Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)とは 購入と初期設定について

 

 

仮想通貨つまり暗号通貨の認知度は上がってきましたが、まだまだビットコインを持っている人は日本人の5%しかいないと言われています。

 

今は全世界で一番仮想通貨を持っているのは日本人らしいです。

 

その日本人がまだ5%しか持っていないので、今後の普及が楽しみです。

 

その普及にあたり、仮想通貨の取引所などに常時保管するのが危険であることはコインチェックの件でも明らかになっています。

 

今回は最も安全と言われているハードウェアウォレットとして人気があるLedger Nano Sについての購入と初期設定について解説します。

 

スポンサーリンク

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)とは

 

コールドウォレットの1つであるハードウェアウォレットは多額の仮想通貨を管理するには必須アイテムと言えます。

 

ハードウェアウォレットの中で有名なLedger Nano Sはリップルを保管するには最適と言われています。

 

リップル以外にもビットコイン、イーサリアム、その他のオルトコイン(アルトコイン)で全27種類の暗号通貨を管理できます。(2018年6月時点)

 

アップデートは続くので、今後も対応通貨は増え続けていくでしょう。

 

Ledger社が開発したこのLedger Nano Sは堅牢なセキュリティで暗号通貨資産、デジタルペイメントを守ります。

 

秘密鍵を完全に隔離されたオフラインで管理できます。

 

その秘密鍵は高度な暗号化によりLedger Nano S内に保管されています。

 

使用する際にはパソコンへの接続の他、PINコードの入力が必要になります。

 

有機ELディスプレイと2つの物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、暗号通貨取引のセキュリティを確実に守ります。

 

Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピュータにUSB接続が可能になります。

 

Ledger Nano Sは複数のWEBウォレッットと連携することで対応通貨を拡張できます。

 

そのWEBウォレッットには、MyetherWallet、Electrum、Copay、Mycelium、BitGo、GreenBitsなどがあります。

 

例えば、MyetherWalletとの連携でイーサリアムプラットフォームを使っている「ノアコイン」などを扱うことができます。

 

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)の購入は

 

大事なトークンを盗まれないためにも、ハードウェアウォレットに保管することが大事ですが。

 

ただ、購入したハードウェアウォレットが誰かに操作されていて、遠隔操作で第三者があなたが管理しているトークンを引き出せるものだったらどう思いますか。

 

一部のサイトから購入したものが、誰かの手で封が破られあけた後で、さもあけなかったかのようにされているものがあったり、中古品ですでにPINコードが設定されているようなものがあったとの報告があります。

 

おそらく、新品は、一度購入して中身をあけて細工した後で、包装をあけていないように工作し、返品するという手口だと思われています。

 

中古品は細工したものを売りに出しているだけですね。

 

PINコードが設定されている、あ~親切だ、設定しなくて済むラッキーじゃないんです。

 

第三者がそのPINコードを所持していて、そのハードウェアウォレットを遠隔操作できるようにしているんです。

 

盗まれないためにはPINコードをリセットしなければなりません。

参考記事⇒Ledger Nano Sの中古品などの危険性は?どうすれば安全?処理の仕方について

 

そのようなことが起きないためにも、海外の正規の販売サイトか日本国内の正規の販売代理店などでの購入をおすすめします。

 

海外はちょっとという人は日本の正規代理店でいいと思います。

 

私も購入しましたが、ちゃんとしていました、包装は破られた跡が見当たりませんでした。

 

完全な新品でした。



 

日本の代理店は日本語でもフォローしてくれますから安心です。

 

代理店サイトで購入すれば自動的にフォローアップのメールなどが届くようになるので便利です。

こちら⇒Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン

 

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)の初期設定は

 

 

Ledger Nano Sの初期設定は以下の4つがあげられます。

 

1)PINコードの設定

 

2)リカバリーフレーズの設定

スポンサーリンク

 

3)Ledger Managerアプリのインストール

 

4)Ledger Walletアプリのインストール

 
*注意!!

