そうめんをヘルシーに食べる その栄養素と おすすめレシピとは

 

 

 

夏の暑い盛りに、自然豊かな高原で趣味のスポーツを楽しむことが通例になっていたころ、毎年そこを訪れると、ネットで知り合ったその地域の人々がスイカなどと一緒に、よくそうめんをふるまってくれたのを思い出します。

スポーツをして汗を流した後に食べるそうめんのおいしさは格別で、大変満足して帰路についたものです。

あの頃のそうめんの味は忘れがたいですね。

また、機会があれば食べたいなと思うのですが。

そうめんはさっぱりとした喉ごしの良い食感からは、想像ができないのですが、意外と高カロリーらしく、スポーツなどをしてカロリーをたくさん消費していなければ、太る原因になってしまいます。

そうめんをヘルシーに食べるにはどうすればいいのか、その栄養素や、おすすめなレシピについて紹介します。

 

スポンサーリンク

そうめんをヘルシーに食べるには

スポーツを楽しんでいたころに、よく腹いっぱいに食べていたそうめんですが、スポーツをほとんどしていない今ではそうめんを食べるには注意が必要です。

ご飯1膳(160g)のカロリーが269kcalなのに対し、そうめん1人前(乾麺で100g分、ほぼ2束)のカロリーは343kcalです。ご飯よりもカロリーが高いということを念頭においてください。

その上、暑い最中にあの冷たいのどごしですから、よく噛まずに食べることになり満腹感が得られないままついつい食べ過ぎになることもあり得ます。

そうめんつゆをかけるだけでも、ツルツルとおいしく食べられるので、それだけになってしまうこともありますね。

そうなれば、そうめんにはそれほど栄養素がないため、健康を考えて、そうめんの他に加える具などで栄養素を補う必要があります。

また、暑い夏場には冷たいそうめんが気持ちよくてはしもすすみがちですが。体を冷やすことは、代謝を下げることにもなり、カロリーを溜めこむことにもなりかねないので避けたいところです。内臓が冷えるのも良くないですから。

 

そうめんの栄養素は

ここでご飯(160g)とそうめん(乾麺として100g分、ほぼ2束)の比較をしておきます。

スポンサーリンク
ご飯(160g) そうめん(ほぼ2束)
カロリー 269kcal 343kcal
たんぱく質 4g 9.45g
脂質 0.48g 1.08g
炭水化物 59.36g 69.66g
ビタミンE 0.27mg
ビタミンB1 0.03mg 0.05mg
ビタミンB2 0.02mg 0.03mg
ナイアシン 0.32mg 0.54mg
ビタミンB6 0.03mg
葉酸 4.8μg 5.4μg
パントテン酸 0.4mg 0.68mg
ビオチン 0.8μg 1.08μg
ナトリウム 1.6mg 229.5mg
カリウム 46.4mg 13.5mg
カルシウム 4.8mg 16.2mg
マグネシウム 11.2mg 13.5mg
リン 54.4mg 64.8mg
0.16mg 0.54mg
亜鉛 0.96mg 0.54mg
0.16mg 0.14mg
マンガン 0.56mg 0.32mg
セレン 1.6μg 16.2μg
クロム 2.7μg
モリブデン 48μg 8.1μg

そうめんにはビタミンEやクロムが含まれているがビタミンB6が含まれていない。というのがご飯との主な差ですね。

そうめんのビタミンやミネラルの栄養素は全体的に1日に必要な量としては少なめで、ミネラルのセレンやモリブデンだけが1日量に近い値を含んでいます。

すなわち、ビタミンやミネラルとしては栄養価は低めであると言えます。水を使った調理ではほとんどが流出してしまうためこの辺を補うものを摂らないといけないみたいです。

 

そうめんのヘルシーなおすすめレシピ

そうめんが似合う夏場なら、温かいトマトそうめんを提案します。

 

温かいトマトそうめん

材料(1人分)

そうめん:1束

トマト:1個

椎茸:1個

ネギ:5cmくらい

かまぼこ:数枚

卵:1個

水:400cc

ほんだし:小さじ半分

塩:小さじ半分

 

1)トマトは半分はみじん切りで残りは好きな大きさに切る。ネギは斜め切り、椎茸、かまぼこは薄く切ります。

2)そうめんを固めにゆで、ザルで流水でもみ洗い、水気を切ります。

3)鍋に水400cc、ほんだし小さじ半分、塩小さじ半分を混ぜて入れ、それにみじん切りトマトと斜め切りのネギを入れ火にかけます。沸騰すればかまぼこと椎茸を入れ煮ます。

4)それから卵を溶きほぐして入れたら、そうめんと残りのトマトを入れます。

5)後に入れたトマトが温まったら出来上がりです。

 

まとめ

夏場に良く食べるそうめん、健康を考えれば、あえて温かくして食べる方が良いと思います。紹介したレシピは1例ですので、他に良さそうな温かレシピがあれば試してみてくださいね。

できれば、タンパク質、食物繊維、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2に注目して栄養バランスが整ったものを考えることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

Apple Payの利用開始によりSuicaが交通系ICカードで最も便利になりました。

  、     Suicaは交通系IC

記事を読む

オウム病とは、その予防と治療、そして健康な妊娠・出産のためには

    ペットの愛らしい姿などがネット上でもてはやされ、さも

記事を読む

ロードサービスとは お得に済ませるための考察 おすすめのものについて

    自家用車を運転している時に、急に車が動かなく

記事を読む

洗濯物を部屋干しするときに臭う場合の対処法とは

    私は、1人暮らしなので、洗濯物をベランダに出さずに、

記事を読む

青魚が動脈硬化の予防に役立つの どんな成分で 代用できる他の食材は

      以前より健康ブームで青魚が見直さ

記事を読む

鼻うがいは健康にはおすすめ ちょっとやってみたら良かった やり方と効果について

      プールで泳いだときに、鼻に水

記事を読む

酵素青汁111選セサミンプラスを毎日飲むとスッキリイキイキできる?

    みんな誰もが、毎日スッキリイキイキと過ごしたいなと思

記事を読む

夏風邪とは、その対処法と、かからないための予防策などについて

    風邪と言えば、冬の寒いときに流行するものだと思います

記事を読む

喪中はがきへの対応 マナーとタイミングなどについて

    喪中はがきは、突然やってくることもあります。

記事を読む

日光浴でビタミンDを作るには 何に注意して 時間はどれくらい

    最近は、オゾンホールの問題などから、世の中の風潮が紫

記事を読む

PAGE TOP ↑