iPhoneにApple Watchを連携させる Series3を使うには 設定方法について

 

 

金のApple Watch Editionが伊勢丹のオンラインで販売されていたとかいう噂がありました。

 

なんとそれが100万円オーバーだったのが数万円で販売されていて、即完売だとか。

 

どうだろね、18K素材らしいけど、あまり時計に興味がない人にはどうでもいい話かもね。

 

2017年の9月にApple Watch Series 3が販売され話題になっていましたがどうでしょう。

 

iPhoneにApple Watchを連携させる Series3を使うには、設定方法について紹介します。

スポンサーリンク

Contents

iPhoneにApple Watchを連携させる

 

iPhoneにApple Watchを連携させるといろんな機能が使えます。

 

Apple Watchは連携させないとただの時計になり下がります。

 

Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)は携帯電話通信機能が内蔵されているのでまだましですが、他の機種だと連携しないと高い時計がもったいないです。

 

電池消費の激しい値段の高い腕時計なんていらないですよね。

 

せっかく購入したんですから連携しましょう。

 

Series3を使うには

 

Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)との連携には最新バージョンのiOSを搭載したiPhone6以降の機種が必要になります。

(Apple Watch Series 3(GPS)以前のモデルとの連携には最新バージョンのiOSを搭載したiPhone5s以降が必要になります。)

 

そのiPhoneはBluetoothがオンでWi-fiまたはモバイルデータ通信のネットワークに接続されている状態である必要があります。

 

設定方法について

 

以下設定の手順です。

 

Apple Watchの電源を入れて、Appleロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続けます。

(電源が入らない場合は、充電されていない場合がありますので確認してください。充電できないときにはケーブルやアダプタを確認してください、充電器のプラスチックのシールのはがし忘れの場合もあるので注意です)

パスコードの入力も要求されればします。

 

Apple WatchとiPhoneを近づけますと「iPhoneを使用してこのApple Watchを設定」というメッセージがしばらくしてiPhoneに表示されます。

表示されない場合は、Apple Watch Appを開いて「ペアリングを開始」をタップします。

表示されれば、「続ける」をタップします。

 

次にiPhoneに出たのカメラのファインダーの枠内の中央にApple Watch の文字盤を写しましょう。

それに反応して、しばらくするとApple Watchのペアリングが終わったとのメッセージがiPhoneに表示されます。

カメラが使用不能なら「Apple Watchを手動でペアリング」をタップして、表示に従ってすすめてペアリングします。

スポンサーリンク

 

続いて、Apple Watchを、左右どちらかの手首に装着するかを聞かれるので選択しましょう。

その後、利用規約を確認し、「同意する」をタップします。

 

次に、Apple IDのパスワードの入力画面が表示されますので、パスワードを入力してサインインしてください。

表示が出ない場合は、Apple Watch アプリを開いてサインインします。

「一般」⇒「Apple ID」の順にタップしてサインインできます。

Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)では、携帯電話番号が必要な一部の機能は、iCloudにサインインしないと使えません。

iPhoneで「iPhoneを探す」を設定していない場合は、アクティベーションロックを有効にするように案内されます。

「iPhoneを探す」を設定すれば自動的にアクティベーションロックが有効になります。

アクティベーションロックの画面が表示される場合、Apple WatchはApple IDに関連付けられていますので、

新しく設定するには前のペアリングを解除してアクティベーションロックを外す必要があります。

設定されているiPhoneをApple Watchを近づけiPhoneのApple Watch アプリを開いて「Apple Watchとのペアリングの解除」をしましょう。

手順は、「マイウォッチ」をタップ⇒「Apple Watchの名前」をタップ⇒「i」マークをタップ⇒「Apple Watchとのペアリングの解除」をタップ(Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)では「(キャリア)プランを削除」をタップ)⇒Apple IDのパスワードを入力する。

 

