ホタルとは 滋賀でホタル観賞するのにおすすめ そのアクセスについて

 

 

 

日本の初夏にはホタル観賞という風物詩があります。

 

ホタルとはどんなもので、ホタルにはどんな種類がどれくらいあるのかということと、

 

滋賀でのホタル観賞におすすめなところはどこにあるのかとその場所へのアクセスについて紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ホタルとは

 

ホタル(螢)とは、

 

世界では、主に熱帯から温帯の多雨地域に分布していて、およそ2000種類があると言われています。

 

大きく分けて幼虫時代を水中ですごす水性ホタルと陸上の湿地ですごす陸生ホタルがあります。

 

日本でホタルは本州から南の日本各地に分布しています。

 

もっとも親しまれているのは「ゲンジボタル」で日本固有の種であるとされています。

 

水がきれいな川に生息する水性ホタルで、成虫は通常、5月から7月にかけて発生しますが、地方により差があります。

 

ゲンジボタルが発生してからは、成虫として発光するのが2~3週間ほどになります。

 

次に親しまれているのはヘイケボタルかもしれません。

 

ヘイケボタルは日本以外でも朝鮮半島などにも分布しています。

 

ゲンジボタルよりも小ぶりでゲンジボタルよりもよごれた水域にも生息する水性ホタルです。

(水性ホタルは日本では3種類ありますが一番小さいのがヘイケボタルになります。)

 

成虫は通常、5月から9月にかけて発生しますが、同じく地方により差があります。

 

ゲンジボタルが一定の時期に集中して発生するのに対し、ヘイケボタルは、パラパラと散発的に長期にわたって発生します。

 

これら以外にも約40種類ものホタルが日本には存在します。

 

日本ではゲンジボタルが初夏に発生するため、ホタルは夏の風物詩として認識されています。

 

でも、地域によっては秋や冬にも発生することがあるらしい。

 

滋賀でホタル観賞するのにおすすめ

 

びわ湖で有名な滋賀では、主なホタルの地域は2ヶ所あります。

 

私がおすすめするのは、滋賀の北部にある米原市の「グリーンパーク山東」です。

 

 

ホタルの発生場所はグリーンパーク山東の近くの三島池から流れ出るこのあたりの渓流(赤〇)になります。

 

6月の夜になると、ゲンジボタルがたくさん飛び交うのを見れます。

 

テニスコートの駐車場からホタルの発生場所に行く道順を案内します。

 

駐車場を出て、

 

鴨池荘の角を右に曲がります。

 

 

道なりに真っすぐ行くと[伊吹の見える美術館」がありますから、過ぎた角を左へ曲がります。

 

 

バーベキューサイトやキャンプサイトなどを横目で見ながら道なりに行きます。

スポンサーリンク

 

すると、三島池に突き当たりますから左へ曲がります。

 

曲がってから数百メートルで渓流の入り口があります。

 

夜は道がわかりにくくなるので、昼間のうちに確かめておきましょう。

 

 

 

ホタルの発生時期は、大抵は6月の上旬になります。

 

詳しいホタルの発生状況はグリーンパーク山東のホームぺージを調べればわかります。

グリーンパーク山東

住所:〒521-0221 滋賀県米原市地下80番地1 TEL:0749-55-3751(8:30~17:30)

ホームページ https://greenpark-santo.com/

 

*6月の第2週くらいが最適であることが多いようです。

 

 

グリーンパーク山東には、ホタル以外にいろいろ楽しめるところがあります。

 

大自然を楽しむことができるのももちろんですが。

 

テニスが好きな人には足にやさしい人工芝(オムニコート)のテニスコートが6面あり、予約して楽しむことができます。

9:00~22:00、1時間1面1000円、夜間照明1時間1面1500円、用具レンタルあり。

 

敷地内の鴨池荘の温泉は日帰りでも利用が可能です。600円(小人400円:2歳以上中学生未満)

 

