きのこの食毒を見分けるには?どこに聞けばいい?食中毒の現状について

 

 

味覚の秋、食欲の秋、グルメなら自然の中で新鮮なきのこを自分でとってきて味わいたいと思いますよね。

近所からおすそ分けでとりたてのきのこをもらえば、うれしくてすぐ食べたくなるものですが。

ちょっと待ってください。

そのきのこ、食べられるの?毒があるんじゃないの?大丈夫?

日本ではきのこは昔から良く食べられていて、最近でも健康志向のゆえに人気の食材になっていますが、おそらく素人が野山でとってきたものが原因で年間あるていどの食中毒が起きているようです。

そういうことが起きないように、願いを込めて、

きのこの見分け方とか、どこに聞けばいいのか、最近の食中毒の現状について紹介します。

 

スポンサーリンク

きのこの食毒を見分けるには

気軽に自分の手で新鮮な旬のきのこをとってきて、食べられれば最高ですが。

こときのこの鑑別には、ありとあらゆる迷信が存在しており。

素人では難しいように思います。

そんな迷信をいくつかあげてみます。

 

1)毒きのこは毒々しい派手な色をしている。

食べられるものも食べられないものにもありますから、無関係です。残念!

 

2)柄が縦にさけるきのこは食べられる。

毒きのこもさけます、食べられるきのこでさけないものもある。残念!

 

3)毒きのこを茄子と煮ると食べられる。

きのこの毒を中和できる食材はありませんし、沸騰するお湯程度では分解されません。残念!

 

4)塩漬けにして水にさらせばどんな毒きのこでも食べられる。

塩漬けして水にさらしても、残る毒があります。残念!

 

5)かじってみて変な味がしなければ大丈夫。

挑戦者ですね、お~こわ~!テングタケ類は致死的毒をもっているものでも、最初は大変美味に感じられるものがある。残念!!

 

6)ナメクジや虫が食べてるきのこは食べられる。

そんなことはありません。残念!

 

7)いい匂いがすれば食べられる。

毒きのこでもいい匂いがするものがあります。残念!

 

8)きのこの煮汁で銀のスプーンなどが黒ずめば毒きのこ。

そうとは限りません。残念!

 

きのこの専門家によれば、これらのことはほとんど根拠がなくて、単なる迷信に過ぎないと言われています。

そして、専門家でも見分けがつかないこともよくあることなので、

「1種類ずつしっかり確実に覚える」しかないそうです。

 

ちゃんとした図鑑を通して、また有識者(各地の林業試験場,博物館などの専門家のいるところ)のもとでしっかり学習するのが

見分け方を学ぶ最善の道です。

広くきのこに関して、食べられるものばかりではなく、毒のあるものや、毒はないが食用にも適さないものまで広く知識を深めたり。

どんな林に,どんな季節に,どんなきのこが出るか学習することも大切です。

(きのこは季節や産地によって成分の差が激しくなることも知っておきましょう。)

そうすれば,毒きのこの見分け方はおのずとわかってくると言われています。

また、きのこの見分け方の学習は、生で覚えると効果的なので機会があればできるだけ各地の観察会などに参加するとよいでしょう。

きのこは、地域、生える場所、気温や天候などにより、大きくその姿を変えるので、常にきのこを観察しているベテランの方でも間違える場合があるということです。

中途半端にいろいろ知って、変な自信がついてまちがいをおこさないようにしてくださいね。

 

きのこ狩りをする場合、まず、おいしくて見つけやすく、初心者でも見分けやすい種類だけをよくおぼえて、それだけを探すようにしましょう。

わかりにくいものはパスです。

そして、経験豊富なベテランに、必ず同行してもらうことですね。新鮮なうちに、直接手に取って確認してもらいましょう。

 

また、きのこは採ったあとの持ち帰りかたにも注意しましょう。(後で鑑別してもらう場合に影響するかもしれませんし、調理などがしやすくなります)

よく土をはらって、壊れないように新聞紙などにつつんで、同じ種類で分別した上で大きなカゴや紙袋に入れて持ち帰りましょう。

(ビニール袋は使わないようにしましょう、きのこが蒸れますから。)

 

 

どこに聞けばいい?

時折、近所に自称「きのこ名人」なる人がいることがありますが。

経歴とかがはっきりしてて、それなりの経験があるような有識者であればいいんですが。

そうでないときは、ちょっと待ってください。

頼るのは危険すぎるかもしれません、食べて苦しむのはあなたですから、苦しむだけで済めばいいですが、死んじゃったりすれば笑い話では済まないですから。

 

賢いと思えるお医者さんで聞こうとする人がいらっしゃいますが、よほどでない限りきのこのことは知らないでしょう、いくらお医者さんでも診療のこと以外は難しいでしょう。

 

まあ、聞くとすれば、保健所がいいかな。(公的機関は責任を持って調べてくれるでしょう。)

 

それと本業できのこを扱っている専門家、林業試験場のきのこの専門家や博物館のきのこの専門家などでしょうか。

 

保健所などに依頼してもすぐには結果がわからないので(数日かかるかも)、焦って食べることのないようにしてくださいね、自分の身は自分で守りましょう。

 

食中毒の現状について

 

野生のきのこを取ってきて食べる場合の注意点(これは他の食材にも言えることです)

 

食べ過ぎないようにする。

できるだけ生では食べない。

時間が経って古くなれば食べない。

体調が悪いときには食べない。

以前食べて調子が良くなかったものは避ける。(体質に合わないかな?)

