不動産の等価交換方式とは その課税の仕方とその特例について

 

 


マンションやビルなどを建設するにあたり土地を取得はキモになる場合があります。

 

でもその土地取得を容易にするうまいやり方の1つに等価交換方式というのがあります。

 

このやり方を使えば、土地所有者もデベロッパーもお互いにメリットをもたらすことになります。

 

不動産の等価交換方式とは その課税の仕方とその特例について解説します。

 

スポンサーリンク

不動産の等価交換方式とは

土地の有効利用システムの一つに「等価交換方式」というのがあります。

 

例えば、あなたが良い立地条件のところに土地をもっているとします。

 

これを知った不動産関連の業者は何とか安く購入することを考えるでしょうが。

 

もし、あなたが住居を求めているとしたら、その業者があなたの土地の上にマンションを建てたとして、その部屋のうちいくつかを譲り受けることで土地の価値に見合った部屋数との交換で話がつく場合があると思います。

 

このような土地の生かし方を「等価交換方式」といいます。

 

特に、まだまだ開発が必要な、住居が求められている地域には、条件次第で課税においての優遇がなされています。

 

その課税の仕方について

 

等価交換方式だと表面上は何も金銭の授受がおきていないので、課税がなされないような感じがしますが、

 

たとえこのような場合でも、原則的には課税がなされますので注意してください。

 

金銭抜きにした交換の場合でも、基本的には自分の所有物をいったん売却し、その代金で新しい別のものを購入したと考え、その売却益には課税されることになります。

 

しかし、一定の条件を満たす交換の場合は、特例が設けられています。

 

その特例について

 

計算上の金銭のやり取りがないような場合には、納税も困難とみなし特例が設けられています。

スポンサーリンク

 

以下の条件を全て満たす場合には譲渡がなかったものとして課税はされません。

 

1)交換しようとする資産が、1年以上所有したものであること。(交換を前提にして購入したものでないこと)

 

2)交換しようとする資産が同じ種類の資産であること。

土地と土地、土地と借地権、建物と建物

 

3)交換した資産を交換前と同じ用途に使うこと。

土地の場合の用途:宅地、田畑、山林など、建物の場合の用途:居住用、店舗用、工場用など。

 

4)交換する資産の価格差がどちらか高い方の20%以内におさまること。

 

 

また、人口が集中しているような既成市街地域は、住宅を中高層化して住宅を確保する必要から特例が設けられています。

 

(1)特定民間再開発事業の用に供するための土地建物(不動産業者が所有し、棚卸資産となるものを除く)をその上に建設された中高層耐火建築物(地上4階以上の耐火建築物)と交換した場合。

 

(2)既成市街地等にある土地建物(規模が特定民間再開発事業の用に供するものでないもの)をその土地の上に建築された一定の耐火共同住宅と交換した場合。

 

(1)(2)の場合で、

交換した土地の実際に売れた価格>取得した建築物の価格、となった場合は超えた部分について譲渡所得税が課税されます。

 

交換した土地の実際に売れた価格≦取得した建築物の価格、となった場合は譲渡所得税は課税されません。

 

要は実際に交換によって金銭をもらう形になった場合(儲かった場合は)は課税されるということです。

 

まとめ

 

所有する資産を等価交換方式で有効利用した場合に、一定の条件が満たされれば、譲渡所得税は発生しません。

 

また、住宅を確保する必要があるところなどは、より条件が緩和されて譲渡所得税がかからない場合があります。

 

住宅が必要とされている地域に、開発がより円滑に進むように、このような優遇策があるのです。

スポンサーリンク

関連記事

株の配当を受け取る 大口株主と非上場株式の場合とその課税処理について

    一般の投資家では、1つの株式に対して、それほ

記事を読む

株式の相続 第三位の相続人しか残っていない場合 その時の注意点について

    遺産を相続することになり、非相続人が株式を保

記事を読む

配偶者控除とは 控除の対象となる配偶者の範囲と配偶者控除額について

    独身者と違い、結婚している者は配偶者を養う義

記事を読む

相続時の限定承認の場合の申述 その費用や必要書類 そのやり方について

    相続とは、被相続人の財産に関するすべての積極

記事を読む

上場株式等の配当および譲渡所得等で、有利な課税方式を所得税や住民税で自由に選択できるようになってます。2017年度税制改正より。

  以前は、申告不要制度、申告分離制度、総合課税のどれかを選択すると

記事を読む

給与収入から所得税を求める 計算方法と実質税率が20%の給与収入とは

      サラリーマンは必要経費が

記事を読む

相続時精算課税制度とは その適用対象者と税額の計算について

      事業を営んでいたりしてる

記事を読む

相続財産に借金がある場合 受け取らないことができる?内容について

    亡くなった人に遺産以外にも債務があることがわ

記事を読む

消費税とは 課税対象はどんなもの 非課税取引とその詳細について

    今では世界140以上の国や地域で採用されてい

記事を読む

居住用財産の共有 その時の売却の特例とは 認められない場合について

    人生で一番大きな買い物と言えば住宅が思い浮かびま

記事を読む

PAGE TOP ↑