iPhoneを紛失したらどうする そのための備えと 設定について

 

 

スマホを持ち始めると、これまでの生活がいろんな意味で変わっていきます。

 

私はiPhone6SPlusを持っているのですが。

もう手放せないです。

もしiPhoneが紛失したらすごく焦るでしょう。

 

そんなときのために、

iPhoneを紛失したらどうしたらいい、そのためにどんな備えをするのか、その設定を紹介します。

 

スポンサーリンク

iPhoneを紛失したらどうする

 

iPhoneを長く使っていると、カメラで撮った写真、知り合いからのメールや友人などの連絡先など個人情報がどんどん蓄積されていきますね。

 

そしていろんな便利なアプリがあるので、iPhoneに設定し使い続けていると、もう手放せないほど大事になっていきます。

 

もうスマホなしの生活に戻れません。

 

そんなときに、うっかりどこかに忘れたとかでどこに置いたかわからなくなると、便利なものを失った不便さと、個人情報が流出しないかという不安がよぎります。

 

そのための備えとは

 

iPhoneを使っていると個人情報などが溜まっていくので、失ったときの被害は甚大になります。

 

iPhoneにこうした時のためのいくつかの機能が備わっています。

1)GPSを使ってiPhoneの位置を知らせる機能

2)遠隔操作でiPhoneからサウンドを鳴らせる機能

3)遠隔操作でiPhoneの画面にメッセージを表示する機能

4)iPhoneにあるすべての情報を消せる機能

 

これらの機能を使うには事前にiCloudサービスが提供する「iPhoneを探す」という設定が「オン」になっている必要があります。

 

「iPhoneを探す」という設定が「オン」になっていれば、

 

iPhoneを紛失しても、PCやMacからAppleの「iCloud.com」のページにアクセスして

 

*iPhoneの現在位置が確認できます。

 

*「サウンド再生」をしておおまかな場所の特定をすることができる。

 

*「紛失モード」を選んで連絡先の電話番号とメッセージを入力してその内容をiPhoneの画面に表示させて誰かが見つけてくれる確率を高められます。

 

*また、最後の手段として、iPhoneから情報漏れを防ぐために「iPhoneの消去」を行ってiPhone内のデーターを消去できます。

データーを消去して以後は地図上の表示や「サウンド再生」「紛失モード」などが一切使えなくなりますので承知しといてください。

 

 

実際の操作の仕方ですが

 

PCなどのWEBプラウザでiCloud.com(https://www。icloud.com)にアクセスします。

 

Apple IDとパスワードでサインインします。

 

画面上のアイコンのなかに「iPhoneを探す」がありますから、それをクリックします。

 

Apple IDに紐づけされているiPhoneの位置情報が地図上に緑の●で表示されます。

 

状況によってはかなり正確な位置を把握できることもあります。

 

WEBサイトの上部にiPhoneにつけられた名前または 「すべてのデバイス」が表示されていますから、クリックします。

 

開いたメニューより該当するiPhoneを選ぶと、画面が表示されその下部に「サウンド再生」「紛失モード」「iPhoneの消去」と並んでいますから。

どれかの操作を選べます。

 

「サウンド再生」

iPhoneの画面にダイアログを表示してサウンドを鳴らします。

 

「紛失モード」

連絡先の電話番号とメッセージが入力でき、その内容がiPhoneに表示されます。

 

「iPhoneの消去」

紛失したiPhoneを遠隔操作で初期化できます、初期化後は位置検出やすべての遠隔操作ができなくなります。

 

設定について

 

通常はiPhoneのセットアップ時にiCloudを使う選択をしていれば「iPhoneを探す」という設定が「オン」になっています。

 

でも、実際どうなっているか心配な人は、

設定をタップして。

 

 

一番上のユーザー名が書かれているところをタップして、

スポンサーリンク

 

次にiCloudををタップし

 

「iPhoneを探す」をタップすれば確認できます。

 

、もし設定されていないならこの画面上で「オン」にすればいいことになります。

(緑色の場合はオンです)

 

 

 

「最後の位置情報を送信」をオンにしておくと、バッテリー残量が非常に少なくなった時にiPhoneの位置情報を自動的にAppleのiCloudサービスに送信しておいてくれます。

この画面では「最後の位置情報を送信」は「オフ」になってます.

 

 

もし、悪質な人がいて、拾ってから初期化して、所有者不明にして使おうと「iPhoneを探す」を「オフ」にしようとしても、Apple IDのパスワードが初期かから守ってくれます。

 

まとめ

iPhoneにはセキュリティ対策でいろんな機能が用意されています。「iPhoneを探す」の設定を「オン」にしていればその機能が使えるようになります。

PCやMacでiCloud.comにアクセスして、位置情報や「サウンド再生」「紛失モード」「iPhoneの消去」などの機能が使えて、iPhoneを紛失した場合に対処が可能になります。

スポンサーリンク

関連記事

iPhoneの容量不足 容量無駄使いの見直しとおすすめのアイテムについて

    iPhoneを長く使っていると、アプリもたく

記事を読む

iPhone使用時に音量が下がってる、なぜそうなる、その対策について

    iPhoneを買ってから、毎日良く使います。

記事を読む

iPhone(SIMフリーiPhone8Plus)で海外SIMカードを使ってみた SIM入れ替えと設定などについて

    海外旅行では現地の無料Wi-Fiを使う以外で

記事を読む

無料Wi-fiの危険性とは それを解決する方法と設定の仕方について

  スマホの契約がパケホーダイなどでないときは、通信量の上限が気にな

記事を読む

iPhoneのサファリで閲覧中のページ 持ち歩いて見るには その方法について

    iPhoneのサファリでいろんなサイトを覗い

記事を読む

iPhoneでアプリの更新 容量不足でiTunesを使う その方法について

    iPhoneでアプリのアップデートの際にiP

記事を読む

iPhoneでのパスワードロック 暗証番号忘れた場合はどうする 対処法は?

    iPhoneではいろんなセキュリティ機能があ

記事を読む

iPhoneでGoogleサービスとの同期 設定方法と同期できるものについて

    Googleではいろんなサービスがあるので使

記事を読む

スマホのアップデート Andoroid端末をアップデートする 方法と注意点

    スマホも使い勝手が良いようにOSの改善が逐次

記事を読む

iPhoneを充電する 短時間で済ませるには そのために使うアイテム

    iPhoneのバッテリーが少ないので充電した

記事を読む

PAGE TOP ↑