中秋の名月とは何?どうやって調べるの?その日はいつなの?

 

 

 

 

暑い夏が終わると秋になります、まだ残暑がありますが、秋分の日が近づくと次第に涼しくなり日々が過ごしやすくなってきます。

すると、秋の風情のあるお月見という行事も近づいてきますね。あなたは毎年楽しまれていますか。

静かな涼しい雰囲気の中で過ごすひとときは格別なものがありますね、雨が降ると月が見れないので晴れていてほしいと願いますよね。

お月見というのは中秋の名月とも呼ばれていますが。

その中秋の名月とはどんなものなのか、それはいつで、どうしたらわかるのかを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

中秋の名月とは

中秋の名月とは旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事のことである。

中国から伝わり奈良平安の時代から「月見の宴」が貴族の中で催されていた。

名月を鑑賞する風習が日本に入った当初は、貴族特有の優雅な催しで詩歌や管弦を楽しみつつ酒を嗜むというものであった。

そのころはまだ庶民には浸透してなくて、江戸時代から庶民が親しむ行事になっていったらしいです。最初の頃は芋煮食べて楽しむというのが主流だったのですけどね。

それが次第に供え物をするようになり、江戸の後期ごろには丸い形をした月見団子が供えられるようになったとの記録があるそうです。

中秋というのは、秋が旧暦の上では7~9月のことを指すのですが、その真ん中の日のことを中秋と呼んでいるのです。

この旧暦の8月15日には満月になることが多く、名月と呼ばれるくらいお月見には最適な日なのです。

(本当に満月なのは年によっては8月15日ではないのですが)

15日ということで15夜とも呼ばれます。

中秋の名月の夜に、月に照らされた縁側に机を置いて花瓶にススキを入れ、秋の七草があればそれも入れても良いです、部屋の正面から見て、右側にお団子、左側にススキの入った花瓶や季節の果物や野菜などを盛り付けたものを置きます。

お団子はお米で作られた丸いもので、季節の果物や野菜といえば、梨、栗、柿、ぶどう、里芋、さつまいも、かぼちゃなどです。

お団子は三方(さんぽう)という、お供え物の道具にのせますが、無ければ白い皿に白い紙を敷いて代用でもいいです。

日本では庶民に広まった時に、もともとからあった お月様に対する信仰にからまって、秋の満月の時に、美味しい果物やお米がとれて、ありがとうございましたとお団子を作ってお礼をしたんだそうです。

真ん中のススキはお月様(神様)が現れるときに宿るところとしてまつられています。

ススキがまつられたのは稲穂に良く似ているからと言われていて、また、がまの穂を使うこともあるようです。(稲穂はまだ稲が収穫前ですから無いです)

 

中秋の名月がいつか調べる方法

実際に求めるのは、複雑な計算があり天体の位置などもわからないといけないので、われわれには無理ですが。

次のところでわかるようです。

スポンサーリンク

国立天文台 毎年2月の始めの官報に翌年の暦要項を告示しているため、次の年の旧暦の8月15日がいつかわかるようになっています。

海上保安庁海洋情報部 2010年までの新暦旧暦の対照表を非公式ながら公表している。

官報は独立行政法人 国立印刷局で公告されています。国立印刷局のホームぺ―ジにて官報販売所を調べて問い合わせて官報の購入を申し込んでいただくかホームページ内では30日前までの官報の無料閲覧が可能です。つまり、2月1日から3月1日くらいまでなら閲覧が可能です。(官報販売所は各都道府県に1ヶ所あります*愛知県だけ2ヶ所)

それ以外は国立印刷局のホームぺ―ジにて有料登録をすれば昭和22年5月3日分以降の分が閲覧できるようになります。

ホームページには少しあやふやな表現があり閲覧が可能とも思えたため、実際試してみたところ無料で確認できたのは直近30日分までの分でした。

*独立行政法人 国立印刷局のホームページはこちら

ttp://www.npb.go.jp/ja/books/(先頭にhを付けてください)

 

2010年から2030年までの旧暦8月15日はいつなの

最近の旧暦8月15日は以下のようです。

中秋の名月
2010年 9月22日
2011年 9月12日
2012年 9月30日
2013年 9月19日
2014年 9月8日
2015年 9月27日
2016年 9月15日
2017年 10月4日
2018年 9月24日
2019年 9月13日
2020年 10月1日
2021年 9月21日
2022年 9月10日
2023年 9月29日
2024年 9月17日
2025年 10月6日
2026年 9月25日
2027年 9月15日
2028年 10月3日
2029年 9月22日
2030年 9月12日

2010年以前は官報の2月の初日分を国立印刷局のホームぺ―ジにて有料登録をしてお調べください。

2031年以後は前年度に官報の2月の初日分を申し込まれるか、前年度の2月~3月1日までの間に無料で国立印刷局のホームぺ―ジで確認されるか、それ以外の日には国立印刷局のホームぺ―ジにて有料登録してお調べください。

まとめ

中秋の名月とはどういうもので、その毎年の月日は前年度の2月の初回の官報でわかることがわかりましたね、もし知りたければ、前年度の2月から3月1日の間に国立印刷局のホームぺ―ジで2月の初回の官報を閲覧すれば無料でわかりますから試してみてくださいね。

関連記事中秋の名月に食べるもの その意味とおすすめなものは

スポンサーリンク

関連記事

父の日にはどうする?花を贈る?品物は何にする?イベントは?

  父の日は6月の第3日曜ですが。あなたはいつも感謝の気持ちを込めてプレゼン

記事を読む

お盆に供える精霊馬とは、供える時期と処分の仕方について

    最近では、お盆というのは、休みのイメージが先行してい

記事を読む

栗拾いをするには、滋賀県ではマキノピックランドがあります。

      暑い夏が過ぎると、食欲の秋が訪れ

記事を読む

ゴールデンウィークを有意義に過ごす方法はバーベキュー?

    5月の大型連休、ゴールデンウィーク、家族サービスを考

記事を読む

敬老の日のプレゼントにおすすめ孫から贈るクッキーとメッセージ

        敬老の日は

記事を読む

京都から行く滋賀でのサイクリング レンタサイクルとおすすめコース

    風を切って走るのが気持ちいい季節になると、 サ

記事を読む

七五三とはどういうものなの 男の子はいつ祝うの? 女の子はいつ祝うの?

  少し前は、七五三の時にはお食事などを楽しむことがあったようです。

記事を読む

エイプリルフールとは いろいろな起源説と日本における歴史について

    4月1日にユーモアあふれる嘘をついたことがあ

記事を読む

母の日のプレゼントは、社会人になった息子は何をどうすればいい?

      親のありがたみを身にしみて感じる

記事を読む

大阪城ウォーターパークとは アトラクションとスマホでの撮影について

    2016年の7月より始まった水遊びの祭典 「大

記事を読む

PAGE TOP ↑