LINEを電話番号なしでアカウントを取得する方法とその問題点

 

 

最近、LINEはSNSの中で圧倒的に広がっているような気がします。

 

いろんな人とつながっている感があって日に日に会員数を増やしているのではないでしょうか。

 

個人間での親密度をあげるのはLINEが一番でしょう。

 

もちろん、ビジネスユースで使っている人も多いですね。

 

これからもLINEのアカウントを取得したい人が増えるでしょうから、気軽に取得する方法とその問題点などを紹介します。

 

スポンサーリンク

LINEのアカウント取得

 

LINEでは個人間での情報のやりとりを重視するためか、基本的に電話番号を持つ携帯端末での使用を想定していますが、

 

パソコンやタブレットなどの、通話ができない「電話番号のない」端末への変更でも。LINEを引き継いで利用することもできます。

 

また、機種変更で「電話番号が変更になる」場合でも、事前に設定をしていれば、アカウント情報やスタンプ、トーク履歴などを引き継ぐことは No Problem と言えます。

 

LINEもいろいろ改定などを繰り返し、個人情報の保護にも努めてくれていますが、電話番号で認証することが危険性をはらんでいることもあります。

 

電話番号認証は友人から検索されやすいメリットがありますが、同時に業者などがあなたをかぎつけてやってくることになりかねません。

 

見知らぬ人からの連絡なんかがあったりすると、情報が漏れていることになります。

 

人によっては架空請求をされたという情報もあるので、できれば電話番号認証を避けたいと思うのが人情ですね。

 

実はLINEには裏技で電話番号認証を使わずにアカウントを取得することができる方法が用意されています。

 

その方法には、少しばかり問題点があるのですが。

 

電話番号を登録せずにLINEを始めたい人にとっては、そのことはとるに足らないことに思えるのかもしれないですね。

 

電話番号なしで取得する方法

 

LINEのアカウントを取得する方法は、次の2つがあります。

 

良く知られている「電話番号認証」による方法。

 

裏技的な「Facebook認証」による方法。

 

があります。

 

 

*新たに「固定電話を使う方法」が追加されました。

 

LINEアプリ起動後の新規登録画面でスマホの電話番号を入れるところで、固定電話の番号を入力します。

 

固定電話ならSMSのメッセージが送れないので、次のSMSメッセージ送出に「OK」すると、

 

SMSが届かない場合のために「通話による認証」の表示があり、タップして選択できます。

 

「次へ」をタップします。

 

すると、電話で認証番号を知らせることに「OK」でいいかを聞いてきますから「OK」をタップします。

 

タップすると固定電話にLINEから電話(自動音声)がかかり「4桁の認証番号」が伝えられます。

 

その認証番号を利用登録画面に入力すれば認証できます。

 

あとはスマホの電話番号認証と同じように処理します。(名前の登録、友だち自動追加と友だちへの追加を許可について、年齢確認、メールアドレスの登録、連絡先へのアクセスと通知の許可やトーク履歴のバックアップについて(iPhoneのみ))

 

 

ただ、PC版LINEでは固定電話でも登録が可能になります。

参考記事⇒スマホなしでPC(パソコン)版LINEを使う 登録の仕方と使い方について

 

Facebookアカウントを持っていれば、LINEに電話番号を登録せずにLINEアカウントを取得できるのです。

 

スマホやタブレットで取得するにはLINEアプリ、メールアドレス、Facebookアカウントが必要になります。

 

Facebookにログインする必要があるので、ログインに必要なFacebookに登録されているメールアドレスとパスワードが必要になります。

 

既にFacebookのアカウントを持っている場合はそれを使えばいいですが。

 

連携するとFacebookの情報が漏れたりしないかと不安に思えたりしますよね。

 

それが気になる人は、LINEアカウントのためだけにFacebookアカウントを新規に取得することをおすすめします。

 

