大規模災害に使える無料Wi-Fiとは その内容と設定方法について

 

 

大規模災害が発生した時に、その地域に親族などがいたら安否を確認したいと思います。

 

ただ、状況によれば親族が持っている携帯電話のネットワークが損傷し連絡がとれなくなり、被災地から別の地域にいる親族への連絡ができなくなります。

 

どの通信網で連絡ができるようになるのかわかりませんね。

 

右往左往するかもしれません。

 

そして被災地からの情報が途絶えれば、支援や復興などに遅れがでるかもしれません。

 

東日本大震災の教訓をもとに考えられたことがあります。

 

大規模災害に使える無料Wi-Fiとは、その内容と設定方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

大規模災害に使える無料Wi-Fiとは

 

2016年4月14日に熊本で発生した地震を契機に、大手通信会社などが加盟する無線LANビジネス推進連絡会は、熊本県内に設置している各社の公衆無線LANを、契約していなくても誰でも無料で使用することができるようにしました。

 

ネットワーク名(SSID)「00000JAPAN」を選択してつなげば、無料でWi-Fiが使えるようになりました。

 

この00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)は熊本の地震以降に、大規模災害発生時に被災地で誰でも無料で利用できるようになりました。

 

この唯一の災害用ネットワークは、東日本大震災で破損した通信網の復旧に約1ヶ月かかったことを教訓にして、契約している通信会社に依存せず、全ての人々が使えるようにした。

 

世界で初めての取り組みです。

 

 

 

 

その内容

 

この00000JAPANを運営しているのは無線LANビジネス推進連絡会(Wi-BiZ)です。

 

SSIDを00000JAPANにしたのは携帯のWi-Fi設定画面で上位に表示されわかりやすくしたためです。

 

00000JAPANNの提供元として、正式に認定している企業・団体は以下のとおりです。

スポンサーリンク

 

株式会社NTTドコモ

 

KDDI株式会社

 

ソフトバンク株式会社

 

エヌ・ティ・ティブロードバンドプラットフォーム株式会社

 

東日本電信電話株式会社

 

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

 

株式会社フルノシステムズ

 

株式会社ビーマップ

 

富士通株式会社

 

シスコシステムズ合同会社

 

ディーリンクジャパン株式会社

 

日本ヒューレット・パッカード株式会社

 

ヤマハ株式会社

 

戸田市

 

東京大学

 

 

これだけの企業・団体では不測の事態に応えることができないかもしれないので、今後もさらなる普及を目指し、この00000JAPANに参画できる事業者を大手通信会社以外にも拡大し、地域で通信事業を展開されている独自に構築されたWi-Fi環境を、有事の際に災害時ネットワークへ開放して頂くようガイドラインの改定(第4.1版)をされたとのことです。

 

これからも認定している企業・団体は増えていくものと思っています。

 

 

また、無線LANビジネス推進連絡会(Wi-BiZ)は、新しい00000JAPANの取り組みを公表もしています。

 

1)00000JAPANに自動接続する専用アプリの開発

事前にそのアプリをダウンロードしておけば、災害発生時に対応エリア内でアプリを開いて00000JAPANAを有効にすれば、自動的に無料Wi-Fiにつながるものの開発。

 

2)自治体との連絡方法や00000JAPANへの参加資格をガイドラインに追加

ガイドラインの改定(第4.1版)で追記

 

3)00000JAPANのPR動画の提供

6分30秒くらいの動画で希望する自治体などに提供されます。

 

4)情報連絡窓口の申請

00000JAPANの運用を予定する自治体などと、災害発生時に円滑に連携する目的で、事前に情報連絡窓口を申請することを促す取り組みです。

 

 

 

00000JAPANの問題点としては、誰でも使えるもので、暗号化もされていないため、セキュリティ上のリスクが存在することです。

 

緊急事態の通信の確保を優先し、悪用された場合にトレースできるよう対策を施すことを考え、大規模災害時のみで、被災地域限定にすることでリスクを小さくするようにしています。

 

設定方法について

 

大規模災害時にその被災地域にいる場合、携帯電話などのWi-FiをONにした後、受信可能なネットワークが一覧で表示されています。

 

00000JAPANは性質上その一覧の上位に表示されるため、すぐに見つけることができます。

 

見つけて「00000JAPAN」を選択すれば無料Wi-Fiに誰でもつなぐことができます。

 

上でも書いたように無線LANビジネス推進連絡会(Wi-BiZ)は専用アプリの開発も進めています。

 

それを使えば、大規模災害発生時にアプリを開き「00000JAPAN]を有効にすれば、対応エリア内に入れば自動的に無料Wi-Fiにつながることになります。

 

こんなアプリができれば、気が動転している時でも00000JAPANに確実につなげられそうですね。

 

まとめ

 

大規模災害時に被災地域で「00000JAPAN」を使えるようになれば、連絡がつかないことが少しでもなくなるように思います。

 

ただ緊急事態の通信の確保を優先しているがゆえのリスクが存在します。

 

00000JAPANが正規のものかを確かめることなどが重要です、大規模災害時に気が動転している状態の時に悪意をもった第三者につけこまれないよう注意しましょう。

 

専用アプリを使えばそういう心配も少なくなるのかなと思います。

スポンサーリンク

関連記事

iPhoneの災害対策マニュアル 節電対策とその他の対策について

    台風や地震など自然災害は突然やってきます。

記事を読む

iPhoneのコントロールセンターからBluetoothを起動するには 設定アプリからは

    iPhoneにはいろんな機種がありますが、私

記事を読む

パスワード管理をiPhoneで簡単にするには、どんなツール、アプリを使うのか

    パスワードはセキュリティのかなめです。 &

記事を読む

iPhoneでVPNテクノロジーを設定する 問題点は?その解決法について

    スマホの契約がパケホーダイなどでないとき

記事を読む

iPhoneで圏外でもウェブサイトをチェック 何を使う?その方法について

    電車に乗ってiPhoneでウェブサイトにある

記事を読む

iPhoneの節電 使い勝手が悪くならない方法 バッテリーの劣化確認について

    iPhoneなどのスマホを使い倒していると、

記事を読む

iPhoneでの自動補正 余計な文字入力の変更を防ぐ その方法について

    iPhoneを使っていると勝手に修正をかけて

記事を読む

スマホから固定電話に無料でかける その方法と 設定について(iPhone)

      スマホを契約していたりす

記事を読む

iPhone8Plusでワイヤレス充電器を使ってみた、Qi充電とは。

    3年使ったiPhone6SPLusのバッテリーが

記事を読む

スマホのアップデート iOS端末(iPhone)をアップデートする 方法と注意点(2019年)

    スマホのOSも使い勝手が良いように逐次改善さ

記事を読む

PAGE TOP ↑