キャンプ用にLED照明を探し太陽光パネルシステムで使ってみました

 

 

 

毎年、8月ごろにキャンプに参加しています。

大学時代の友人がマメに主宰してくれているキャンプ&バーベキューイベントは楽しいもので、もう数年は続いています。

 

続いて行くうちに、みんなの持ってくる設備がグレードアップしつつあるのでそれも楽しみの1つです。

 

私は数年前ほどから、キャンプ用でLED照明を探し太陽光パネルシステムを使ってキャンプの明かりとしています。

その内容について紹介します。

 

スポンサーリンク

キャンプ用にLED照明を探しました

 

ネットで電子部品などを販売している秋月電子通商さんで電球型LEDモジュール(完成品)が売られていたので購入しました。

秋月電子通商の商品ページ URL:http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-04459/

こういうものです。

バッテリーの充放電コントローラーの端子に直接つなげられる12V用のものです。

なぜ12Vなのかは次の太陽光パネルシステムのところで話します。

明るさは、270ルーメンです。

 

60Wの昼白色のLED電球で800ルーメンくらいなので。約3分の1の明るさですか。

 

キャンプの時に周辺を照らすくらいならいいと思います、テーブルの上だけ限定なら充分のような気がします。

 

1個900円なんで3つ買って分配して照らせばテントの周りは明るくなるでしょう。

1個あたりの消費電力は3.8Wですから3つつなぐと11.4Wになります。

60Wの昼白色のLED電球で8Wとかですから3個だと少し多く消費します。

 

使った太陽光パネルシステムは

毎回使っている太陽光パネルシステムは太陽工房さんのvioletta solargearのVS12です。

 

太陽工房 モバイル太陽電池 バイオレッタ ソーラーギア VS12 URL:http://www.violetta.com/japanese/hanbai/hanbai_vs12.html

 

ただ、私が購入したのは数年前のことなので、全く同じものはもうありません。

今はDC-ACインバータ、充放電コントローラー、太陽光パネルが新しくなっていますね。

 

私が買ったのは、30.5W太陽光パネル(VS12-M30PL)1個と12V,20A電池格納部(VS12-B20LA)1個です。

VS12-B12LAの構成:充放電コントローラー(SHS-6L)1個、3WAYインバーター(200W)1個、AGMディープサイクルバッテリー(240.0Wh(12.0V 20.0Ah))1個。

私が最初に買った構成では30.5W太陽光パネルは固いパネルでしたが、

今は太陽光パネルは、出力の一番大きいのを除いては、全て日本製フレキシブル型球形シリコンパネルになっています。

ふにゃっと柔らかいパネルです。

 

 

後に60WのB1サイズの安全な日本製フレキシブル型球形シリコン太陽電池パネルを1つ追加購入しています。

こちらです↓

スポンサーリンク

 

ですので、30Wと60Wのパネルを使っているということです、電池格納部には2つパネルをつなげることができるようになっています。

 

今販売されているシステムで一番近いのはVS12-M30SF-B20LASですね。

私のものと違う点は、

*30Wのパネルがシリコン製であること。(やらかい)

*インバーターが倍の400Wに対応していてDC5VのUSB端子が1つ増えていて正弦波であること。

*充放電コントローラーが夜間自動運転機能を備えたDC12V端子を備えていること。

です。

新しい方がいいですね。値段は新しい方が2000円高いだけです。

 

インバーターが正弦波になったのは良いことです、私のは擬似正弦波だったのでスイッチを入れるだけで電気が無駄に浪費されるようです。

 

LED照明を使うに当たってはどれもそれほど影響するものがないですね。しいて言えば正弦波くらいですか。

 

家電量販店で売られているLED電球をなぜ使わなかったか、それは充電池のもちを良くするためです。

普通は60WのLED電球、E26の口金用のソケットを買ってきてインバーターの100Vのコンセントから給電すればいいと思いますよね。

でも、前述のように擬似正弦波なためにインバーターを使うとロスが生じるため、使わない方法を考えたんです。

(実は最初は60WのLED電球をE26の口金用のソケットにはめて使っていたのです)

