JREポイントとは Suicaポイントからの移行とビューサンクスポイントからの移行について

 

 

いろいろと重宝していたSuicaポイントクラブがなくなって、しばらくは、どうなるのか不明でしたが、

 

2018年6月28日にビューサンクスポイントがJREポイントに変更になるとの案内を聞けて、全貌が少しづつ明らかになっていきました。

 

JREポイントとはどんなものか、JREポイントのSuicaポイントからの移行とビューサンクスポイントからの移行などについて解説します。

 

スポンサーリンク

JREポイントとは

 

JREポイント(JRE POINT)はJR東日本グループの共通ポイントとして作られました。

 

JR東日本グループとしてポイントが多くて煩雑だったので統一することを考えたのでしょう。

 

Suicaポイントがなくなった時は残念でしたが、JREポイントとして復活したのは良かったです。

 

でも、私個人としては、ドットマネーなどからのポイント変換がなくなったので、お得感が少し減ったように感じています。

 

JREポイントもそのようなことができるようにならないかなと密かに思っているところです。

 

JREポイントは駅ビルのJRE POINTカードやビューカード、Suicaなどを登録すると、駅ビルやエキナカ、JRE MALLでの買い物でポイントが貯まるようになります。

 

貯まったポイントは、JRE MALLやSuicaへのチャージへも使うことができます。

 

JRE MALLでの使用では、100円使うと1ポイント貯まることになります、1ポイントは1円相当として使用できます。(JRE MALLの会員登録後のJRE POINTとの連携が必要)

 

また、商品とも交換が可能になります。

 

ビューカードの使用では1000円毎に5ポイント貯まります。

 

ポイント有効期限は、最後にポイントを獲得・利用した日から2年後の月末までです。(Suicaポイントよりも長くなりました)

 

JREポイントからSuicaへチャージをするにはSuicaの登録が必要です。

 

登録の仕方は、

 

JREポイントサイトにログインして会員トップの「登録情報の確認・変更」の項目にある「登録ポイントサービス確認・変更」をクリックします。

 

Suicaの項目にある「Suicaを追加する」をクリックします。

 

登録する種類を選択します。(Suicaカード、モバイルSuica、Suica付きビューカード)

 

それぞれに必要事項を入力して「次へ」をクリックします。

 

登録内容を確認し、「登録する」をクリックすると完了です。

 

JREポイントにある通常ポイントのみがチャージできるポイントになります。(期間限定ポイントはできません)

 

Suicaにチャージするには自宅でする方法とVIEW ALLTEでする方法、自動券売機でする方法、モバイルSuicaでする方法があります。

 

チャージするSuicaの残高とチャージ申し込み金額の合計は2万円までです。

 

2万円を超えるとチャージできなくなるので注意しましょう。

 

それぞれの期間内にチャージされなかった場合はJREポイント残高へもどることになります。

 

*自宅でSuicaにチャージするにはJR東日本のSuicaインターネットサービスに登録する必要があります。

(クレジットカードでチャージする場合はSuica付きのクレジットカードを登録していることが必要です。)

**Suicaインターネットサービスは順次サービスの提供を終了することになりました。

詳しい日程はこちらのサイトで⇒https://www.jreast.co.jp/suicainternetservice/information/info_20190527serviceend.html

 

*駅のATM、VIEW ALLTEにて6~23時までSuicaのチャージができます。

 

*Suica対応の自動券売機にてチャージするには、事前にJREポイントサイトでのSuicaチャージの申し込みが必要です。(JR東日本の駅の「Suica」マークのある自動券売機でチャージできます。一部の駅などでは受取れない場合があります)

スポンサーリンク

 

*モバイルSuica(Apple PayのSuicaを含む)でチャージするには、JREポイントサイトにモバイルSuicaの登録が必要で、事前にJREポイントサイトでのSuicaチャージの申し込みが必要です。(1台のみ)

(モバイルSuicaの設定ができる端末をお使いください。)

 

Suicaチャージの手順はスマホでもパソコンでも可能です。

参考記事⇒JREポイントをSuicaにチャージする方法 自宅 自動券売機 モバイル

 

Suicaポイントからの移行について

 

SuicaポイントをJREポイントへ移行させるには、

 

SuicaポイントクラブのユーザーIDとそのパスワードが必要になります。

 

