扶養控除とは 控除の対象となる扶養親族の範囲と扶養控除額について

 

 

サラリーマンに実際に支払われる給与は、給与収入から給与所得控除額が差し引かれ給与所得金額が算出された後に各々の事情に応じて控除がされた金額に対して、累進課税制度に基づいた税率がかけられ算出されます。

 

その控除の1つに扶養控除というのがあります。

 

扶養控除とは、控除の対象となる扶養親族の範囲と控除額について紹介します。

 

スポンサーリンク

扶養控除とは

 

結婚して一家の大黒柱になれば、その家族の面倒をみなければなりません。

 

ですから、その分独身者よりも生活費などの負担が重くなります。

 

税法ではこのことを考慮して、家族の人数に応じた税負担の軽減がなされています。

 

それが扶養控除です。

 

控除の対象となる扶養親族の範囲

 

扶養控除とは、以下の条件をすべて満たしていなければなりません。

その条件は毎年12月31日に確定されます。

 

1)納税者の扶養家族で生計を一にする人

 

2)年間の合計所得金額が38万円に満たない人

 

3)青色事業専従者、事業専従者でない人

 

4)他の人の扶養親族、控除対象配偶者になっていない人

 

*生計を一にするとは

原則として、扶養親族とは同居していることが条件になります。しかし、単身赴任している父親や、地方の大学に通っている子どもなどには、生活費の送金が行われ、休みのときにはともに過ごしているので、扶養家族に含まれます。家族の誰かが病気で転地療養している場合なども同様です。海外留学している子どもの場合にも適用されます。

 

扶養控除額について

 

扶養控除の額は、被扶養親族の年齢によって異なります。

納税者かその配偶者の直系尊属(親)で、同居している70歳以上の扶養親族を同居老親等といい老人扶養親族の対象になります。

 

子ども手当の創設で、平成23年から年少扶養控除(満16歳未満)が廃止されました。

 

なお、子ども手当の名称は、平成24年度から児童手当となりました。

スポンサーリンク

児童手当の支給額(1人当たり月額)(親の年収が960万円未満の時)

年齢(歳) 児童手当の支給額
3歳未満 1万5000円
3歳以上の小学生(第1・2子) 1万円
3歳以上の小学生(第3子以上) 1万5000円
中学生 1万円

 

児童手当の支給額(1人当たり月額)(親の年収が960万円以上の時)

一律にこども1人当たり5000円

 

 

また、高校授業料の実質無料化の実施によって、16歳以上19歳未満の扶養親族に上乗せされていた25万円分の扶養控除の上乗せ分も平成23年から廃止されました。

 

なので、現時点での扶養控除額の一覧は以下のようです。

扶養親族区分 年齢 扶養控除額
年少扶養親族 満15歳以下 0
一般扶養親族 16歳以上18歳以下 38万円
特定扶養親族 19歳以上22歳以下 63万円
成年扶養親族 23歳以上69歳以下 38万円
老人扶養親族 70歳以上 48万円

 

(例)

4年間の予定でアメリカの大学に留学している息子の場合について当てはめてみます。

生活費としていくらか毎月送金していて、

その息子はアメリカでアルバイトをしていてその収入が年間80万円あるとします。

 

留学のためアメリカに行っているため、日常その住居をともにしていませんが、生活費を送金していることから、生計を一にしているものと考えられます。

また、非居住者の場合の合計所得金額とは、日本で総合課税の対象となる国内源泉所得の金額をいいますので、国外源泉所得はもちろん国内源泉所得であっても非課税所得、分離課税とされる所得などでは合計所得金額には含まれません。

従って、アメリカでのアルバイト収入は国外源泉所得なので、合計所得金額はないことになりますから、扶養親族としての要件を満たすことになります。

 

まとめ

 

扶養控除は扶養する家族の年齢に応じて控除額が変わります。

そして子ども手当の創設や高校授業料の実質無償化で一部の控除に変更がありました。

この控除のおかげで少しは家族の面倒を見る負担が軽減されているのです。

スポンサーリンク

関連記事

贈与税とは 対象とならないものと対象になるものについて

      誕生日やクリスマス会など

記事を読む

寄付金控除とは 計算の仕方と確定申告のやり方について

    寄付金控除と言えば、良く知られているものでふ

記事を読む

財産の名義換えとは 税金がかかる場合と税金がかからない場合について

      財産の中には、自動車や土

記事を読む

所得の種類はいくつある?その所得の詳細と課税方法について

    毎日コツコツ働いて得た所得と、土地や株を売っ

記事を読む

非居住者の所得税や住民税の課税について 税率や計算はどうなる

    グローバル化が進んでいる現在において、これか

記事を読む

積立NISAとは 対象となる投資商品はなにがある 普通のNISAとの差は

    上場株式や投資信託を運用して利益が出ると、2

記事を読む

不動産の等価交換方式とは その課税の仕方とその特例について

    マンションやビルなどを建設するにあたり土地を取得

記事を読む

相続時の相続放棄の場合の申述 その費用や必要書類 そのやり方について

      相続とは、被相続人の財産

記事を読む

給与所得以外に副業がある場合 確定申告が必要な場合とその計算方法

    昔はまじめに一生懸命働いていれば国や会社が最

記事を読む

寡婦(夫)控除とは 対象となる年収や扶養の状態と控除額について

    夫婦で苦難を乗り越えようと頑張っている矢先に

記事を読む

PAGE TOP ↑