Facebookで投稿したり、人とつながりたい人は正規のものですることにして、LINEアカウントのためだけに新規にFacebookアカウントを取得するのは問題ないように思います。

 

だって、投稿したりするのが目的じゃないんですから、1つのツールとしてお借りするという感覚でいいんじゃないでしょうか。

 

GmailなどでLINEアカウントのため新しいメールアドレスを取得して、LINE登録用のFacebookアカウントを作成する。

 

ツールと思えば、Facebookの名前も別名でもいいかなと思えますね。

 

そういう風にして作ったなら、あなたの情報は何も漏れないように思えますよね。

 

LINEの代わりに自身で情報漏えいを防ぐ手立てをしていると思いましょう。

 

Gmailのメールアドレスは簡単に作れます。Googleのアカウントを作るときのユーザー名がGmailとして使われます。

参考記事⇒Googleを使いこなす アカウントの作成とクロームの設定について

 

 

1)Facebookのアカウント作成

 

新しいメールアドレスを用意してFacebookの新規登録ページへアクセスします。

登録はこちら⇒Facebook

 

それから、名前(偽名でもOK)を入力。

 

メールアドレス(新規で作成したもの)を入力。

 

生年月日を入力。

 

性別を入力。

 

パスワードを入力。(自分で決めましょう)

 

入力が終わったら、「アカウント登録」をタップあるいはクリックすると、そのメールアドレスにFacebookからメールが届き、その中に5文字の数字があるので、その認証コードをFacebookに入力して認証しましょう。

スポンサーリンク

 

その認証後に電話番号入力をすすめられますが、右上にある「次へ」を選択すればスルーすることができます。

 

特に使う予定がないアカウントなので、以後はすべてスル―してもいいでしょう。

 

全て設定が終わればFacebookアカウント(LINE取得用)の完成です。

 

 

 

2)LINEのアカウント作成(Facebookアカウントによる)

 

LINEアプリをダウンロードしてインストールしたうえで、LINEアプリを開きます。

 

(取得したFacebookアカウントでFacebookアプリにログインしておきましょう。LINEアカウントの作成がスムーズになります。)

 

右下にある「新規登録」からアカウントの新規取得ページへ行きます。

 

電話番号入力画面が出てきますが、スルーして、下にある「Facebookでログイン」を選択します。

 

そのFacebookの登録名**(偽名など)で「**としてログイン」というボタンが出ればそれを選択して登録が完了します。

 

そういうボタンが出ない場合(Facebookアプリを起動していない時)は「電話番号またはメールアドレスでログイン」を選択し、

 

次の画面で「Facebookアカウントのメールアドレスとパスワード」を入力してログインボタンを押せば登録が完了します。

 

 

その次の画面ではLINEで使う「名前」の設定画面が出ます。

 

OKならば「登録」ボタンを押します。

 

次のページでは年齢認証です。ここでは「年齢確認をしない」を押してください。

 

次のページではLINE用のメールアドレスとパスワードを入力してください。

(Gmailなどはいくつでもメルアドを作れます、または、Facebookで使ったメルアドとパスワードでもOKです。)

 

すぐに、メールアドレスに認証番号の入ったメールが届くので、その認証番号を、LINEに入力しましょう。

 

最後に「メール認証」ボタンを押せばLINEアカウントが作成されます。

 

お疲れ様でした!

 

電話番号なしで取得する時の問題点

 

Facebook認証で情報漏えいの不安が和らぎましたね。

 

でも、そうすることによって、一部使えない機能が出てきます。

 

1)LINE OUTが使えない。

 

LINEを利用していない携帯電話や固定電話に安い通話料で電話を変えることができる機能です。

 

詳しくはこちらの参考記事で、

参考記事⇒スマホから固定電話に無料でかける その方法と 設定について(iPhone)

 

 

2)スタンプを購入することも、プレゼントとしてもらうこともできません。

 

まあ、一部の友だち追加でもらえるスタンプなどはもらえることもあるようです。(要確認)

