夏風邪とは、その対処法と、かからないための予防策などについて

 

 

風邪と言えば、冬の寒いときに流行するものだと思いますが、夏にもひく風邪があります。

大人がかかった場合も結構しつこい風邪なような気がします。

というのは、私はあまり夏風邪にかかったことがないのでよく知らないのですが、知り合いなどから治りにくいという話を聞くことがあります。

夏の暑いときにかかる長引く風邪は別の意味で嫌になりますよね。

大人がかかるよりも小児がかかることが多いとされている夏風邪について考えてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

夏風邪とは

原因ウイルスが高温多湿を好むので夏に流行ることが多い風邪のことを夏風邪と呼んでいます。

よく聞く病名では手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱などがありますが。

咽頭結膜熱はプールの水を介して感染することもあるのでよくプール熱とも呼ばれています。これらは小児が良くかかる夏風邪である。

手足口病やヘルパンギーナの主な原因ウイルスは エンテロウイルス、コクサッキーウイルスでプール熱の原因ウイルスはアデノウイルスである。

手足口病は、口の中や手足などに水ぶくれのような赤い発疹ができ、熱が出るときもあるという症状を呈します。

ヘルパンギーナは発熱、咽頭痛があり、口腔粘膜に発疹がみられるのが主な症状である。

プール熱は結膜炎、咽頭痛、発熱があるのが主な症状である。

手足口病やヘルパンギーナが飛沫感染や排泄物などによる接触感染によるもので、プール熱は飛沫感染や結膜などから手指を介した接触感染によるものです。

他、大人も小児もかかってしまう、夏にかかる風邪様の症状を呈するものも全て夏風邪と呼んでいるようである。

スポンサーリンク

夏風邪の対処法について

夏風邪のウイルスに効く薬は無いので、安静を保って、無理をせずに充分な栄養や水分補給をすることです、基本的に体の回復力に頼るようにしましょう。

冬と違い、夏場は寝るときに汗をかかせようとしっかり布団をかけるのはあまり良くないみたいですね、長袖の服を着せた上で。両脇、首、股を冷やすようにするほうがいいみたいです。汗はこまめに拭くようにしましょう。

しっかりケアした上でお医者さんに判断してもらって対症療法をすることが必要です。咳や発熱などの症状をどうするのがベストなのかをお医者様に考えてもらいましょう。そうすれば、多くは治っていくものですが。なかには、合併症などを併発して悪化していく場合がありますので注意を要します。その時は医師の再診察を受けるようにしましょう。また、風邪だと思っていたら結核だったということもあるので、ちゃんと医療機関にかかることも重要になりますね。

夏風邪を予防するためには

感染しそうなところを避けたり、帰宅後に手洗いとうがいをまめにすることは最低限必要でしょう。それでも感染してしまえば、これらのウイルスに効く薬は存在しないので、自身の免疫力で対抗するしかないのです。

つまりは、日ごろから免疫力を高めるようなことを習慣的にしていることが重要になります。規則正しい生活を守り、寝不足、冷たいものの過剰摂取などの自己免疫力を低下させることをしない。

また、暑いからといってエアコンの温度を下げ過ぎないように、27~28度程度の温度設定を心がければ、安眠にもつながるため良いらしい。なおエアコンは空気を乾燥させて喉の粘膜の防御能をさげてしまうことになりますから気を付けましょう。

日ごろから免疫力を高めてくれるショウガやにんにくを食することも予防につながるかもしれない。知り合いににんにくを食べるようになったら、風邪を引く回数が減ったという人がいました。夏風邪に有効かもしれないし夏風邪にかかった後でも食べればいいかもね。にんにくなんかは子供さんは食べるのを嫌がるかもしれないですが。

まとめ

風邪は冬だけのものと思わず、夏でもかかることがあるという認識をもち、感染防御や免疫力の強化維持などをはかることに気を使った上で、かかってしまえば適切な対処を行うことに努めることが求められますね。

スポンサーリンク

関連記事

抜け毛対策にはピーマンがいいの 食べる部位は そのレシピとは

    ピーマンは夏野菜で旬があるのですが、全国で気温差があ

記事を読む

セルフメディケーション税制を申請するには 医療費控除との違いは

  セルフメディケーション税制については、 「セルフメディケーション税制(

記事を読む

夏涼しい住居とは 建物の種類や構造や方角などは?暑さ対策とは

    地球温暖化が進んでいるとかで、毎年、夏の暑さがひどく

記事を読む

日光浴でビタミンDを作るには 何に注意して 時間はどれくらい

    最近は、オゾンホールの問題などから、世の中の風潮が紫

記事を読む

きのこの食毒を見分けるには?どこに聞けばいい?食中毒の現状について

    味覚の秋、食欲の秋、グルメなら自然の中で新鮮なきのこ

記事を読む

残暑見舞いとは 出す時期はいつごろで その書き方はどうする。

      暑中お見舞いを出そうと思

記事を読む

うなぎは妊娠中に食べれる?栄養バランスはどうする おすすめの食材は

        妊娠

記事を読む

酵素青汁111選セサミンプラスを毎日飲むとスッキリイキイキできる?

    みんな誰もが、毎日スッキリイキイキと過ごしたいなと思

記事を読む

うなぎを妊娠中食べてもいいの? 注意する時期は 1日摂取量は

  妊娠中は栄養をつけて、丈夫な赤ちゃんを生みましょうというふうによく言

記事を読む

ノロウイルスの予防 気を付けるべき食材と調理のしかたについて

  最近では冬場になれば、ノロウイルスが流行しているとの報道がよくありますね

記事を読む

PAGE TOP ↑