iPhoneへCDの音楽を入れるには、音楽の取り込みでiTunes利用やそれ以外について

 

 

iPhoneを所有した人は、自分のiPhoneにお気に入りの音楽を入れておきたいと思います。

 

私もiPhone6SPlusからiPhone8Plusに機種変更してからも、できれば音質の良いCDからお気に入りの音楽を入れたいと思っています。

 

iPhoneへCDの音楽を入れるには、iTunesを使う方法とそれ以外の方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

iPhoneへCDの音楽を入れる

 

CD以外ならiTunes Storeで直接に音楽を購入したり、AppleMusic、LINE MUSIC、Spotifyなどを利用することができます。

(AppleMusic、LINE MUSIC、Sportifyなどは月額の会費を払えば聴き放題になります、もちろんダウンロードしてオフラインでも曲を再生できます。)

*「Music Box」という無料音楽アプリという選択肢もあるようですが、ちょっとグレーかなと思えます。

しかしApple Storeでアプリがあるのでどうなのでしょう?

 

持っているCDから音楽をiPhoneに入れたいということにフォーカスして今回は説明します。

 

CDからiPhoneに入れるなら通常はiTunesを使うのが普通です。

 

ただ、iTunesでiPhoneへCOの音楽を入れるには、パソコン(WindowsかMac)が必要になります。

 

人によっては、iPhoneを持っていてもパソコンは持っていない人もいるでしょう。

 

iPhoneはいろい便利なので、中には、持っているパソコンを廃棄したり、他の誰かに譲ってしまった人がいるようです。

 

そんな人は、CDからiPhoneへ入れられなかったようですが、今は、別の方法で可能になっています。

 

iTunesを使う方法(パソコン使用)とiTunes以外を使う方法を解説します。

 

iTunesを使う方法

 

まず、パソコンにiTunesがインストールされている必要があります。

 

Macなら最新バージョンがmacOSと一緒にインストールされています、もしアップグレードがまだならアップグレードしてからiTunesを起動しましょう。

 

Windowsではインストールする必要があると思います。

こちらから↓

iTunesを今すぐダウンロード・Apple

すでにインストールしていれば、随時アップデートの催促がきていますからアップデートしておきましょう。

 

 

1)パソコンのiTunesを起動します。

 

 

2)パソコンに音楽CDを入れます。

 

 

3)iTunesでCDをインポート(取り込み)します。

 

インポートの設定画面で「インポート方法(ファイル形式)」「設定(音質)」などを設定して、「OK」をクリックするとインポートが開始されます。

 

取り込みが終了したら「取り出し」アイコンをクリックすることでCDを取り出します。

 

 

4)iTunesからiPhoneに音楽を転送します。

 

パソコンとiPhoneを接続ケーブルで接続します。

 

iTunes画面左上に表示される「iPhone」アイコンをクリックして、iPhoneの設定画面を表示します。

 

設定画面のTunesの設定欄の「ミュージック」を選択し「ミュージックを同期」にチェックしどういう内容を転送するかを選択します。

 

右下にある「適用」をクリックすると指定した音楽が転送されます。

 

 

5)転送が完了したら、iTunes画面のiPhone「取り出し」アイコンをクリックして、接続を解除します。(接続ケーブルを抜きます)

 

 

6)iPhineの標準音楽プレイヤーで取り込んだ音楽を再生します。

 

 

iTunes以外を使う方法

 

iTunes以外の方法とは、パソコンを使う代わりにあるアイテムが必要になります。

 

それは「I-O DATAのCDレコ」というアイテムです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IOデータ CDRI-LU24IXA スマートフォン用CDレコーダー
価格:11286円(税込、送料無料) (2019/3/4時点)

楽天で購入

 

 

このアイテムはiTunesやパソコンなしでできる優れモノです。

 

製品付属のケーブルをiPhoneとつなぐだけで、機器にセットしたCDの音楽をiPhoneに簡単に取り込めます。

 

 

 

