土用の丑の日にうなぎを食べるのはなぜ、栄養価と食べ合わせについて

 

 

うなぎと言えば、夏に疲労回復で食べることが多いですよね。

なぜかそんなイメージがついてます。

土用の丑の日とかみんなが良く食べてますね。

私はどちらかというと回転ずしで食べることが多いですが。

土用の丑の日と言えばうなぎですが、どうしてうなぎを食べるようになったのか、

実際にうなぎの栄養とはどうなのか、食べ合わせはどうしたらいいのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

土用の丑の日とうなぎの関係

中国の五行思想のなかに万物は火・水・木・金・土の5種類の元素からなっていてそれを敬うというものがあります。この火・水・木・金・土が現在の暦の元になっていて、昔は火用の〇〇の日というように月日を呼んでいました。つまり土用の丑の日というのもあったわけです。土用というのは立春・立夏・立秋・立冬の前日までの18~19日間のことを指し、実は4期間もあるのですが、現在使われている土用の丑の日の一般的な土用というのは立秋の前の18~19日間のことをいいます。

丑の日というのは日にちを数えるときに十二支が使われていて、子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兔(う)・・・のように日付けも並んでいます。12種類あるので18~19日間では1回のときもあれば2回あるときもあるのです、それで最初の丑の日を一の丑、次にある丑の日を二の丑と呼んでいます。2017年の一の丑は7月25日、二の丑の日は8月6日となっています。

もともとは土用は土の気が盛んになるので、田畑などを耕したり殺生をしないでおくようにとされていて、丑の日には田畑を耕していた水牛などを休ませる日となり土と牛にちなんで、黒いものを食べるという習慣があったという説もあり。それで黒い野菜や黒い魚を食する日となったとも言われています。その黒い魚のなかにうなぎもありました。なぜ、現在は、うなぎだけがクローズアップされたのかにはいろんな説があるらしいですが。

平賀源内の説が有名で、知り合いのうなぎ屋が、旬を過ぎておいしくないのでうなぎが売れない、どうしたらいいか源内に相談したときに「土用の丑の日うなぎの日 食すれば夏負けすることなし」という風に宣伝することをすすめたらしい、すると、そのうなぎ屋が繁盛するようになって、他のうなぎ屋もまねるようになって、土用の丑の日のうなぎが定着するようになったという説があります。

うなぎの栄養価は

うなぎを1尾225gとすれば、カロリーは574kcalで、100g当たり255kcalになります。脂質は多めで43.43g、たんぱく質は38.48g、炭水化物は0.68gである。多めの脂質も主な成分は不飽和脂肪酸で比較的体に良くて、尚且つ、その中に老化防止や動脈硬化に良いDHAやEPAも含んでいるのです。

ビタミンも以外に豊富です。特にビタミンAとDかな、あとビタミンB1・B2・B6・B12・E・パントテン酸・ナイアシン・ビオチンなども含まれています。ビタミンCと葉酸は少なめですね。ミネラルはカルシウム・リン・亜鉛などが多く含まれていて、少なめなのはナトリウム・マンガン・鉄・銅ですね。

スポンサーリンク

ビタミンA・D・Eは脂溶性ビタミンなので過剰に摂取するのは避けた方がいいので、うなぎ1尾で1日の推奨量を超えていることを考えると、食べ過ぎには注意した方がいいです。特に妊婦さんは注意してね。あと脂質が多めだから高脂血症や高血圧の人は食べ過ぎを控えた方が良いかもしれないですね。

主に含まれるビタミンとミネラル

ビタミンB122.4ug3.5ug

成分名 成人男子の1日推奨量 うなぎ100g当たり 許容上限摂取量
ビタミンA 750ug 2400ug 3000ug
ビタミンD 5ug 18ug 50ug
ビタミンE 8mg 7.4mg 800mg
ビタミンB1 1.4mg 0.37mg
ビタミンB2 1.6mg 0.48mg
ナイアシン 15mg 3mg 300mg
ビタミンB6 1.4mg 0.13mg 60mg
葉酸 240ug 14ug 1000ug
パントテン酸 6mg 2.17mg
ビオチン 45ug 6.1ug
ビタミンC 100mg 2mg
ナトリウム 3000mg 74mg
カリウム 3000mg 230mg
カルシウム 800mg 130 2500mg
マグネシウム 340mg 20mg
リン 1000mg 260mg 3000mg
7mg 0.5mg 50mg
亜鉛 10mg 1.4mg 40mg
0.9mg 0.04mg 10mg
マンガン 3.5mg 0.04mg 11mg
ヨウ素 131.5ug 17ug 2200ug
セレン 25ug 50ug 224.4ug
モリブデン 20ug 5ug 459ug

厚労省の基準による。

うなぎは何と食べるといいの

夏の土用の日に食べるには、やはり夏バテから回復したいという願望があると思えるので、疲れをとるにはうなぎには少ないビタミンCを添えるのがいいと思います。

なので、ピーマン、芽キャベツ、ゴーヤ、レッドキャベツ、モロヘイヤ、ししとうがらし、ブロッコリー、カリフラワー、ゆず、レモン、柿、キウイフルーツ、いちご、パパイヤなどがおすすめです。

例えば、ブロッコリーとミニトマトにゆずとレモンで味付けしたサラダでもいいかもね。

まとめ

土用の丑の日にうなぎを食べることになったのはこんないきさつがあったんですね、まあ、実際にうなぎには栄養もあるのだから問題はないですね。でも、もっと美味しくうなぎを食べられるのが秋から冬にかけてだったなんて、知りませんでした。最近では、夏の土用だけでなく他の土用の丑の日にもうなぎを食べる習慣を作ろうとする動きがあるらしいです。

まあ、旬の冬に食べるのは試してみたいですけどね。なんでも食べ過ぎは良くないので、ほどほどに美味しく食べるようにしたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

母の日のプレゼントは、社会人になった息子は何をどうすればいい?

      親のありがたみを身にしみて感じる

記事を読む

母の日のプレゼント 花以外で贈るのが多いもの おすすめについて

    毎年、5月の第二日曜が近づくと、母の日のプレ

記事を読む

エイプリルフールとは いろいろな起源説と日本における歴史について

    4月1日にユーモアあふれる嘘をついたことがあ

記事を読む

京都から行く滋賀でのサイクリング レンタサイクルとおすすめコース

    風を切って走るのが気持ちいい季節になると、 サ

記事を読む

中秋の名月に食べるもの その意味とおすすめなものは

  お月見の時期にはみなさんはどうされていますか。 中国では唐

記事を読む

ゴールデンウィークを有意義に過ごす方法はバーベキュー?

    5月の大型連休、ゴールデンウィーク、家族サービスを考

記事を読む

お歳暮とは お中元との違いと 熨斗書きについて

    早いもので、あっという間に1年は過ぎていきます。

記事を読む

こどもの日のプレゼント おもちゃ以外で多いもの おすすめについて

    こどもの日はこどもの成長を祝う日です。

記事を読む

母の日に義母へのプレゼントはどうすればいいの、おすすめは?

    母の日、5月の第2日曜日にあります、立場によっていろ

記事を読む

滋賀の夏のデートスポット おすすめの交通機関は その詳細について

      夏にはいろんなイベントがいっぱい

記事を読む

PAGE TOP ↑