内回り(4番線)でJR日暮里駅まで移動してからのりかえです。

 

東京駅から日暮里駅までは所要時間約13分、運賃154円です。

 

日暮里駅から成田空港第2ビル駅(第3ターミナル(ジェットスター))までは約36分、成田空港駅(第1ターミナル(南ウイング:ピーチ))までは39分です。

 

運賃は2470円(ICカードなら2465円)です。

 

東京駅から成田空港第2ビル駅(第3ターミナル(ジェットスター))までは50~59分、53~1時間02分で成田空港駅(第1ターミナル)です。

 

運賃は2624円(ICカードなら2619円)です。

 

詳細はこちら↓

参考記事⇒東京駅から成田空港へ行くには バスや電車を使った移動について

 

 

 

 

東京から関空へ行くには羽田空港からはスターフライヤー・ANA(第2ターミナル)、JAL(第1ターミナル)が、成田空港からはピーチ(第1ターミナル南ウイング)、ジェットスター(第3ターミナル)が運航しています。

 

それぞれの空港からは別の航空会社で乗り継ぎで行くこともできますが、費用と時間を考えれば直行便の方が良さそうです。

関西国際空港へは

羽田空港からは運賃は9000~34000、所要時間1時間5~25分(スターフライヤー、JAL、ANA)

成田空港からは運賃は8000~14000、所要時間1時間35~50分(ジェットスター、ピーチ)

大阪国際空港へは(JAL、ANA)

羽田空港からは運賃は13000~35000、所要時間1時間5~15分

成田空港からは運賃は21000~32000、所要時間1時間20~35分

 

運賃は基本スターフライヤーやピーチ、ジェットスターなどが割安ですが、混み具合により値段が変動します。

 

みんなが乗りたがる時期や時間帯では高いです。

 

東京駅から関空に行くには羽田空港を使う方が移動時間も運賃も安く済みます。

 

東京駅からJR山手線で浜松町駅でモノレールにのりかえる方が、移動時間も短くて運賃も安く済みます。

 

あとは安い航空便を選べればいいですね。

 

成田空港の方が安い航空便がある確率が高いので、トータルで考えたベストなものを選びましょう。

 

関空からの直通バスについて

 

関空から高野山へは期間限定で直通バスが運行されています。

 

2018年は9月1日~11月30日の期間だけです。

 

毎年同じような期間でしょう。(要確認:関西空港交通株式会社、以下の参考記事より)

 

バスはWILLER株式会社のバスで運行されています。

 

1日の運行本数は行き帰りともに1本だけです。

 

関西空港第2ターミナル4番のりば、11:17発→関西国際空港第1ターミナル1階6番のりば、11:30発→高野山大門南駐車場、13:10着→高野山奥の院前、13:18着

 

ピーチは第2ターミナル、それ以外(JAL、ANA、スターフライヤー、ジェットスタージャパン)は第1ターミナルに到着します。、

 

所要時間ほぼ2時間です。

 

片道の運賃は、予約した場合は1800円(小児900円)、当日購入は2000円(小児1000円)です。

 

この時間に行けない場合や、期間が違う場合は鉄道を利用するか南海電鉄の駅までのバスが定期的に運行していますのでどちらかを利用します。

 

直通バスがない場合は、状況によって大阪国際空港からの方が早く着ける場合もあるようです。

 

運賃は高めですけどね。2680円~

 

詳しくはこちら↓

参考記事⇒関空から高野山に行くには 空港リムジンバスの所要時間と運賃などについて

 

まとめ

 

航空便が羽田空港経由で安いのがあれば一番いいです。

 

11時30分までに手続きが終わる安い航空便を手配できればベストです。

 

成田空港からの航空便が安い場合が多いようですから、東京での移動、関空での移動などをてんびんにかけて考えましょう。

 

よりベストな旅行のために参考になれば幸いです。

 

参考記事⇒東京から高野山へ新幹線で行く新大阪駅までとそこからの移動について

 

参考記事⇒東京から高野山へ高速バスで行くなんば駅までとそこからの移動について

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