 

もし、取ってきたきのこが食べられるものであっても食べ方の注意を怠ると食中毒になることもあります。

そういう面でのケアもしておいてくださいね。

 

1年にどれくらいの食中毒の件数があるのでしょうか。

人により症状の程度が違うことがありそうなので、実際は食べてたのに、ちょっとおかしいなとか思うくらいで医者にも行かない場合もあるでしょう。もしかしたら実際の報告よりも多いかもしれませんね。

まあ、データーがないと大まかなことが言えないので公的機関のデーターを参考にします。

スポンサーリンク

 

厚生労働省の食中毒統計によれば、きのこによる食中毒は2011年から2015年までに年間24~57件報告されています。(患者数は85~166人)

期間としては、やはり9月と10月に多いようですね。

都道府県で見れば、山形、新潟、滋賀、京都、山梨、埼玉に多いようです。(保健所への届け出による集計です)

 

2016年の状況は、

きのこによる食中毒42件、患者数110人だったようです。

都道府県別では

都道府県名 食中毒件数 患者数
北海道 5 12
青森県 1 2
岩手県 2 2
宮城県 1 2
秋田県 1 4
山形県 7 18
福島県 3 4
茨城県 3 10
栃木県 1 4
群馬県 1 3
新潟県 7 20
石川県 1 3
滋賀県 1 2
大阪府 1 2
兵庫県 3 5
鳥取県 1 2
岡山県 2 3
広島県 1 12

月別では

期間 食中毒件数 患者数
8月 1 4
9月 8 16
10月 27 76
11月 6 14

 

2016年は年間で42件。

 

期間はやはり9月と10月が多めです。(秋が旬だからね)

 

都道府県で見れば、北海道、山形、新潟で多かったようです。

 

これらの情報から言えることは

 

きのこの食中毒年間に数十件あり、

期間としては9月10月に多い傾向がある。

ということですか、

 

9月10月に多い傾向は、近くに山などがあるところで、

旬の時期に野山でとって、おいしいきのこが食べたいと思う人が多いからでしょう。

旬でない他の季節はスーパーにたくさん並んでいる栽培ものを食べるので、素性の知れたきのこが出回ることになりますから、

中毒なんて起こらないのでしょうね、起これば死活問題ですからね。

 

都道府県別では2016年が少し違うデーターが出たので

参考と言うことにします。

 

最近、注意喚起されているきのこが2種あります。

 

*カエンタケ

カエンタケは赤やオレンジ色しています。ブナやナラなどの木に手の指がはえているように発生します。

毒性が非常に強く、触るだけでも皮膚が炎症を起こし、食べると死亡する危険性があります。

 

*スギヒラタケ

スギヒラタケは8月~10月ごろ、松や杉などの切株や倒木に、扇形の白いきのこが重なってはえています。

かつては食用として認知されていましたが、近年、スギヒラタケを食べたことが原因とみられる急性脳症の事例がたくさん報告されています。

詳細はまだわかっていないですが、安全のためスギヒラタケは食べないようにしておきましょう。

 

<主な毒きのこ>

カエンタケ
カキシメジ
クサウラベニタケ
シロタマゴテングタケ
スギヒラタケ
タマゴタケモドキ
ツキヨタケ
テングタケ
ドクササコ
ドクツルタケ
ドクヤマドリ
ニガクリダケ
ニセショウロ
ネズミシメジ
ハイイロシメジ
ヒカゲシビレタケ
ヒメアジロガサ
ベニテングタケ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の毒きのこ増補改訂 (フィールドベスト図鑑) [ 長沢栄史 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/10/10時点)

 

楽天で購入

 

 

 

まとめ

秋になると、美味しいきのこが食べられると思い、旬の新鮮なきのこを野山にとりに出かけると思いますが、食べられるきのこと食べられないきのこの識別は意外と難しそうです。シメジに良く似た毒きのこもあるようなのでよくよく確認しないとだめですね。

しっかりした専門知識と長い間きのこを識別する経験を持った人に頼るのならいいのですが、自称名人などを信じて中毒を起こすことにならないようにしてください。

現実的な話としては、保健所に鑑定してもらうのが一番簡単で手っ取り早くて安心かなと思います。

スポンサーリンク

関連記事

VJAギフトカードが破損した まだ使えるのか 対応の仕方について

    紙でできたお金や金券は破損すれば、銀行や発行

記事を読む

喪中の期間の職場での対応の仕方 一般的な忌引きの期間とは

    突然やってきた、身内の不幸。 &nbs

記事を読む

関空に滋賀から行くには、自動車と関空特急はるかの比較について

      最近は海外旅行に行く人が増えてる

記事を読む

ノロウイルスの予防 気を付けるべき食材と調理のしかたについて

  最近では冬場になれば、ノロウイルスが流行しているとの報道がよくありますね

記事を読む

子供の便秘が水分不足が原因の時 1日に与える水分量と方法について

    お子さんが便秘になることは、よくあることですね。

記事を読む

あさりは貧血に効果的? 含まれる成分と 1日に食べる量は

      私は味噌汁や赤だしの具ではあさり

記事を読む

青魚の動脈硬化の予防に役立つ成分 効果的にするには 食材について

      青魚に含まれるあるものが生活習慣

記事を読む

マラソンの練習はどうしたらいい 効果的な方法は そのための道具は

    健康ブームで、ある時期からマラソンをする人が増えまし

記事を読む

ロードサービスとは お得に済ませるための考察 おすすめのものについて

    自家用車を運転している時に、急に車が動かなく

記事を読む

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券とは 実用性は?代替え案は?

    昔、よく青春18きっぷを使われていた人に言わせる

記事を読む

PAGE TOP ↑