Ledger Liveアプリをインストールすれば、

3)と4)は不要になりました。2019年6月追記

 

新しいソフトが更新されています。2019年6月追加
参考記事⇒新しいアプリ Ledger Liveとは 設定方法や使い方、注意点について

 

 

 

1)PINコードの設定

 

 

1.Ledger Nano Sを付属のUSBケーブルでパソコンにつないぐと有機ELディスプレイに「Welcome」という表示が出ます。

 

2.次の表示が「Press both buttons to bigin」2つのボタンを押してくださいなので、本体上部についている2つのボタンを同時に押します。

 

このボタンの操作がキモになります。

片方ずつ押す場合は、「数字の上げ下げ」「画面の移動」「表示されている選択肢の決定」に使います、わきに表示されているマーク( x、レ、V、Λ、<、>)に注目してください。

両方同時に押す場合は、「決定」するときに使用します。

 

3.「Configure as new device?」新しいデバイスとして設定しますか?なので、右側のボタンを押して レ を選択します。

 

4.「Choose your PIN code」PINコードを設定してくださいなので、両方のボタンを同時に押します。

 

5.次に数字の入力画面が表示され、任意のPINコードを設定していきます。

 

6.左端がまず「5」と表示されています。ボタンで Λ 上 V 下を押して数字を上下させます。希望の数字になれば、両方のボタンの同時押しで決定します。

 

決定すれば右隣りの数字にうつります、同じように決定していきます。4~8桁で設定ができますから希望の数字のセットになれば、最後にボタンの同時押しをすればPINコードを決定できます。

(入力した数字の削除には、右または左のボタンを何回も押して「9」または「8」のあとにxマークが表示されますから、xマークを表示させたうえで両方のボタンを同時に押せば削除されます。)

 

7.「2.Confirm your PIN code」あなたのPINコードを確認してくださいとあるので、先ほど設定したPINコードを入力しましょう。

 

これでPINコードの設定は完了です。

 

 

 

 

2)リカバリーフレーズの設定

 

リカバリーフレーズは自分のウォレットを復元することができます。

 

Ledger Nano S本体を紛失した。Ledger Nano S本体が故障・破損してしまった。ような事態が発生しても、新しいLedger Nano Sにリカバリーフレーズを入れることで、以前のLedger Nano Sの中に入っていたデーターを復元することができます。

 

PINコードとともにリカバリーフレーズは大事なものなので、「忘れたり・失くしたりしない」「第三者に知られないようにする」よう厳重に保管しておきましょう。

 

同梱の「My recovery phrase」と書かれた紙を用意しましょう。

 

 

1.PINコードの設定後に「Write down your recovery phrase」リカバリーフレーズを書きとめてください表示されるので、両方のボタンを同時押しして、次の画面に進みます。

 

2.1番から24番まで順番に、有機ELの画面にリカバリーフレーズが表示されますから(Word #1 seat、の場合は seatのこと)用紙に書きとめていきましょう。

 

ボタンで1つずつ移動させて書きとめます。

 

3.24個の英単語を書きとめれば、両方のボタンを同時に押して次に進みます。

 

4.「4.Confirm your recovery phrase」あなたのリカバリーフレーズを確認してくださいとあるので確認していきましょう。

 

画面上に「Select word#15」15番目の英単語を選んでくださいとでるので左右ボタンで正解を探し出し、両方のボタンを同時に押して決定します。

 

この確認動作を数回繰り返せば、終了です。

 

5.確認作業が終われば「Your device is now ready」あなたのデバイスは準備できましたと表示されるので、両方のボタンを同時に押して決定します。

 

*注意!!
新しいソフト(Ledger Liveアプリ)に更新されています。2019年6月追加
参考記事⇒新しいアプリ Ledger Liveとは 設定方法や使い方、注意点について

 

3)Ledger Managerアプリのインストール(*2019年6月追加。Ledger Liveアプリをインストールするだけで済むようになりました)