フリーキャンプやオートキャンプができる場所があります。

 

無料で遊べる、全長100mの滑り台「ドラゴンスライダー」。

 

森の中で遊べる20のアトラクションがあるフィールドアスレチックコース「アスレサーキット」(小学生以上)100~200円

 

バーベキューの場所の提供と用具の貸し出しなど。

 

 

グリーンパーク山東での宿泊は、キャンプ場、鴨池荘、コテージ、「グランエレメント」で可能です。

 

詳しくはグリーンパーク山東のホームページにて。

 

そのアクセスについて

 

ホタルのシーズンになれば、バスツアーなどでたくさんの人が押し寄せます。

 

あなたの地域からもバスツアーが出てるかもしれません。

 

そんなときは駐車場も一定期間有料になります、確か1回500~1000円だったようです。

 

宿泊施設にお泊りの場合は施設の駐車エリアが使用可能の場合があります。

 

 

1)自家用車で来る場合は、

 

京都・大阪方面からは、名神高速道路「米原I.C」より約20分

岐阜・名古屋方面からは、名神高速道路「関ケ原I.C」より約20分

福井・石川方面からは、北陸自動車道「長浜I.C」より約20分

 

 

米原I.Cからは、出てから信号を右方向へ行きます。

 

JR醒ヶ井駅前を過ぎます。

 

次の信号「一色」で左に曲がります。

 

そのまま道なりを行きます。

 

数キロで新幹線の下をくぐります。

 

くぐってすぐの信号「北方北」を右に曲がります。

 

1つ目の信号「加勢野」を超えて約200mでグリーンパーク山東のオブジェがある交差点がありますから、左に曲がります。

 

曲がって約200mほどで右に曲がります。(この次の角でもOKです、GREEN PARK SANTOUの標識あります。)

 

この角を左に行きます。

 

 

この表式が見えたらもうすぐです。

 

 

2)電車の場合は東海道新幹線の米原駅から2駅移動でJR近江長岡駅です。(約10分)

 

東海道本線のJR近江長岡駅からタクシーで約5分。

 

または、「湖国バス」(近江長岡線)を利用すれば約10分。(グリーンパーク山東で下車)

 

施設に宿泊の場合は送迎ができる場合があるようです。(要予約)

 

JR長浜駅からもタクシーで約10分で、

 

「湖国バス」(近江長岡線)では約20分。(グリーンパーク山東で下車)

 

*タクシーは長浜市にある会社から配車されます、できれば事前に配車予約を入れておくほうがいいでしょう。

近江タクシー TEL0749-52-0106(0749-62-0106)

さくらタクシー TEL0749-63-7600

 

*湖国バスは

長浜駅から、平日土曜日は6時から19時まで(6.7.8.10.11.12.14.15.16.18(2便).19)、休日は7時から19時まで(7.8.9.10.11.13.16.18.19)

長浜駅へ、平日土曜日は6時から20時まで(6(2便).7.9.10.11.12.14.15.17.18.19.20)、休日は7時から19時まで(7.9.10.12(2便).15.17.19)

 

近江長岡駅から、平日土曜日は6時から20時まで(6(2便).7.9.10.11.12.14.15.17(2便).18.19.20)、休日は7時から18時まで(7.9.10.12(2便).14.17.18)

近江長岡駅へ、平日土曜日は7時から19時まで(7.8.9.10.12.13.14.16.17.18(2便).19)、休日は7時から19時まで(7.8.9.10.11.14.16.18.20)

 

まとめ

 

初夏にホタル目当てに行くだけでなく、

 

夏場になれば、都会の喧騒を離れ、避暑をかねて滋賀の伊吹の大自然を堪能するために、宿泊するのもありですね。

 

予算に応じて、フリーキャンプ、オートキャンプ、コテージ、鴨池荘、「グランエレメント」を選択できます。

 

春や秋に訪れるのもいいかもしれません。

 

各々の楽しみ方があるでしょう。

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