次に、位置情報サービス、経路追跡、Siriについて設定できます。(SiriがiPhoneで設定されていなくてもこの設定で有効になります)

設定後に、Apple Watchに、iPhoneと共有されている設定内容が表示されます。iPhoneで「iPhoneを探す」、位置情報サービス、Wi-fi通話、診断を有効にしている場合にはApple Watchでも有効になります。

 

Apple Watchのパスコードは設定しなくてもいいですが、Apple Payなどの機能を使う場合には必要です。

パスコードはiPhoneで「パスコードを作成」または「長いパスコードを追加」をタップしてから、Apple Watchに切り替えて新しいパスコードを入力します。作成しない場合は「パスコードを追加しない」をタップします。

また、Apple Payについても、カードを追加して設定するように案内がでます。

 

機能の設定を続けます、SOS、アクティビティApp、モバイルデータ通信(Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)の場合)、これらのほかにApple Watchに対応したアプリをインストールできます。

 

その後デバイスの同期に時間がかかることがあります。しばらくiPhoneとApple Watchを近づけたままにしておきましょう。

チャイムが鳴り、Apple Watchで優しくタップされた感じがしたら、Digital Crownを押してください。

さあ、Apple Watchを使い始めましょう。

 

まとめ

 

Apple WatchとiPhoneをペアリングしていると、iPhoneに届いたメールのことや、1日のアクティビティについて、表示板で知らせてくれます。

 

どうせ購入したのなら、ペアリングは必須でしょう。

 

高い時計ですから有意義に使いましょう。

スポンサーリンク

関連記事

iPhoneでYouTubeの動画再生 通信量浪費を避ける その対処法について

    iPhoneで動画を再生すると大量の通信量を

記事を読む

iPhoneの写真がパソコン(PC)で見れない、なぜ、解決の方法について

最近、iPhoneで撮影した写真がパソコン(PC)に取り込んだら見れないという事象に

記事を読む

無料Wi-fiの危険性とは それを解決する方法と設定の仕方について

  スマホの契約がパケホーダイなどでないときは、通信量の上限が気にな

記事を読む

ブックマークレットでiPhoneのサファリをパワーアップ その設定について

    iPhoneのサファリにブックマークでいろん

記事を読む

ファミリーマートのフリーWi-fiとは 登録と接続、繋がらない時の注意点について

    みんながスマホなどの情報機器を持っている時代

記事を読む

iPhoneでの通信量節約 自宅ではWi-fi使用 設定の仕方について

    iPhoneなどのスマホを使うときの悩みに通

記事を読む

iPhoneのデータをPCに保存する 何を使ってする? その方法について

    自分がもっているiPhone6SPlusのデ

記事を読む

iPhoneを紛失したらどうする そのための備えと 設定について

    スマホを持ち始めると、これまでの生活がいろん

記事を読む

新幹線でWi-FiをiPhoneで使うには 料金体系や設定の仕方について

    新幹線で遠くへ移動するときは、長い時間をもて

記事を読む

外出先でエクセルを使う iPhoneで使うには PCとのデーター共有について

    マイクロソフトのエクセルは表計算ソフトとして

記事を読む

スマホ決済アプリで納税をスムーズに!メリットと選び方ガイド

税金の納付がスマートフォン決済アプリで可能になり、場所や時間を問わ

PayPayでスマートに自動車税を支払う完全ガイド: 無料で手軽にキャッシュレス決済

自動車税の支払いが年に一度の重要な負担となっていますが、最近の

USBを使用してPCからiPhoneに動画を転送する方法

iPhoneに動画を転送する方法はいくつかありますが、今回はP

スマートEXを活用してスマホだけで新幹線に乗る完全ガイド

近年、スマートフォンを使用した新幹線の予約と乗車が可能になり、

TikTok Lite活用法:使い方&特典獲得のコツとTikTokとの違いについて

TikTok Liteは、人気の動画共有プラットフォームTik

→もっと見る

PAGE TOP ↑