 

スタンプを使えないことは残念と思う人がいるかもしれないですね、そのためにはFacebook認証をあきらめる人がいるかもね。

 

私も気に入ったスタンプ使っているので、今となってはFacebook認証しなくてよかったです。

 

*Facebook認証であっても事後で電話番号を登録すれば可能になります。

 

 

3)ID検索が使えません。

 

ID検索?と思う人もいるでしょうから、簡単に説明しますと、

 

LINEに友達などを追加したい時に、そのIDを検索すれば簡単に追加できる機能です。

 

これが、できなくなるのでQRコードでの読み取りで補いましょう。

 

相手のメールアドレスがわかれば、QRコードをメールで送れますから、それほど困らないかもしれません。

参考記事⇒LINEで登録してほしい知人に友だち登録してもらう その操作法について(なかなか会えない場合)

 

まあ、ID検索が簡単なので、それに比べれば、少し面倒にはなりますけどね。

 

4)LINEポイントが使えません。

 

LINEポイントのキャンペーンなどに参加するには電話番号の登録が必要になります。

 

Facebook認証でアカウント作成した後でもいいので登録する必要があります。

 

でないと、ポイントをもらうことも、使うこともできません。

 

5)LINE Pay機能が使えません。

 

LINE PayはLINEアプリで使うことのできるお財布サービスです。

 

お買い物したり、LINEのお友だちに送金したり、支払いを割り勘にしたりできます。

 

利用登録には電話番号の確認があります。

 

後でもいいので電話番号登録が必要になります。

 

まとめ

 

LINEアカウント作成にあたり、Facebook認証で情報漏えいを防ぐ手立てをとるか、スタンプの魅力などをとるかはあなた次第です。

 

どちらがより魅力的なことかで、どうするかが決まるでしょう。

 

参考記事⇒LINEとは スマホに新規登録する方法 アカウントの作り方について

参考記事⇒LINEを機種変更時に電話番号なしで引き継ぐ方法と注意点などについて

参考記事⇒LINEを電話番号なしでスマホに設定する 何を使うのか その詳細について

参考記事⇒LINEのアカウントを他のスマホで使える? 使えるものと設定の仕方

参考記事⇒機種変更時にLINEのアカウントを引き継ぐ どうする?その詳細について

参考記事⇒PC版LINE アカウント作成のメリットは ガラケー 固定電話では

スポンサーリンク

関連記事

LINE Payの送金機能と割り勘機能について

    日本は銀行口座保有率が世界の中でも上位に入り

記事を読む

LINEで簡単に友だち追加する 何を使う? その操作法について

    スマホにもいろいろあるけれど、私はiPhon

記事を読む

スマホなしでPC(パソコン)版LINEを使う 登録の仕方と使い方について

    以前のLINEではスマホやガラケーでアカウン

記事を読む

LINEを電話番号なしでスマホに設定する 何を使うのか その詳細について

    LINEはいろいろと使えて便利です。

記事を読む

LINEのアカウントを他のスマホで使える? 使えるものと設定の仕方

    スマートフォンに入れておきたいツールの1つに

記事を読む

LINE Payとは 登録やチャージの方法について

    飲み会のときなどに、あらかじめ会費を決めて徴

記事を読む

LINEで相手をブロックしたり解除する方法とその注意点について

    LINEを使っていると、登録している友人などが増

記事を読む

LINEをタブレットに登録できる?電話番号は必要?無くてもできる?

    LINEの広まりは目をみはるものがあります。

記事を読む

格安スマホにLINEのID検索で取得した友だちを追加する方法は

      いきなり格安スマホを購入してLI

記事を読む

no image

LINEの通知バッジとは 表示数と内容が不一致?(2019年9月19日)対処の仕方について

LINEは良く使うメッセージアプリです。   簡単に連絡がとれるので重

記事を読む

PAGE TOP ↑