Ledger Liveの偽サイトについての注意とバージョンアップについて

 

 

Ledgerのアップデートがあって、Ledger Liveに更新されている人も増えてきました。

 

そんな中、Ledger Liveの偽サイトが出てきたようです。

 

偽サイトについての今の状況と今後について、Ledger Liveのアップデートについて情報共有します。

 

スポンサーリンク

Ledger Liveの偽サイト

 

現時点ではGoogle検索すると悪質な偽サイトが表示されます。

 

間違っても開かないでください。

 

URLを見ると、全く違うので注意しましょう。

 

偽サイトにアクセスすると、

 

Ledger製品が表示され、それをクリックすると画面が切り替わり、24単語のリカバリーフレーズを入力するよう要求されるとのことです。

 

そこに24単語のリカバリーフレーズを入力すると、あなたの全財産が盗まれてしまいますから、

 

絶対に入力しないでください。

 

正規のサイトとLiveのバージョンアップ

 

ちゃんとURLを確認して操作するようにしましょう。

 

正規のURLは以下のようになっています。

 

Ledger本社URL

https://www.ledger.com

 

Ledger Liveについてはこちら⇒新しいアプリ Ledger Liveとは 設定方法や使い方、注意点について

 

最新のLedger Liveバージョン1.14.0では、最大1250個のERC20トークンをLedger Liveで管理できるようになりました。

スポンサーリンク

 

Ledger Liveにイーサリアムアプリでアカウントを追加すると、イーサリアムアカウントに属するトークンをLedger Live上で表示できるようになりました。

 

マイイーサウォレットで管理する必要がなくなったのがうれしいですね。

 

サポートされているERC-20トークン(イーサリアムトークン)などはこちら⇒Supported Crypto Assets

 

*サポートされていないERC-20トークンは、今まで通りにマイイーサウォレットなどで管理ができます。

 

注意すべきこと

 

今はGoogle検索だけのようですが、

 

今後他の検索エンジンでも詐欺サイトが出現したり、

 

他のキーワードで検索した場合にも詐欺サイトが出現する可能性があります。

 

用心するようにしましょう。

 

まとめ

 

暗号通貨も暗号資産と名称が変わり、認知度も上がってきているようです。

 

そうなれば、必然的に悪いことをする人が出現するようになります。

 

ネットリテラシーを高めて、詐欺被害に遭わないよう気を付けていきましょう。

 

参考記事⇒Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)とは 購入と初期設定について

スポンサーリンク

関連記事

新しいアプリ Ledger Liveとは 設定方法や使い方、注意点について

  暗号資産(仮想通貨)を管理する上でLedger Nano Sなど

記事を読む

仮想通貨の種類 本物の見分け方と利用の仕方について

    2018年は仮想通貨で大金を稼ぐ人はほどほど

記事を読む

仮想通貨の税金 税の分類はどれ 税額の計算と今後の推移の予想について

        20

記事を読む

Ledger Nano Sとマイイーサウォレットとの連携 対応トークンと操作法について

    仮想通貨つまり暗号通貨の認知度は上がってきま

記事を読む

仮想通貨の取引所とは どこの取引所が良いのかとその理由について

    円を仮想通貨に両替することは普通の銀行ではや

記事を読む

Ledger Nano Sの中古品などの危険性は?どうすれば安全?処理の仕方について

    今は全世界で一番仮想通貨を持っているのは日本

記事を読む

ハードウェアウォレットとは 他のウォレットとの比較とメリットとデメリットについて

    仮想通貨つまり暗号通貨の認知度は上がってきま

記事を読む

仮想通貨と法定通貨の違い それぞれのメリットとデメリットについて

    日本では2017年4月1日に「改正資金決済法

記事を読む

マイイーサウォレットのハッキングとは ハッキングによる被害を防ぐには

      イーサリアムというアルト

記事を読む

マイイーサウォレットとは 登録の仕方と注意点について

      イーサリアムというアルトコイ

記事を読む

PAGE TOP ↑