京都から七夕に星の動物園みさと天文台に行く どんなとこ? 自家用車でのアクセスについて

 

 

 

七夕とは「笹の節句」「星まつり」と言われます、江戸時代から五節句の一つとされ、今も広く親しまれています

 

いろんな過ごし方があり、七夕に京の七夕などに行くのもいいですが、山奥の人里離れたところで綺麗な星を見るのも風情があっていいかもしれません。

 

和歌山の山奥の星の動物園みさと天文台とはどんなとこか、そこへのアクセスについて紹介します。

 

スポンサーリンク

星の動物園みさと天文台とは

 

和歌山県にある「星の動物園みさと天文台」は海抜430mの松ケ峯の山頂に位置します。

 

公開施設としては世界屈指の口径105mのカセグレン式反射望遠鏡があって、宇宙の神秘をより身近に感じられるところです。

 

〒640-1366 和歌山県海草郡紀美野町松ケ峯180 紀美野町立 みさと天文台 TEL073-498-0305

 

みさと天文台WEBはこちら⇒URL:http://www.obs.jp/

 

 

施設としては、月の館という本館と星の塔、駐車場(第1・第2)があります。

 

月の館では受付、飲料自動販売機、お手洗い(車いす可)、3Dシアター、展示物があります。(土足厳禁)

 

星の塔では105m望遠鏡、ベランダ(見晴らしの良い)、プラネタリウムなどがあります。(エレベータなどは無く、階段のみです。土足厳禁)

 

駐車場(第1・第2)は普通乗用車45台分のスペースがあります。車のヘッドライトを遠ざける意味で施設からは離れています。営業時間外は閉っています。

 

施設には天文学が専門の職員が常駐しています。(相談可)

 

 

基本的に月曜日、火曜日(祝日に当たる場合は翌日)、年末年始はお休みです。

 

施設見学・グッズ販売は13:00(水木金土日祝)から開館します。

 

生解説付きのプラネタリウムは14:30(土日祝)から30分ほどです。

 

生解説付きの3Dシアターによる宇宙の旅は15:30(土日祝)から30分ほどです。

 

星空ツアー(夜の観望会)は参加費200円が必要です。望遠鏡を覗いたりする内容はその日ごとにアレンジされます。

 

天気の良い土曜日を中心に、カフェが出店することがあります。(飲み物などは有料です、開催の有無はホームページにて)

 

星空ツアー(夜の観望会)1回目、19:30(木金土日祝)から1時間ほどです。

 

星空ツアー(夜の観望会)2回目、20:30(金土)から1時間ほどです。

 

*祝祭日の関係で2回目が開催される曜日が変更になる場合もあります。

 

それぞれの催しは予約なしで参加できます(ただし15人以下)天候にかかわらず開催されています。、

 

詳細はみさと天文台までお問い合わせください。TEL073-498-0305

 

どんなとこ?

 

きれいな空気で、都会の明るい光に邪魔されないので天体観測にはうってつけです。

 

月明かりのない夜は肉眼で天の川が見える近畿最強の星空の観光名所です。

 

夏の思い出作りに七夕の日に「浴衣でNIGHT!」という催しをしています。(2019年以降は不明、天文台WEBにて確認ください)

 

浴衣で星空ツアー(夜の観望会)に参加(200円)すれば受付で特典がもらえるらしいです。(なんだろう、それはお楽しみ)

 

天候が良ければカフェも出店します。(当日の15:00ごろ天文台WEBにて実施/中止を発表)

 

「浴衣でNIGHT!」は7月7日(土)、7月14日(土)、8月11日(土)、8月17日(金、旧暦の七夕)にあります。

 

*8月17日は月の入りが遅いため22時30分まで施設を開放しています。

 

笹飾りと短冊は8月17日までありますから、短冊で願い事をするのもいいですね。

 

星空ツアーの前後も天文台でゆっくりできます。

 

星の塔のベランダでは思う存分眺めることができそうです。(無料、自由)

 

ベランダなどでは夜風の冷たいときがあります。

 

夏場は虫にご注意を。

 

自家用車でのアクセスなどについて

 

まず、和歌山に向かうにはいろいろありますが、京奈和自動車道が充実しつつあるので奈良経由を考えましょう。

 

上鳥羽ICか城南宮南ICで阪神高速8号京都線にのります。

スポンサーリンク

 

阪神高速8号京都線からそのまま真っすぐに第二京阪道路に入ります、八幡東ICを過ぎて八幡京田辺JCTで左の方の京奈和自動車道の城陽JCTに向かいます。城陽JCTでは右方向の田辺北ICに向かいます(奈良方面)。