 

Ledger Managerアプリは、Ledger Nano S本体をパソコンにUSB接続した際に通貨の送受信をしたり、ファームウェアアップデートを行うために必要となるアプリです。

 

またアプリの追加や入れ替えの時にも必要となります。

 

これは必須のアプリです。PINコードの設定、リカバリーフレーズの設定に続いて設定しましょう。

 

パソコンにLedger ManagerアプリをインストールするにはGoogle Chromeがインストールされていることが前提になります。

 

1.ChromeウェブストアのLedger Managerアプリダウンロード画面にアクセスします。

 

2.画面右上の「+Chromeに追加」ボタンをクリックしパソコンにダウンロードします。

 

3.インストール後Ledger Nano S本体のディスプレイを見ると、「Allow Ledger manager?」LedgerManagerを許可しますかと表示されているので、右のボタンを押して「レ」を選択し決定します。

 

次いで、パソコンとLedger Nano Sが同期されます。

 

4.同期が終わり次第、パソコンにLedger Managerの操作画面が表示されます。

 

 

 

 

4)Ledger Walletアプリのインストール(*2019年6月追加、Ledger Liveアプリをインストールするだけで済むようになりました)

 

これは任意の設定になりますから、それぞれの状況に応じてインストールしてください。

 

Ledger Walletアプリにはビットコイン用とイーサリアム用、リップル用があります。

 

ビットコイン、イーサリアム、リップルをLedger Nano Sに送付したい場合には、それぞれのLedger Walletアプリをパソコンにあらかじめインストールする必要があります。

 

インストールされていなければ、操作画面がパソコンに表示されません。

 

それぞれのアプリのダウンロード後はLedger Managerアプリと同様に処理してください。

 

まとめ

 

ハードウェアウォレットはコールドウォレットの1つで、仮想通貨を管理するにはセキュリティの最も優れたアイテムです。

 

多額のトークンを安全に簡便に管理するには必要と言えるでしょう。

 

そのハードウェアウォレットの中で人気があるLedger Nano Sは扱えるトークンが豊富で値段も手ごろなので、正規取扱店から誰の手も付けられていない本物の新品を手に入れてみましょう。

新しいソフトに更新されています。Ledger ManagerアプリとLedger Walletアプリが一体化してLedger Liveアプリになりました。2019年6月追加
参考記事⇒新しいアプリ Ledger Liveとは 設定方法や使い方、注意点について

スポンサーリンク

関連記事

ビットコインとは アルトコインとの違い 代表的なアルトコインについて

    暗号通貨(仮想通貨)で最初に分散化されたデジ

記事を読む

仮想通貨とは 日本では貨幣なの?取扱店のメリットについて

    2017年は仮想通貨で大金を稼いだ人がたくさ

記事を読む

マイイーサウォレットとは iPhoneでも作成できる?登録と注意点

      イーサリアムというアルトコイ

記事を読む

マイイーサウォレットとは トークンの送金方法と手数料について

      イーサリアムというアルトコイ

記事を読む

Ledger Nano Sのアップデートとは 起きるトラブルと対処法について

    仮想通貨つまり暗号通貨の認知度は上がってきま

記事を読む

マイイーサウォレットとは 登録の仕方と注意点について

      イーサリアムというアルトコイ

記事を読む

仮想通貨の種類 本物の見分け方と利用の仕方について

    2018年は仮想通貨で大金を稼ぐ人はほどほど

記事を読む

Ledger Nano Sでリップルを管理 設定の仕方とトランザクションの確認について

    仮想通貨つまり暗号通貨の認知度は上がってきま

記事を読む

マイイーサウォレットとは カスタムトークンの追加が必要な時とその方法

      イーサリアムというアルトコイ

記事を読む

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)の購入 日本正規販売代理店と包装について

    仮想通貨つまり暗号通貨の認知度は上がってきま

記事を読む

PAGE TOP ↑