2018年1月以降にSuicaポイントクラブより案内メールが届いていた場合は、そのメールにユーザーIDも記載されています。

 

JRE POINT WEBサイトを開きましょう。

URL:https://www.jrepoint.jp/

 

トップぺ―ジより、「新規登録」をクリックします。

 

JRE POINT WEBサイト会員仮登録で入力項目を全て入力し、下にある「次へ」をクリックします。

 

登録内容を確認して、問題がなければ下部にある「登録する」をクリックします。

 

仮登録完了で、登録したメルアドにメールが送られます。

 

メール内のURLをクリックして会員登録手続きへ進みましょう。(1時間以内に手続きしましょう)

 

登録完了後、設定したメールアドレスとパスワードでログインします。

 

第2パスワードの設定をします、「次へ」をクリックして次に進みます。

 

次の画面で「Suicaポイントクラブから移行をされる方」を選択肢てクリックしましょう。

 

次の画面では、Suicaポイントクラブに登録のユーザーIDとパスワード、もしくはMy JR-EASTのIDとパスワード、必要事項を入力して。下部にある「次へ」をクリックします。

 

次では必要事項を入力して、また「次へ」をクリックします。

 

入力確認画面で確認して、問題がなければ「移行する」をクリックします。

 

これでSuicaポイントクラブからJREポイントへSuicaポイントの移行が完了です。

 

ビューサンクスポイントからの移行について

 

以前よりビューカードを持っていてビューサンクスポイントが貯まっていた場合、

 

JREポイントカード機能が搭載されたビューカードを所持していて、ビューサンクスポイントとJREポイントが貯まっている場合、

 

JREポイントカード機能が搭載されたビューカードを2枚以上所持している場合、

 

以上のような場合、

 

ビューサンクスポイントの残高は、手続き不要で、ビューサンクスポイント1ポイント(2.5円相当)をJREポイント2.5ポイント(2.5円相当)に換算して、自動でJREポイントとして1つの口座にまとめられます。

 

ただ、合算されない場合もあるので、JRE POINT WEBサイトにビューカードのJRE POINT番号を使いビューカードを登録するようにすればポイントが合算されます。

 

JRE POINT番号の確認の仕方は、VIEW’s NETで確認、TEL03-6685-4000でカード番号と暗証番号で確認、利用代金明細書で確認、カード券表面下部にて確認、などがあります。

*カード券面には記載のない場合があります。

 

まとめ

 

JREポイントにまとめて、JR東日本のポイントサービスを1元化したようです。

 

JREポイントのSuicaへのチャージもできるようなので、これで安心ですね。

 

あとは、ポイントサービスの充実を願うばかりです。

 

できれば、Suicaポイントのように他のポイントサービスとの変換ができるようになればいいですね。

スポンサーリンク

関連記事

夏バテ予防に食事ににんにくを使用して暑い夏を乗り切るには

    にんにくには元気が出るイメージありますね。 私

記事を読む

香典は郵送していいの その方法は 郵送する時期はいつがいいのか

    知り合いや親戚のご不幸があったときは、慰めのためにす

記事を読む

お得な航空機の予約の仕方とは、国内線と国際線についてと安さ優先の落とし穴

    昔に比べ航空券も安くなる傾向がありますが、

記事を読む

関空に滋賀から行くには、自動車と関空特急はるかの比較について

      最近は海外旅行に行く人が増えてる

記事を読む

JCBギフトカードが破損した まだ使えるのか 対応の仕方について

    紙でできたお金や金券は破損すれば、銀行や発行

記事を読む

モバイルSuicaに登録できるクレジットカード ビューカードを登録するメリットについて

    メリットの多いモバイルSuica、Andro

記事を読む

花粉症 秋に出る症状と 原因となるものや その対策について

    花粉症になると目の症状や鼻の症状がでます。 か

記事を読む

VJAギフトカードが破損した まだ使えるのか 対応の仕方について

    紙でできたお金や金券は破損すれば、銀行や発行

記事を読む

お彼岸にお供えする花の種類は 良く使われるものと長持ちするものは

    お彼岸は、毎年の「春分の日」と「秋分の日」を中日とし

記事を読む

日焼け対策に有効な食べ物はどれ、NGな食べ物とその活かし方

    昔は、小麦色の肌が流行った時期もありましたね。

記事を読む

PAGE TOP ↑