妊娠中の鉄分の必要量 どんな食材がいいの 摂取する際の注意点など

 

 

 

鉄はヘモグロビンやミオグロビンを構成していて、

肺で受け取った酸素を全身の細胞に送り届けたり、

血液中の酸素を筋肉に取り込んだりするのに役立っています。

肝臓や脾臓、骨髄にはいつも適正な量が蓄えられていて、

ヘモグロビンやミオグロビンを作るのに不足するとそこから補給されます。

妊娠すると胎児の成長とともに鉄分が必要とされるため、

通常よりも多めに摂取する必要が出てきますが。

その必要量はどれぐらいで、どんな食材を摂るのがいいのか、摂取する際の注意点などを紹介します。

 

スポンサーリンク

妊娠中の鉄分の必要量

 

妊娠中というのは月経がないので、鉄分がたくさん失われることがないのを前提としてます。

 

15歳未満で妊娠というのはまずないとして、15~69歳の推定平均必要量と推奨量に妊娠中であることを加味した数値を加算して、妊娠初期と中期・末期の推定平均必要量と推奨量を示します。

推定平均必要量(mg) 推奨量(mg)
妊娠初期 7.0~7.5 8.5~9.0
妊娠中期・末期 17.5~18.0 21.5~22.0

赤血球の寿命は約120日ですが、鉄分は体内で効率よくリサイクルされていて、排泄などにより失われる量は1日にせいぜい1mgと言われています。

これを補う量を摂取すればいいのですが、妊婦の場合はこの量に胎児の発育に必要な分が加算されます。

その加算された値をそのまま摂取量とすると、鉄は吸収率が低いため必要量に足りなくなります。

ですので、必要量が摂取できるように、表示されている数値は何倍もの値が摂取量として示されています。

 

どんな食材から摂ればいい

 

動物性食品中のヘム鉄と植物性食品中の非ヘム鉄があり。

 

ヘム鉄は吸収されやすく、非ヘム鉄は吸収されにくいとなっています。

 

前者の吸収率が10~20%、後者が2~5%となっていますが、非ヘム鉄は必要状態に左右され妊娠中は吸収率が高くなるとも言われていています。

 

以下に多く含まれる食材などの100g当たりと1食当たり(g)の含有量を示します。

スポンサーリンク
食材 鉄(mg)/100g 鉄(mg)/1食(g)
豚レバー 13.0 3.9(30)
鶏レバー 9.0 3.6(40)
鶏ハツ 5.1 3.1(60)
牛ヒレ肉 2.8 2.2(80)
丸干しイワシ 4.4 2.2(50)
カツオ 1.9 1.5(80)
あさり 3.8 1.5(40)
シジミ 5.3 1.1(20)
レンズ豆(乾) 9.4 2.8(30)
厚揚げ 2.6 2.6(100)
豆乳 1.2 2.2(180)
糸引き納豆 3.3 1.7(50)
ほうれんそう 2.0 1.6(80)
小松菜 2.8 2.2(80)
菜の花 2.9 1.5(50)
ひじき(乾) 55.0 2.8(5)
がんもどき 3.6 3.6(100)
おたふく豆 5.1 1.8(35)
カシューナッツ 4.6 0.7(15)
ピスタチオ 3.0 0.45(15)
アーモンド 2.9 0.43(15)
ごま 9.9 0.1(1)
卵黄 6.1 1.1(18)
岩のり 48 4.8(10)
パセリ 8.0 0.4(5)
鴨肉 4.25 3.4(80)
精白米 0.07 0.1(150)
玄米 0.53 0.8(150)

ひじきの55mgは製造に鉄釜使っている場合の値で、最近主流のステンレス釜では6.2mgのようです。

 

ご飯を玄米に変えるだけでも、1日に食べる量も多いので鉄の吸収には助けになりますね。

 

ビタミンA(レチノール)のこともあるのであまりレバーには頼らない方がいいかもです。

 

ビタミンA(レチノール)の摂りすぎは良くないので。

 

摂取する際の注意点など

 

食事から鉄分を摂るぶんには、吸収率が低いことや必要以上に吸収されないようなしくみもあるので気にすることはないのですが、

サプリメントや医薬品から過剰にとり続けるときは過剰症に気を付けないといけません。

ちゃんと医師などに相談の上、使用されるようにしてください。

過剰に摂取すると便秘や胃腸障害、肝機能障害などがみられることがあります。

 

食物繊維、豆類に多いフィチン酸、お茶やコーヒー、赤ワインなどに含まれるタンニンは非ヘム鉄の吸収を妨げます。

できれば、摂取時間を変えましょう。

 

ほうれんそうに含まれるシュウ酸は鉄の吸収を妨げます、お湯でさっとゆでて調理しましょう。

 

ビタミンCは鉄の吸収を助けます、肉類に含まれる成分も吸収を促進するようです。非ヘム鉄と一緒に摂ると吸収が促進されます。

 

現在ではフッ素樹脂加工フライパンなどが多いですが、できれば鉄製の中華なべで調理される方が鉄分がよく摂れるようです。

場合によっては、100g当たり1mgのプラスになる場合もあるとか。

よく、昔、お母さんとかが釘を入れて調理していたのを見たことがあります、あれはそういうことだったのですね。

 

まとめ

健康な母親から健康な赤ちゃんが生まれます。

毎日の食生活を充実したものにすることで大事な鉄分を補給していきましょう。

できれば、サプリメントなどに頼らずに新鮮な食材より鉄分を補給したいですね。

私の情報があなたの参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

関連記事

滋賀から東京に行く 昼間の高速バスを利用する 所要時間や料金について

    滋賀県から東京に行くには新幹線が一番楽なよう

記事を読む

風邪対策としての食事の考え方は栄養バランスと空腹に注目する

    寒くなると風邪が流行りだしますね。寒さだけでは風邪に

記事を読む

メルカリのトラブル 商品が届かない場合の対処と予防策について

  これからはCtoCの時代と言われ、メルカリの会員数が伸びていったのは

記事を読む

そうめんをヘルシーに食べる その栄養素と おすすめレシピとは

      夏の暑い盛りに、自然豊かな高原で

記事を読む

花粉症対策としての生活習慣の見直しと食事の内容の検討

    花粉症になる人は、毎年増えていると思います。マスクを

記事を読む

喪中や忌中の時期における神社とお寺の参拝の是非について

    身内に不幸があったときに、悲しみにくれて喪に

記事を読む

喪中の時に予定していた旅行はどうする?神社などへのお参りはどうなの

    楽しみにしていた旅行、突然の身内の不幸で喪中

記事を読む

JCBギフトカードが破損した まだ使えるのか 対応の仕方について

    紙でできたお金や金券は破損すれば、銀行や発行

記事を読む

介護保険での住宅改修 支給対象となるものとその範囲について

    高齢者になって定年を迎えて以後も健康で元気な

記事を読む

疲労回復には鶏むね肉が良いの その成分と 食べるときの注意点など

    仕事のプロジェクトが山場を迎え、毎日が残業の連続にな

記事を読む

PAGE TOP ↑