LINE PayでLINEポイント付与 付与条件とポイント還元率(マイカラー)について

 

 

以前LINEフリーコインというのがありましたが、2016年4月25日よりLINEポイントに統合されました。

 

LINEウォレットの中に「LINE Pay」というものがあり、うまいこと使えば、LINEポイントがお得に貯められます。

 

LINEポイントは1ポイントが1円相当なので、条件次第で他のポイントサービスなどよりも還元率が良くなります。

 

また、銀行口座登録で円に交換が可能なのもLINE Payの魅力の一つになっています。

 

LINE PayでLINEポイント付与、付与条件とポイント還元率について紹介します。

 

スポンサーリンク

LINE PayでLINEポイント付与

 

LINEポイントは1ポイントあたり1円相当とされていて、LINEプラットフォーム上で貯めたり、使ったりできます。

 

貯める方法の1つに「LINE Payでの支払い」があり、

 

LINE Payを登録して決められた設定をして、決められた支払いを使うことでLINEポイントが付与されます。

 

*注意:2019年8月1日よりLINE Payのサービスを利用したことで付与される「LINEポイント」が{LINE Pay ボーナス」に変更されました。

 

LINE Payに登録するには、規約に同意するだけで簡単に登録できます。入会費・年会費は無料です。

 

詳しくはこちら↓

参考記事⇒LINE Payとは 登録やチャージの方法について

 

 

付与条件について

 

LINE PayでのLINEポイントの付与については条件があります。

 

本人確認をしていないLINE CashアカウントではLINEポイントは貯まりません。

 

本人確認と言っても、LINE Payに銀行口座の登録するだけなので簡単です。

 

LINE Payに銀行口座を登録すればLINE Moneyアカウントとなり、LINEポイントが貯まる上に以下のことが可能になります。

 

1)LINE Pay残高が100万円まで可能になる。(Cashアカウントでは10万円まで、ただ補償はどちらにしても10万円までなので注意しましょう。)

 

2)LINEの友だちに送金が可能になる。

 

3)LINE Payの口座残高を銀行口座へ出金可能になる。(出金手数料(1回につき216円)がかかりますが、現金にできます。)

 

本人確認したLINE Payを使って、

 

実店舗でのQR/バーコード支払い、

 

LINE Payカード支払い、

 

LINE Pay残高でのオンライン決済、

 

LINE Pay 請求書支払い(税金を除く)、

 

LINE Pay 外貨両替、

 

LINE Payに登録されたクレジットカードでの支払い、

 

自販機での支払い、

 

Google Payに登録したLINE PayカードでのQUICPay支払い、

 

をすればLINEポイントは付与されます。(一部付与対象外店舗があるようです:JR西日本、dショッピング 家電、プレミアムバンダイ、Wowmaでの「Joshin web 家電」など)

 

ポイント還元率について

 

毎月末日までの

 

実店舗でのQR/バーコード支払い、

 

LINE Payカード支払い、

 

LINE Pay残高でのオンライン決済、

 

LINE Pay 請求書支払い(税金を除く)、

 

LINE Pay 外貨両替、

 

LINE Payに登録されたクレジットカードでの支払い、

 

自販機での支払い

 

Google Payに登録したLINE PayカードでのQUICPay支払い、

 

に応じてランク(マイカラー)が付与され、そのランクに応じてLINE ポイントの還元率が決まります。

(毎月1日の9時59までは、前月のマイカラーでポイントは算出されます。当月のマイカラーは10時以降の適用になります。)

 

 

 

 

 

それぞれの支払い・決済などでの付与時期は以下のようになります。

 

1.実店舗でのQR/バーコード支払い、LINE Pay 請求書支払い(税金を除く)、LINE Pay残高でのオンライン決済、LINE Pay 外貨両替、自販機での支払い

支払いの当日から数日後

 

2.LINE Payに登録されたクレジットカードでの支払い

支払いの当日

 

