iPhoneにApple Watchを連携させる Series3を使うには 設定方法について

 

 

金のApple Watch Editionが伊勢丹のオンラインで販売されていたとかいう噂がありました。

 

なんとそれが100万円オーバーだったのが数万円で販売されていて、即完売だとか。

 

どうだろね、18K素材らしいけど、あまり時計に興味がない人にはどうでもいい話かもね。

 

2017年の9月にApple Watch Series 3が販売され話題になっていましたがどうでしょう。

 

iPhoneにApple Watchを連携させる Series3を使うには、設定方法について紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneにApple Watchを連携させる

 

iPhoneにApple Watchを連携させるといろんな機能が使えます。

 

Apple Watchは連携させないとただの時計になり下がります。

 

Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)は携帯電話通信機能が内蔵されているのでまだましですが、他の機種だと連携しないと高い時計がもったいないです。

 

電池消費の激しい値段の高い腕時計なんていらないですよね。

 

せっかく購入したんですから連携しましょう。

 

Series3を使うには

 

Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)との連携には最新バージョンのiOSを搭載したiPhone6以降の機種が必要になります。

(Apple Watch Series 3(GPS)以前のモデルとの連携には最新バージョンのiOSを搭載したiPhone5s以降が必要になります。)

 

そのiPhoneはBluetoothがオンでWi-fiまたはモバイルデータ通信のネットワークに接続されている状態である必要があります。

 

設定方法について

 

以下設定の手順です。

 

Apple Watchの電源を入れて、Appleロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続けます。

(電源が入らない場合は、充電されていない場合がありますので確認してください。充電できないときにはケーブルやアダプタを確認してください、充電器のプラスチックのシールのはがし忘れの場合もあるので注意です)

パスコードの入力も要求されればします。

 

Apple WatchとiPhoneを近づけますと「iPhoneを使用してこのApple Watchを設定」というメッセージがしばらくしてiPhoneに表示されます。

表示されない場合は、Apple Watch Appを開いて「ペアリングを開始」をタップします。

表示されれば、「続ける」をタップします。

 

次にiPhoneに出たのカメラのファインダーの枠内の中央にApple Watch の文字盤を写しましょう。

それに反応して、しばらくするとApple Watchのペアリングが終わったとのメッセージがiPhoneに表示されます。

カメラが使用不能なら「Apple Watchを手動でペアリング」をタップして、表示に従ってすすめてペアリングします。

 

続いて、Apple Watchを、左右どちらかの手首に装着するかを聞かれるので選択しましょう。

スポンサーリンク

その後、利用規約を確認し、「同意する」をタップします。

 

次に、Apple IDのパスワードの入力画面が表示されますので、パスワードを入力してサインインしてください。

表示が出ない場合は、Apple Watch アプリを開いてサインインします。

「一般」⇒「Apple ID」の順にタップしてサインインできます。

Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)では、携帯電話番号が必要な一部の機能は、iCloudにサインインしないと使えません。

iPhoneで「iPhoneを探す」を設定していない場合は、アクティベーションロックを有効にするように案内されます。

「iPhoneを探す」を設定すれば自動的にアクティベーションロックが有効になります。

アクティベーションロックの画面が表示される場合、Apple WatchはApple IDに関連付けられていますので、

新しく設定するには前のペアリングを解除してアクティベーションロックを外す必要があります。

設定されているiPhoneをApple Watchを近づけiPhoneのApple Watch アプリを開いて「Apple Watchとのペアリングの解除」をしましょう。

手順は、「マイウォッチ」をタップ⇒「Apple Watchの名前」をタップ⇒「i」マークをタップ⇒「Apple Watchとのペアリングの解除」をタップ(Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)では「(キャリア)プランを削除」をタップ)⇒Apple IDのパスワードを入力する。

 

次に、位置情報サービス、経路追跡、Siriについて設定できます。(SiriがiPhoneで設定されていなくてもこの設定で有効になります)

設定後に、Apple Watchに、iPhoneと共有されている設定内容が表示されます。iPhoneで「iPhoneを探す」、位置情報サービス、Wi-fi通話、診断を有効にしている場合にはApple Watchでも有効になります。

 

Apple Watchのパスコードは設定しなくてもいいですが、Apple Payなどの機能を使う場合には必要です。

パスコードはiPhoneで「パスコードを作成」または「長いパスコードを追加」をタップしてから、Apple Watchに切り替えて新しいパスコードを入力します。作成しない場合は「パスコードを追加しない」をタップします。

また、Apple Payについても、カードを追加して設定するように案内がでます。

 

機能の設定を続けます、SOS、アクティビティApp、モバイルデータ通信(Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)の場合)、これらのほかにApple Watchに対応したアプリをインストールできます。

 

その後デバイスの同期に時間がかかることがあります。しばらくiPhoneとApple Watchを近づけたままにしておきましょう。

チャイムが鳴り、Apple Watchで優しくタップされた感じがしたら、Digital Crownを押してください。

さあ、Apple Watchを使い始めましょう。

 

まとめ

 

Apple WatchとiPhoneをペアリングしていると、iPhoneに届いたメールのことや、1日のアクティビティについて、表示板で知らせてくれます。

 

どうせ購入したのなら、ペアリングは必須でしょう。

 

高い時計ですから有意義に使いましょう。

スポンサーリンク

関連記事

iPhone8Plusを購入 格安SIMで使うには mineoでiPhone6SPlusからの場合について

    最近ではiPhoneXR・XSのコマーシャル

記事を読む

ガストでiPhoneを使う Free Wi-fiのつなぎ方 注意点について

    再上場を果たしたすかいらーく、株主優待でガストに

記事を読む

大規模災害に使える無料Wi-Fiとは その内容と設定方法について

    大規模災害が発生した時に、その地域に親族など

記事を読む

iPhoneの容量不足 容量無駄使いの見直しとおすすめのアイテムについて

    iPhoneを長く使っていると、アプリもたく

記事を読む

電車などをどう乗り継ぐかを連絡する 何を使うのが良いか その方法について(iPhone)

    iPhoneなどのスマホを持っていると、友達

記事を読む

ブックマークレットでiPhoneのサファリをパワーアップ その設定について

    iPhoneのサファリにブックマークでいろん

記事を読む

スマホのアップデート iOS端末(iPhone)をアップデートする 方法と注意点(2019年)

    スマホのOSも使い勝手が良いように逐次改善さ

記事を読む

5Gとは 4Gと比べてどうなの 速度、容量、接続、遅延などについて

    携帯電話の通信規格は進化が激しかったが4Gは

記事を読む

iPhoneで携帯と連絡先交換 スムーズに交換するには その設定について

    携帯(ガラケー)からiPhoneを持つことに

記事を読む

セブンイレブンのフリーWi-fi セブン スポットとは 登録と接続、繋がらない時の注意点について

    スマホなどの情報機器を使いこなす時代において

記事を読む

PAGE TOP ↑