iPhoneで二段階認証を設定 Google Authenticatorアプリの設定とバックアップについて

 

 

コインチェックで仮想通貨が盗まれたとの報道が出て驚いたのを覚えていますね。

 

セキュリティはしっかりしなければならないとあなたも思ったのではないでしょうか。

 

でも、どのレベルまですればいいのかという疑問が起きるのですが。

 

よく行われている二段階認証をしておけば当面は大丈夫じゃないでしょうか。

 

iPhoneで二段階認証を設定、Google Authenticatorアプリの設定とバックアップについて紹介します。

 

スポンサーリンク

iPhoneで二段階認証を設定

 

パスワードなどを盗まれることは、私たちが思っている以上に簡単になされるようです。

 

特に同じものを複数のサイトで使いまわしていれば、あっという間に全てのサイトで大事なものが盗まれてしまうことになりかねません。

 

確かに、それぞれのサイトで別々の解読しずらいパスワードを設定すれば、その管理が大変です。

 

解読しずらいパスワードと言ってもその道のプロにかかれば簡単に盗まれるかもしれません。

 

パスワードをちゃんと設定していても、大丈夫だという保証はどこにもありません。

 

なので、ID、パスワードに追加でセキュリティコードでの確認をするという「二段階認証」を設定すれば万が一パスワードを盗まれても、サイトにログインされることを防げることになります。

 

あなたが持っているスマホの中にあるGoogle Authenticatorアプリに表示される6桁のセキュリティコードを、決められた場所に入力しなければサイトにアクセスできないので安心です。

 

そのセキュリティコードは時間ごと(30秒)に変化しますので、その時に表示されているコードを入力しましょう。

 

サイトにログインされなければ、大事なものを盗まれることもなくなるし、パスワードを変えられてあなたがログインできなくなることもないでしょう。

 

Google Authenticatorアプリの設定

 

Google AuthenticatorはGoogleが開発した二段階認証をするトークンソフトウェアになります。

 

App Storeアプリをタップして起動します。

 

画面右下に虫眼鏡マークの「検索」がありますからそれをタップします。

 

検索窓が上に表示されますから、そこに「Google Authenticator」と入力すればアプリが表示されますから、右にある「入手」とタップします。あとは自動的に設定されます。

 

Google Authenticatorアプリはこれで設定されました。

 

 

あとはいろんなサイトの二段階認証の仕方ですが、

 

Google Authenticatorアプリをタップして開き、最初の画面の下にある「設定を開始」をタップします。

 

設定してあるものがあれば、このように表示されますから、上にある+マーク(赤〇)をタップすれば、

スポンサーリンク

 

次の画面では下部に「バーコードをスキャン」と「手動で入力」が表示されていますから、「バーコードをスキャン」をタップしましょう。

 

「Authenticatorがカメラへのアクセスを求めています」と表示されますから「OK」をタップしてカメラを有効にします。

 

そして各サイトの二段階認証のために表示されたQRコードをカメラで読み込みます。

 

キーも表示されていますが「手動で入力」なんかすると面倒だから、やはりQRコードを読み取るために「バーコードをスキャン」ですね。

 

カメラで読み取れば設定完了になります。

 

たまにQRコードが表示されない時は、しかたないので、「手動で入力」をタップして「アカウント」と「キー」を入力して設定しましょう。

 

アカウントは自分が理解しやすいように入力しましょう、サービス名とその登録メルアドを組み合わせるのがいいですね。

 

それぞれ入力すれば、画面右上のチェックマークをタップして設定します。

 

バックアップについて

 

設定完了の前にすることがあります。

 

バックアップです。

 

これ重要です。

 

あとあとのために、設定を完了する前に16桁のキーを紙などに記入して保存しておきましょう。

 

無くさないように、安全な場所に保管しておきましょう。

 

この16桁のキーはスマホが壊れたり、なくしたり、などしたときにアカウントに戻るために必要なものになります。

 

このキーは設定を完了すれば二度と表示されなくなるので、設定を完了する前に書き写すなどしておく必要があります。

 

もし、バックアップし忘れたら、設定してある二段階認証を解除してから再度、二段階認証をしなおして、設定の前に16桁のキーを書き写しておきましょう。

 

キーを保存せずにスマホを紛失してしまったら二度と二段階認証を使えなくなりサイトにアクセスできなくなります。

 

そうならないためのバックアップになります。

 

バックアップし忘れたときの、二段階認証の解除はGoogle Authenticatorの画面の右上の編集ボタン(ペンマーク)(赤〇)をタップし、

 

削除したいアカウントの右側にチェックを入れて、下にある「削除」をタップすれば削除できます。

 

(チェックを入れると自動的に下に「削除」が表示されます)

 

 

 

まとめ

 

二段階認証を設定すれば、パスワードを盗まれてもサイトにアクセスされることを防げます。

 

大事なサイトには必ず設定しておくようにしましょう。

 

そして必ずバックアップをとっておきましょう。

 

バックアップとは「設定完了」の前に表示されている「16桁のキー」を書き写し保管することになります。

 

そうしておけば、スマホをなくすなどしてもアカウントを復元することが可能になります。

スポンサーリンク

関連記事

Flash Playerとは Google Chrome上で動かない原因と対策について

    パソコンでゲームをしたり、YouTubeの動

記事を読む

Gmailアカウントで複数のメールをまとめて受信する その設定の仕方について

    今の時代、1人でメールアドレスを複数持ってい

記事を読む

Googleを使いこなす アカウントの作成とクロームの設定について

    Google LLCはインターネット関連のサ

記事を読む

iPhoneがあればどこでも通訳 Google翻訳の設定と使い方について

    パソコンでGoogle Chromeをインス

記事を読む

iPhoneで外出先でも文書を編集する Googleドキュメントの設定と使い方

    忙しい現代ではいつもパソコンで文章を編集でき

記事を読む

Googleマップとは iPhoneに入れて持ち歩くには カーナビとしての使い方

    Googleでは地図サービスとしてGoogl

記事を読む

iPhoneでGoogleカレンダーを使う アプリの設定と予定の追加について

    忙しい社会人には、スケジュール管理が重要である。

記事を読む

Google Chromeとは 自動入力の便利機能とその設定について

    Google LLCはインターネット関連のサ

記事を読む

長期の旅行などで返信できない 何を使って知らせる その設定について

    旅行先がいつでもネットにつなげるところばかり

記事を読む

Google検索とは iPhoneでGoogle検索を使う 調べられるものの一覧について

    Googleはスタンフォード大学の博士課程に在籍

記事を読む

PAGE TOP ↑