3.LINE Payカード支払い、Google Payに登録したLINE PayカードでのQUICPay支払い

売り上げ確定の当日

 

 

前月の支払によりマイカラーが決定され還元率が決まります。

 

0~9999円の支払い:ホワイト、還元率0.5%

 

10000~49999円の支払い:レッド、還元率0.8%

 

50000~99999円の支払い:ブルー、還元率1%

 

100000円~の支払い:グリーン、還元率2%

 

ただ、注意点は、LINE Payカードの場合、支払いが確定してから実績として反映されます。(使用した加盟店によっては反映が遅れる場合(最大2ヶ月)もある。)

 

登録したクレジットカードによる場合は翌日反映ですが、その他では、数日反映にかかる場合もあるようです。

 

必ず翌月に反映されるとは限らないと認識しておきましょう。

 

付与予定分のポイント数は「LINEウォレット」から通知されるトークで確認できます。

(一部付与対象外店舗があるようです:JR西日本、dショッピング 家電、プレミアムバンダイ、Wowmaでの「Joshin web 家電」など)

 

 

また、ポイント獲得の上限は1ヶ月あたり100万円までの支払いに対しての付与になります。

 

もし、マイカラーがグリーンで100万円を付与対象店舗で使った場合は20000ポイントで1ヶ月の最大ポイント数になります。

 

この算出の仕方も注意が必要で、100円ごとのポイントになるので、50円などの端数に対するポイントはありません。

 

また、1回の支払いで100万円を超えてしまったり、100万円をまたいでしまった場合の分はカウントされません。(例:50万円支払い後の、52万円支払い分は無効になります。)

 

ただ、105万円支払い後の3万円の支払い分に対しては付与されるようです。ややこしいですね。

 

ポイントを効率的にもらうには、支払いはちょうど100万円以下でおさめるようにしましょう。

 

また、別のキャンペーンを展開中で「実店舗でのQR/バーコード支払い」で+3%別でポイントが付与されます。

 

マイカラーがグリーンの場合はトータルで5%の還元率になります。(今のところ2019年7月31日までのキャンペーンになっています。)

 

他にも期間限定でいろんなキャンペーンもされています。

 

 

 

 

まとめ

 

LINEはいろんなサービスを展開しています。

 

そのサービスの中で。LINE Payは注目を浴びています。

 

使い方によっては、LINEポイントがお得に貯められます。

 

キャンペーンなどを利用すれば、なお有利になります。
参考記事⇒LINEとは スマホに新規登録する方法 アカウントの作り方について

 

スポンサーリンク

関連記事

忙しくてLINEで返事が書けない時 内容だけ確認する方法 問題点はある?(iPhone)

    スマホではLINEは便利なツールです。

記事を読む

LINEのトークなどを非表示にしたり再表示させる方法と注意点

    LINEを使っていると、登録している友人など

記事を読む

機種変更時にLINEのアカウントを引き継ぐ どうする?その詳細について

    技術も進歩し、いろんなスマホが次々と市場に出

記事を読む

スマホから固定電話に無料でかける その方法と 設定について(iPhone)

      スマホを契約していたりす

記事を読む

LINEをタブレットに登録できる?電話番号は必要?無くてもできる?

    LINEの広まりは目をみはるものがあります。

記事を読む

格安スマホにLINEのID検索で取得した友だちを追加する方法は

      いきなり格安スマホを購入してLI

記事を読む

no image

LINEの通知バッジとは 表示数と内容が不一致?(2019年9月19日)対処の仕方について

LINEは良く使うメッセージアプリです。   簡単に連絡がとれ

記事を読む

PC版LINE アカウント作成のメリットは ガラケー 固定電話では

      今の時代、スマホは1人に1台、場

記事を読む

LINEのアカウントを他のスマホで使える? 使えるものと設定の仕方

    スマートフォンに入れておきたいツールの1つに

記事を読む

LINE Payの送金機能と割り勘機能について

    日本は銀行口座保有率が世界の中でも上位に入り

記事を読む

PAGE TOP ↑