お手軽に新幹線に乗車する方法 何を使う その設定方法について

 

 

日本国内での移動には重宝する新幹線、北海道から沖縄などの長距離では飛行機にはかないませんが、関西から関東への移動などでは簡便性があります。

 

その理由としては、飛行機のセキュリティのための搭乗手続きに手間がかかることがあげられます。

 

ただ、新幹線は在来線に比べ少し不便な面があったのですが、それも徐々に解消されていくようです。

 

お手軽に新幹線に乗車する方法 何を使う その設定方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

お手軽に新幹線に乗車する方法

 

日常で良く使う在来線などでは、icocaやSuicaなどが使えてストレスフリーで乗車ができるようになっています。

 

icocaもSuicaなどもほぼ全国で使うことが可能になっていますから昔に比べたらずいぶん便利になったものです。

 

それさえ持っていれば、いちいち券売機で切符を買う必要がなく乗車が可能なんです。

 

混雑で並んで待っているのを横目にさっそうと改札を通ることができます。

 

まあ、JR東日本とJR東海の境目とかでの連続使用では一度改札の外に出なければならないのが1つのネックになっていますが、それでも日常での使用でどれだけ恩恵をもらっていることか。

 

在来線ではこのように便利なものも、一時は新幹線では使えないとされていました。

 

そのうち新幹線もこのように便利になるだろうと思っていましたが、いつなのかは考えずに過ごしていました。

 

米原駅などで在来線から新幹線に乗り継ぐときに、在来線をSuicaで支払い、新幹線はきっぷというような組み合わせの時は、米原駅の新幹線へののりかえ口できっぷを入れた後に、在来線用のSuicaの精算をカードをタッチすることで完了するというやり方をしていました。

 

このやり方ですると、時々カードの読み取りがうまくいかない時がありヒヤヒヤすることがありました。

 

そして、ある時に新幹線でもSuicaなどが使えるようになったのを知りました。

 

 

 

 

何を使う

 

JR東海とJR西日本は2017年9月30日、東海道・山陽新幹線に交通系ICカードを使って乗車できるネット予約サービス「スマートEX」を開始しました。

 

スマートEXは年会費無料です。

 

簡単にネットで登録できて、スマホで座席予約もでき、乗り降りも交通系ICカードを使い、完全なチケットレスが可能になっています。

 

このスマートEXで新幹線に乗ることを考えましょう。

 

ただ、新幹線の料金は交通系ICカードにチャージされている電子マネーから使われるわけではなく、新幹線予約時にスマートEXに紐づけされているクレジットカードで決済されることになります。

 

あくまで予約に基づいた決済になっていますから、いつでも突然に新幹線に乗車できるわけではないのです。

 

この点が在来線とかとの違いです。

 

まあ、スマホに予約アプリをインストールしていれば、簡単に予約できますから、思い立ったときにスマホで予約ができるのですけどね。

 

みどりの窓口などに並んで新幹線の切符を買ったり、座席を予約したりするのがスマホだけで完結するようになりました。

(もちろん自宅のパソコンでもき切符購入や座席予約ができます)

 

便利になりました。

 

その設定方法について

 

スマートEXは簡単に登録できます。

 

スマホからでもパソコンからでも会員登録ができます。

 

基本的に同じように登録しますので、スマホでの登録の仕方を案内します。

 

iPhoneでしたら検索にて「スマートEX」「smart-ex.jp」などと入力し検索すると出てくる、スマートEXホームぺ―ジ(https://smart-ex.jp/)へアクセスして「会員登録」をタップします。

 

次に出てくるこの画面の下部にある「会員登録」をタップします。

スポンサーリンク

 

次の画面ではメールアドレスを入力します、スマホならスマホにメールが届くように考えて入力しましょう。

(スマホ備え付けのメールアドレスか、Gmail(Gmailのアプリのインストールが必要)など)

 

*認証のためにURL付きメールを受信する必要があります。

入力後に「OKメール送信」をタップします。

 

すると「会員登録メール送信完了」になりますから、届いているメールにあるURLをタップしてアクセスします。

 

続けて会員登録画面では会員規約や特約に同意を求められますから、規約及び特約の内容に同意します。にチェックを入れて、「OK同意する」をタップします。

 

