熊野古道で初心者におすすめ 大阪から日帰りコースと詳細について

 

 

 

熊野古道は世界中から注目されています、そのおかげでその地域は活性化し、外国からの個人の観光客を呼び寄せて観光が順調のようです。

ただ、地元の努力があっての好調です、いろいろととりくまれているようです。

 

そんな熊野古道に行きたいけど、ちょっと敷居が高いなと思っているあなたに、初心者でも行けるおすすめな大阪からの日帰りコースを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

熊野古道で初心者におすすめ

 

日ごろからあまり歩かないので、なおさら山道は疲れる、道に迷うかもと不安なあなた。

 

そんな初心者でも参加しやすいところが和歌山県の田辺市にあるんです。

 

その場所は、中辺路の「発心門王子」から「熊野本宮大社」のコースであります。

 

上り下りの少ない、初心者でも歩きやすいコースなんです。

 

このコースは整備が行き届いています、バス停や休憩所、トイレがどこにあるかも「熊野古道めぐり地図帳(英日版あり)」に詳しく書かれています。

 

田辺市が発行したおかげで、まず迷わないでしょう。

 

緊急電話の場所も書かれているのは安心ですよね。

 

おまけに自販機の位置やコースの特徴(見どころ、高低差、距離、所要時間など)も詳しく書かれているんです。

 

これを手にして行けば安心じゃないでしょうか。

 

初心者のあなたでも参加のハードルが下がることうけあいです。

 

なお、「完歩証明付の中辺路押印帳」と「共通巡礼手帳」のスタンプラリーもあります。

 

記念に残せるので完歩証明付というのがうれしいですね。

 

「共通巡礼手帳」って、実は「熊野古道」はスペインの巡礼地「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」と協定関係にあるんです、そこと共通で楽しめるのです。

 

「完歩証明付の中辺路押印帳」「共通巡礼手帳」は紀伊田辺駅のすぐ横に田辺市観光センターがありますからそこで買ってくださいね。

 

1冊100円くらいだったような。「熊野古道めぐり地図帳(英日版あり)」もそこにあります。

 

昼の食事はやはり熊野古道でお弁当というのが人気です。

 

自宅から持っていってもいいです。

 

ですが、ここは1つ熊野古道弁当なるものを予約して食べてみるのも乙なものです。

 

熊野本宮大社鳥居前に配達してもらうとかできますから。

 

熊野本宮大社には11:45くらいに持ってきてもらうことが可能です。11:50くらいにバスが鳥居近くに着きますから受け取りやすいですね。

熊野古道2段竹かご弁当      1150円

熊野古道2段竹かご弁当(お茶付き)1250円

熊野古道弁当の予約はこちら⇒ http://www.kumano-travel.com/index/ja/action_ContentsDetail_Detail/id70

利用当日の10日前より受け付けています。

 

大阪から日帰りコース

 

新大阪駅から紀伊田辺駅までは特急くろしおで約2時間10分。

 

天王寺駅から紀伊田辺駅までは特急くろしおで約1時間50分。

 

紀伊田辺駅から路線バスで発心門王子まで約2時間20分。

 

発心門王子から熊野本宮大社まで歩きで休憩込みで約3時間。

 

熊野本宮大社から紀伊田辺駅までは約2時間。

 

なので、

新大阪駅からの所要時間(昼食や往復の移動時間も含む)はおよそで

阪・・2+2.3+3+2+2+1=12.3時間

(天王寺からは-20分)

これを見ると朝早くから移動が必要なのがわかりますね。

スポンサーリンク

 

その詳細について

 

まず、紀伊田辺駅までを考えましょう。

 

大阪

新大阪駅始発の特急くろしおが7:33なのでそれに乗ります。

 

天王寺駅では特急くろしおが7:59(平日)か7:54(土日祝)なのでそれに乗ります。

 

すると紀伊田辺駅に9:58分に着きます。

 

 

あとは紀伊田辺駅からの旅程をまとめて示します。

 

まず、駅の隣にある田辺市観光センターに行き。

 

欲しければ「熊野古道めぐり地図帳(英日版あり)」や「完歩証明付の中辺路押印帳」「共通巡礼手帳」などを手に入れます。

 

それぞれ100円くらいかな。

 

10:15になったら熊野本宮大社方面行きのバスが、センターの前あたりのバス停から出発するので乗車します。

 