 

そのまま京奈和自動車道を走ります。すると木津ICで奈良バイパスに合流しますので、奈良バイパスを南下します。

 

約15km走ると、西名阪自動車道(郡山IC)とクロスするようにまた京奈和自動車道(ここからは無料)がありますから、表示板に注意しながら(左車線をキープします)京奈和自動車道にのるようにします。

 

そのまま京奈和自動車を走って高野山の登り口の近くにあるICまで走ります。

 

平成29年に御所南ICと五条北ICの間の京奈和自動車道が開通予定したのが大きいです。

 

時間的には20~30分は縮まったし、距離も少しは縮まりました。

 

 

 

有料道路料金

 

有料道路は阪神高速8号京都線と第二京阪道路、京奈和自動車道(城陽ICから木津ICまで)です。

 

阪神高速8号京都線:上鳥羽ICから第二京阪との接続部まで 通常料金460円(ETC休日310円、ETC平日通勤(6-9,17-20)310円)

 

第二京阪道路、新名神高速道路:阪神高速接続部より城陽ICまで 通常料金680円(ETC深夜(0-4)480円)

 

京奈和自動車道:城陽ICから木津ICまで 通常料金620+100=720円(ETC休日・深夜(0-4)・平日朝夕(6-9,17-20)430+70=500円)など

 

休日(6-24)にETCで走れば、310+680+500=1490円(片道)が必要です。

 

 

 

京都から星の動物園みさと天文台に行くポイントとしては、どこから向かうかということがあります。

 

京奈和自動車から阪和道に乗り換えて海南東ICで下りるということも考えられますが。

 

距離と高速料金が余分にかかりますから。京奈和自動車道の高野口IC、紀北かつらぎIC、かつらぎ西ICのどれかで下りることを考えましょう。

 

京奈和自動車道の高野口IC、紀北かつらぎIC(またはかつらぎ西IC)の2ヶ所の近くにそれぞれのぼる道があります。

 

京都から向かった場合は一番近いICは高野口ICになりますが、そこから近い南海高野線沿いの九度山町役場の近くを通る370号線の道幅は狭くて走りにくいように思います。

 

一番遠くにある、紀北かつらぎIC(またはかつらぎ西IC)に近い480号線を使う道は、他に比べてまだ走りやすい道のように思います。

 

その走りやすい道をチョイスすると、

 

京都からだと紀北かつらぎICでおります。

 

おりて突き当りに紀北かつらぎIC南という信号があります。そこを左方向です。

 

約0.9km走ると佐野東という信号がありますから、そこを左方向です、300mほど走ると自然と右に曲がることになり、あと700mほどで笠田東の信号がありますから、そこを左方向です。

 

ここからは(480号線)標識で高野山と示されていますからそれを頼りにほぼ道なりに走ります。

(佐野東の信号を真っすぐ行っても、700mくらいで笠田駅前という信号がありますから、そこを左に曲がっても笠田東の信号に合流できますから、そこを真っすぐ行きましょう。)

 

笠田東から高野山に向かうと、最初はのぼりが続き途中でくだりに変わります、そしてまたのぼりはじめます。

 

のぼりはじめて途中2ヶ所のトンネルをくぐります。

 

その2つ目の長めのトンネルを出てすぐにある交差点を右に曲がります。(370号線方向へ)

 

あとは370号線を道なりに15kmほど走ると、左手の川向うに「藤の森不動温泉だるま湯」が見えますから、そこから約1.4km走ると、小さな橋があり、その直後に天文台の看板が出ているのでそこを右折し山側に入ります。

 

入ってから200mほど進み、左後ろへ左折して約2kmでみさと天文台に着きます。

 

紀北かつらぎICを出てから、みさと天文台までは30~35kmくらいありそうです(所要時間約60分)。

 

 

 

総走行距離:約144km(片道)(所要時間約3時間)

 

上鳥羽ICから紀北かつらぎICまで約111km(所要時間約2時間)

 

紀北かつらぎICからみさと天文台まで約33km(所要時間約60分)

 

今後国道370号線の拡幅・直線化工事がすすむことが見込まれているので京奈和自動車道の高野口ICや橋本ICからの移動がスムーズになるのかもしれません。

 

まとめ

 

京都から七夕に星の動物園みさと天文台へ行きデートをするのもいいかもしれないですね。

 

そのときは浴衣でデートをしてみてもいいでしょう。

 

2018年は7月7日、7月14日、8月11日、8月17日が「浴衣でデート」を開催しています。

 

浴衣で行っても浮くことはないです。

 

星空ツアー(夜の観望会)に参加するかどうかはあなたしだいです。

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