それがコントローラーの12V端子か5V(USB)端子につなぐことだったのです。

そして、いろいろLED照明を探すと、上記の12Vの照明を探し出せたので使うことになりました。

これが照明を選んだ経緯です。

 

ただ、直接バッテリーにつなぐと、電気がなくなるまで使い尽くされてしまう恐れがあるので、そうしないようにしましょう。

なぜかというと、あまり空になるまで使いすぎるとバッテリーの劣化が早くなるのです。

 

実際キャンプで使用すると

太陽光パネル30Wと60Wで電池に給電すると1日中晴れていることが必要かな。

その中で、太陽の方向に逐次調整しなくてはならず、かなり面倒で手が取られますよね。

直射日光を良い角度で当てて5時間ほどしっかり充電する必要を感じます。

片方の30Wパネルを60Wのにグレードアップすれば(60WX2)もっと短い時間で充電できるでしょう。

一番でかい90Wを2枚だともっと楽になるでしょう。

 

実際使うと、LED電球1個ではもう少し明かりがほしいなと思うかもしれません。やはり3個使う方がいいと思います。

 

理論上240Whの電池は3.8WのLEDを3個=11.4Wを何時間輝かせることができるかですが。

 

あくまで使い切ることが前提だったら240÷11.4=約21時間使用できることになります。

でも、これだと、ディープサイクルバッテリーあと何回使えることになるやら?(自動車の普通のバッテリーだともう使えなくなります)

 

このディープサイクルバッテリーなら、

75%使って500回充放電可能で、

50%使って650回充放電可能で、

30%使って1500回充放電可能です。

 

おそらく、50%くらいでLED照明を使うのをやめれば、240X0.5÷11.4=約10時間

もっとバッテリーを長く使うつもりでは、30%とすれば、240X0.3÷11.4=約6.3時間になります。

30%使うようにすれば、実際は他のロスもあるでしょうから。5時間くらいが関の山でしょう。

 

まとめ

ちゃんと充電するのに60Wのパネル2枚を使い、もっと容量のある電池につなげば、もっと余裕をもって運用ができるでしょう。

これをヒントにしていただいて、あなたなりのシステムを考えてみてはいかがでしょうか。

発電容量のある90Wのパネルを2枚使えば、それほど日当たりを気にしなくても充電ができますよね。

スポンサーリンク

関連記事

子供に使える虫よけは 年齢別の利用は 効き目を含めた提案について

    グローバル化が進むことや、地球温暖化により、

記事を読む

日焼け対策に有効な食べ物はどれ、NGな食べ物とその活かし方

    昔は、小麦色の肌が流行った時期もありましたね。

記事を読む

暑中お見舞いとは 出す時期はいつごろで その書き方はどうする。

    梅雨が明けて、夏らしい太陽が照り始めると、そ

記事を読む

夏バテ解消にカリウムが役立つとき、食べる食品、注意点など

    夏になると、気温が上がり湿度が高くなる日が続くことも

記事を読む

海外で要求される住所証明書 何を使う 手数料と所要日数について

  海外でFX業者や仮装通貨取引所などを利用するときに要求される書類

記事を読む

青魚の動脈硬化の予防に役立つ成分 効果的にするには 食材について

      青魚に含まれるあるものが生活習慣

記事を読む

日光浴で快眠ができるの 浴びるときに注意すること 時間はどれくらい

      太古から太陽とともに歩んできた人

記事を読む

ごま油でオイルプル 簡単にできる歯の健康習慣 効果のあるやり方とは

    海外セレブも絶賛している歯の健康習慣にオイル

記事を読む

疲労回復には鶏むね肉が良いの その成分と 食べるときの注意点など

    仕事のプロジェクトが山場を迎え、毎日が残業の連続にな

記事を読む

VJAギフトカードが破損した まだ使えるのか 対応の仕方について

    紙でできたお金や金券は破損すれば、銀行や発行

記事を読む

PAGE TOP ↑