また、ケーブルではなくてWi-Fiでつないでできる機種もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IODATA(アイオーデータ)/CDRI-W24AIW [スマートフォン用CDレコーダー]
価格:8980円(税込、送料無料) (2019/3/4時点)

スポンサーリンク

楽天で購入

 

 

 

 

5GHz(11ac)対応のWi-Fiならこちらが高速でCDを取り込めます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IOデータ CDRI-W24AI2BL スマートフォン用CDレコーダー 「CDレコ」 アイスグレー
価格:11293円(税込、送料無料) (2019/3/4時点)

楽天で購入

 

 

こちら2つなら、Wi-Fi環境が必要になります。

 

それぞれのCDの取り込み時間の比較、iPhone7での60分のCDの取り込み時間の目安。

 

ケーブルタイプ :約4分

Wi-Fiタイプ   :約6分

Wi-Fiタイプ(高速):約4分

 

ケーブルをつなぐのが面倒でなければケーブルタイプでいいでしょう。

 

iTunesでCDを取り込むよりも簡単でスピーディーにできます。

 

 

ケーブルタイプもWi-Fiタイプも、つなぐ前に、Apple Storeから「CDレコ」と検索し、CDレコアプリ(無料)をインストールする必要があります。

 

インストールしてからケーブルかWi-FiでiPhoneとCDレコをつなぎます。

 

それぞれの簡単設定を済ませれば(ケーブルは通信許可、Wi-Fiは設定画面での選択)CDの取り込みができます。

 

iTunesで取り込んだ曲なども全て同じようにCDレコアプリで再生ができます。

 

CDレコアプリは本格的な音楽再生アプリで、

 

曲名は自動取得、

リピート再生、

シャッフル再生、

プレイリスト機能(曲順自由設定可)、

Air Play対応(Bluetoothアクセサリーなど使用可)、

歌詞機能(再生中に歌詞を表示)、

CDブックレット機能(アーティスト情報などを表示)

など充実しています。

 

ただ、もともとあるiPhoneの標準音楽プレイヤーではCDレコで取り込んだ音楽は再生できないので注意してくださいね。

 

まとめ

 

パソコンよりも安い値段でCDレコは購入できるので、パソコンを特に必要としないなら、CDレコだけで安く簡単にスピーディにCDをiPhoneに取り込めるようになります。

 

操作も使い心地もいいのでお得ですね。

 

少しの面倒をいとわず、パソコンをすでに持っているのなら、iTunesを使う方法でCDが取り込めます。

スポンサーリンク

関連記事

iPhoneの容量不足 容量無駄使いの見直しとおすすめのアイテムについて

    iPhoneを長く使っていると、アプリもたく

記事を読む

iPhoneで大事な予定などを管理する 何を使うのか その設定について

    現在ではいつも携帯しているスマホなどで、いろ

記事を読む

外出先でエクセルを使う iPhoneで使うには PCとのデーター共有について

    マイクロソフトのエクセルは表計算ソフトとして

記事を読む

iPhoneのバッテリー交換 Apple正規サービスプロバイザとは 滋賀でできるとこ

    iPhoneを長く使っていると、思いのほか電

記事を読む

iPhoneを紛失したらどうする そのための備えと 設定について

    スマホを持ち始めると、これまでの生活がいろん

記事を読む

iPhoneのホーム画面でのアプリの整理 うっかり削除を防ぐ その設定について

    iPhoneを長く使っていると、アプリもホー

記事を読む

電車などをどう乗り継ぐかを連絡する 何を使うのが良いか その方法について(iPhone)

    iPhoneなどのスマホを持っていると、友達

記事を読む

iPhoneでテキストファイルを編集するにはどんなアプリを使えばいいか

    普通のパソコンならメモ帳でテキストファイルを編集

記事を読む

iPhoneでの自動補正 余計な文字入力の変更を防ぐ その方法について

    iPhoneを使っていると勝手に修正をかけて

記事を読む

自宅でiPhoneを使う 通信料金節約と高速通信する その方法について

    iPhoneの通信料を抑えるのはユーザーすべ

記事を読む

PAGE TOP ↑