次の画面では、

 

氏名とそのフリガナを入力します。

 

それから「クレジットカード情報入力」をタップしてクレジットカード情報の入力画面を開きます。

そして「クレジットカード番号」と「有効期限」を入力して「OK完了」をタップします。

ここで登録したクレジットカードはエクスプレス予約には登録できません、逆も同様です。

クレジットカードの種類によっては別画面が表示され本人認証(3Dセキュア認証)を行います。

その時は画面が変わり「カード登録を続ける」をタップします。

通常は「セキュリティコード」による認証を行います。

 

 

次は「交通系ICカード情報」をタップして交通系ICカード情報の入力画面を開きます。(この登録は任意です)

交通系ICカード番号を登録します。上の2文字はプルダウンから選択し、下の部分は入力します。

入力が終われば「OK完了」をタップします。

登録をしない場合は、「交通系ICカードを登録しない」にチェックを入れて「OK完了」をタップします。

交通系ICカードを入力しなければきっぷを受け取って乗車になります。

後にいつでも登録が可能です。

 

 

次に「メール情報」をタップしてメール情報の入力画面を開きます。(この登録は任意です)

最初に1つのメールアドレスが登録されています、あと2つまで追加で登録が可能です。

パスワードの再登録やお客様情報の変更などで、ワンタイムパスワードを登録メールアドレスに送信します。

もし受信ができないと再登録などができなくなるので、できれば複数の登録が安全でしょう。

完了すれば「OK完了」をタップします。

 

 

登録内容を確認し「OK登録する」をタップします。

 

登録したメールアドレスに会員IDを記載したメールが届いたら、会員登録完了です。

 

これでチケットレスで新幹線に乗車できます。

 

まとめ

 

スマートEXに登録すれば、新幹線(東海道・山陽)にチケットレスで乗車が可能になります。

 

ただ、チケットレスで乗車するには、交通系ICカード番号の登録が必要になります。

 

新幹線に乗車するには事前に予約が必要です、在来線のように電子マネーがあれば乗車が可能というわけにはいかないようです。

 

参考記事⇒スマートEXとチケット屋さん それぞれのメリットとは 使い分けについて

参考記事⇒スマートEXとエクスプレス予約の違い スマートEXに向く人とエクスプレス予約に向く人

参考記事⇒スマートEXからエクスプレス予約に切り替えるタイミング モバイルSuicaはどうする

参考記事⇒スマートEXとは 料金の割引とメリット きっぷとの違いと注意点について

参考記事⇒スマートEXのクレジット決済 カード登録を変更はあり?支払いとの関係について

スポンサーリンク

関連記事

Suicaにエリア外の駅でチャージするには どうするの その詳細は

  交通系電子マネーは便利になってますよね。 中でもSuicaは一番便

記事を読む

Suicaに自宅でチャージする方法

  時間が経つにつれて、日に日に便利になっていく交通系ICカード、券売機

記事を読む

イオンSuicaカードのオートチャージ 設定場所とその方法について

    交通系ICカードのSuicaでは、ネットのS

記事を読む

ビューカードとSuicaのリンク できるカードとサンクスポイントについて

    交通系ICカードのSuicaでは、ネットのSui

記事を読む

交通系ICカードはどれが一番良いか?やっぱりSuicaが一番!

    交通系ICカードは全国で11種類あります。 (

記事を読む

ビックカメラSuicaカードのポイント Suicaへのチャージとその方法とは

    交通系ICカードのSuicaには、いろんなク

記事を読む

Suicaにコンビニで入金は可能?できるコンビニと入金方法について

  交通系電子マネーで発行部数が一番多いSuica。 付随するサービス

記事を読む

簡単にスムーズに電車やバスなどに乗る方法とは

  以前はそんなことはなかったのですが、最近は、環境問題のことも考え

記事を読む

ビックカメラSuicaカードのポイントとは VIEW ALTTEを使わずにSuica電子マネーに交換 その方法について

    ビックカメラSuicaカードのビューサンクス

記事を読む

イオンSuicaカードを落とした時の対処の仕方 チャージしたSuicaは?

    一部のカードは落としたりすると、チャージして

記事を読む

PAGE TOP ↑