熊野本宮大社に11:50に着きますから、(熊野古道弁当を頼んだ場合はその近くの鳥居前で受け取ってください。)

 

12:00発の発心門王子行のバスを待ちます。

 

そしてそのバスに乗ると12:15に発心門王子に到着です。

 

ここから熊野本宮大社に向けて熊野古道を歩きます、休みなしなら2時間くらいで行けます。

 

途中に休憩所などで休みを入れながら3時間くらいで行くようにします。(途中で弁当を食べるようにします)

 

もし早めに着けるようであれば、14:53の紀伊田辺駅行きのバスに乗ることを考えてみましょう。

 

ゆっくりするなら、次のバスは16:28ですから熊野古道でゆっくりするか、熊野本宮大社でゆっくりするなどして時間を調整してください。

 

まあ、タクシーでも2時間くらいですから15:30くらいに出発できれば17:39の特急くろしおには間に合うでしょう。

 

なお16:28は最終バスですから、乗り遅れないようにしてくださいね。

 

16:28のバスに乗れば、18:50に紀伊田辺駅に到着し、最終の新大阪駅行きの特急くろしお19:56に乗ることになります。

 

天王寺駅には21:51に着きます。

 

新大阪駅には22:06に着くことになります。

 

もし、熊野本宮大社で14:53のバスに乗れれば、17:15に紀伊田辺駅に着くので、

 

17:39の京都駅行きの特急くろしおに乗れますから天王寺駅に19:52に着きます。

 

新大阪駅には19:34に着きます。

 

 

運賃など

新大阪駅から紀伊田辺駅まで特急くろしお(指定席)は5470円

紀伊田辺駅から路線バスで発心門王子までは2520円(熊野本宮大社で乗り換えたとき)2290円(乗り換えなし)

熊野本宮大社から路線バスで紀伊田辺駅までは2060円(ちなみにタクシーなら6000円以上はかかるでしょう)

 

まとめ

大阪から日帰りで熊野古道に行くには、7:00には起きる必要がありますね。帰りも22:06になることもあるので、ほぼ一日使うようになります。

 

おすすめの歩きやすい熊野古道を楽しむことができます。一度はチャレンジしてはいかがでしょう。

 

よければ熊野古道のガイド団体のブログを見てください。

ガイド団体のブログ⇒Kumano Trek

 

参考記事⇒熊野古道の中辺路に大阪から日帰りで電車で行く ルートと交通手段は

参考記事⇒熊野古道で初心者におすすめ 京都から日帰りコースと詳細について

参考記事⇒熊野古道で初心者におすすめ 神戸から日帰りコースと詳細について

参考記事⇒熊野古道の天空の宿 なぜ外国人に人気あるの 交通アクセスについて

スポンサーリンク

関連記事

熊野古道へ関空から電車で行く 日根野から紀伊田辺 紀伊田辺からは

春の息吹が感じられる時期や秋の紅葉が綺麗な時期は、 日本全国からや、諸外国から熊野古道

記事を読む

関空より熊野古道に行くには 空港リムジンバスは JRとの比較は

      日本国内からでも、外国からでも熊

記事を読む

東京から熊野古道に行く 飛行機で行く その詳細について

    世界遺産として有名な熊野古道に行ってみたいと

記事を読む

羽田空港から熊野古道に行く 新幹線で行く場合 その詳細について

    熊野古道には再生・よみがえりがある。 &nbs

記事を読む

熊野古道から羽田空港に行く 新幹線で行く場合 その詳細について

      熊野古道で心身をリフレッシュして

記事を読む

熊野古道の中辺路に大阪から日帰りで電車で行く ルートと交通手段は

    熊野古道は世界遺産です。 だから1度は行ってみ

記事を読む

熊野古道で初心者におすすめ 神戸から日帰りコースと詳細について

      熊野古道が世界遺産に登録されたこ

記事を読む

熊野古道で初心者におすすめ 京都から日帰りコースと詳細について

      熊野古道が世界遺産に登録され、い

記事を読む

熊野古道の天空の宿 なぜ外国人に人気あるの 交通アクセスについて

      熊野古道の中辺路は人気のスポット

記事を読む

羽田空港から熊野古道に行く 飛行機で行く場合 その詳細について

  世界遺産として有名な熊野古道に来たい外国人は増えてきています。 &

記事を読む

PAGE TOP ↑