クリスマスのおやつにアイシングクッキー 材料の購入と作り方について

 

 

日本ではクリスマスは1大イベントになっています。

 

ただ、クリスマスの楽しみ方は人それぞれであるのも事実です。

 

簡単にクリスマスを楽しむためにクッキー作りに挑戦してはいかがですか。

 

クリスマスのおやつにアイシングクッキー 材料の購入と作り方について紹介します。

 

スポンサーリンク

クリスマスのおやつにアイシングクッキー

 

クリスマスといえばサンタクロース、トナカイ、クリスマスツリー、クリスマスケーキなどを思い浮かべます。

 

各業界はクリスマスの時期にはいろんなイベントを企画しますから。

 

イベントは多種多様にわたり、たくさんの方がそんなイベントに参加することになるようです。

 

でも、なかにはイベントなんか参加しなくてもいい、独自の楽しみ方で過ごそうと考える人もいます。

 

そんな人のために、自宅でのクリスマス用アイシングクッキー作りを提案したいと思います。

 

クリスマスケーキなら少し大変そうに思えてもアイシングクッキーならまだ作ることができるかもと思えますね。

 

アイシングクッキーは日持ちがするので、作った後で食べるのが惜しいくらいかわいいとなっても、そのままビニール袋に入れて持ち歩いたりすることができます。

 

かわいい持ち物として鑑賞することができますね。

かわいい作品に心癒されることになります。

 

小さな透明の小袋に入れて友人などにプレゼントとして配っても喜ばれるでしょう。

 

材料の購入

 

アイシングクッキーを作ることになれば、まず材料の購入になります。

 

11月下旬ごろになるとスーパーなどでもクリスマスコーナーなどを展開していて、その中で売られていることもあります。

 

100均でも時期が近付けば売られていることがあります。

 

材料といっても、製菓材料、作るための便利な道具、ラッピング用品などいろいろ必要になります。

 

製菓材料

 

アイシング用クッキーミックス(クッキーミックスはアイシングクッキー用に型抜きがしやすい、甘さ控えめ、表面が凸凹しないなどの条件をそなえたものになります。)

 

粉糖、乾燥卵白、アイシングカラ―(この3つでアイシングクリームは構成されています。)

 

粉糖と乾燥卵白を混ぜ合わせたアイシング(シュガー)パウダーというのが売られています。

 

もともと水を加えると色が着いてるもの(アイシングカラー入り)もありますから、お好みの色のものをそろえれば、あとは水を加えるだけです。

 

アラザン(銀色の粒状の甘みがあるもの)、トッピングシュガーなどのデコレーションアイテムを使えばより装飾の幅がひりがります。

 

 

便利な道具

 

リング付めん棒

クッキー生地を均一に伸ばすためのもの、リングが付いている(均一な隙間ができる)ので使いやすいです。

 

クッキー型

クッキーを焼く前に簡単に形を整える(型抜き)ことができます。モミの木や雪の結晶、サンタさん、トナカイ、ツリー、スノーマンなどの型を揃えればクッキー作りはおてのものになります。

 

コルネ

アイシングクリームを充填してクッキーに文字や装飾を施すために便利なもの、ケーキ屋さんでクリームを絞って装飾している風景を見ることがあるでしょう。

 

ヘラ

アイシングクリームの形などを整えるのに便利です。ステンレス製のパレットナイフなどがいいかも。

 

マスキングテープ

アイシングクリームなどが着かないようにマスクするテープ。あれば便利かも。

 

ピンセット

細かい装飾をするためにあれば便利な物。

 

 

ラッピング用品

 

OPPシート

コルネ作りやラッピングにも使える、ちょうどよいサイズのフィルム。

 

これらは全てそろえる必要がないです、状況に応じてそろえてください。

 

作り方について

 

まず、土台となるクッキーつくりです。

 

アイシング用クッキーミックスを使えば簡単に作ることができます。

 

いろんなところで売られていると思います。(100均、スーパーなど)

 

これを使って、説明書の指示通りに作ります。

 

生地を伸ばすときはリング付きめん棒を使えば楽ですよ。

 

 

伸ばした生地をクッキー型で型抜いてから焼いて出来上がりです。

 

 

作ったら冷めるまで置いておきます。その間にアイシングクリームの作成です。

 

 

アイシングクリームは色付きのアイシングシュガーパウダーを使えば簡単に作れます。

 

アイシングクリームは粉糖に卵白を混ぜ合わせ作るのですが、ちょっとテクニックがいるようです、アイシングシュガーパウダーを使えばテクニックいらずで作れます。

 

色付きであれば、色素を加え混ぜる作業がいらないので、水を加えコルネに入れれば装飾の準備は出来上がりです。

 

 

 

 

などがネットでも売られています。

参考にしてください。

 

水の加え加減でアイシングクリームの硬さを調整します。

 

やわらかめは水を多く、硬めは水を少なくします。

 

やわらかめは大きい装飾に使い、硬めは細かい装飾や文字のために使います。

(水の量はアイシングシュガーパウダーにより違いますから、それぞれで調節してください)

 

水を加えてから、ツヤがでるまでよく混ぜ合わせ、色毎にコルネに充填して使います。

 

 

コルネやヘラ、マスキングテープなどを使ってクッキーにアイシングクリームの装飾をします。

 

装飾が終われば、乾燥させるのに半日~1日かかります。

 

乾燥して固まればアイシングクッキーの出来上がりです。

 

まとめ

クリスマスにイベントを楽しむのも良いですが、アイシングクッキーを作って家でのんびり過ごすのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