日焼け対策に有効な食べ物はどれ、NGな食べ物とその活かし方

 

 

昔は、小麦色の肌が流行った時期もありましたね。

最近は、美白に対する意識が高まっていて、紫外線対策がみんなの注目を集めています。

まず、考えるのは、どんな日焼け止めを使うのか、どんな服装で外に出るのかということですが。

日焼け止めでは十分な効果は得られないですし、服装を考えるとオシャレでなくなったり行動が制限されたりします。

そこで、内からの作用で日焼け対策を考えてみてはいかがでしょう。

食事の栄養で日焼け対策に有効なもの、NGなものとその活かし方などを紹介します。

 

スポンサーリンク

日焼け対策に有効な食べ物など

地表に届いている紫外線にはA波とB波があります。紫外線A波は波長の長い方で真皮まで届き、コラーゲンなどの組織細胞を破壊し、肌のはりをなくしたりしわの原因になると言われ、紫外線B波は波長の短い方で表皮に作用し、しみやそばかすの原因となるメラニンを生成させると言われています。(紫外線C波はオゾン層で守られているため届いていないが、オゾン層破壊が進んでいる今、生体に対する破壊性が一番あるが故、懸念されている)

A波の方が肌に悪いとされていますが、日焼けに、より影響するのはB波で、体の防衛反応がゆえのメラニン生成なのですが、しみやそばかすにならないようにしないといけないですね。まあ、B波が作用してビタミンDが作られるので、適切な日光浴は健康には必要となる。なおB波は衣服で遮られるため肌を露出したうえでの日光浴が必要である。

いろんな栄養成分の中でよりお肌を守ってくれるのはビタミンCやビタミンA、Eなどと言われています。

特にビタミンCは、抗酸化作用で肌の新陳代謝を促し、黒色メラニン色素の生成を抑制し、コラーゲンやエラスチンの生成を促すこによりお肌のハリと白さを保ちます。

ビタミンAは皮膚や粘膜の分化・成長に関与してますし、ビタミンEは抗酸化作用により細胞の老化を予防することが期待できます。

この3つのビタミンはよりお肌の新陳代謝を促してくれそうですね。

そんなビタミンCが多く含まれているものとして日焼けに良さそうなのは。

ブロッコリー、カリフラワー、カブや大根の葉、赤ピーマン、芽キャベツ、ごぼう、かぼちゃ、ネギ、レタス、キャベツ、トマト、サツマイモなどの野菜や、イチゴ、リンゴ、スイカ、桃、バナナ、ぶどうなどの果物が良さそうです。

お手軽にとれそうなのでビタミンCが多いのはイチゴですね。トマトもお手軽ですがミニトマトの方がいいでしょう。最近注目されているのはスイカとサツマイモです。

これらのものをアレンジして、食べてはいかがですか。

スポンサーリンク

あとハトムギ(よくいにん(薏苡仁))もお肌にいいかもしれないです、グルタミン酸、ロイシン、チロシン、バリンが含まれていて肌の新陳代謝を高め、肌コンディションを整えターンオーバーを促すことが期待でき、成分のコイクセラノイドは肌荒れに効果的、有機ゲルマニウムも肌荒れ・乾燥、肌の透明感に効果があるとかです。

日焼け対策にNGな食べ物など

先ほどのビタミンCの食材のラインナップを見て、あれって思っている人もいらっしゃるでしょう。実はビタミンCなどが含まれていても注意すべきものがいっぱいあるんです。

ソラレンというものを多く含んでいるものは、その作用で、紫外線を浴びると肌を黒くしやすくなるらしいです。食べて2時間くらいが作用のピークになるので、朝とか昼に食べるときは注意が必要ですね。

注意すべき食材としては。

アシタバ、大葉、じゃがいも、しそ、みつば、キュウリ、パセリ、セロリ、野沢菜、春菊、ブロッコリーの茎などの野菜やレモンやオレンジ、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類、キウイ、アセロラ、クロレラ、いちじく、すだち、変わったところでそば粉などにソラレンは含まれているらしいです。

ソラレンは含まれているが小松菜、ニンジン、などはβカロチンが豊富なので比較的影響をうけにくいかもしれないですね。

ほかに気を付けておくべきは、防腐剤や人工甘味料、合成着色料など、添加物が多く含まれている加工食品などは、肌が日光に過敏に反応しシミができやすくなると言われていますし、安定剤やピル、鎮痛剤、抗生物質などの薬も種類によっては日光に過剰反応してしまう可能性があります。

また、アルコールを飲んだときや、体内にまだアルコールが残っているようなときも日焼けしやすくなるといわれています。

日焼け対策にNGなソラレンを含んだ食べ物を食べるには

ソラレンは食事をして2時間くらいで作用がピークになるので、朝と昼の食事には控える方がいいですよね。夕食ではそれほど影響しないと思います。紫外線が影響しませんから。

ソラレンが含まれているものでビタミンCが豊富なものは、夕食以後でOKです。ソラニンもピークを過ぎて数時間でなくなるので次の日にまでは影響しないでしょう。

ビタミンCは2~3時間で排泄されてなくなるので、こまめな補給が必要です。だから朝と昼には、最初に示した、イチゴやバナナ、ミニトマト、サツマイモなどを摂るようにすれば食事での日焼け対策ができると思います。

まとめ

いかかでしたか、あなたの日焼け対策は見えてきましたか、良いものを食べて内からお肌を元気にしてお肌の回復力を助けていきましょう。

他の対策と一緒にされれば、あなたのお肌は見違えるようになるかもしれません。お肌の元気な方が増えるのを願っています。

スポンサーリンク

関連記事

肩こりで利用するマッサージはどんな店がいい、その相場はどれくらい?

    今働いているところの1つで、事務員さんが最近よく見か

記事を読む

さつまいもを便秘解消に効果的に使うには、しつこい便秘の時はどうする?

      女性が好物であることも知られてい

記事を読む

痛風にならないために日ごろからやっておくこと その理由とおすすめについて

    痛風とは、高尿酸血症の人が何らかの原因で炎症

記事を読む

喪中はがきへの対応 マナーとタイミングなどについて

    喪中はがきは、突然やってくることもあります。

記事を読む

ノロウイルスの予防 気を付けるべき食材と調理のしかたについて

  最近では冬場になれば、ノロウイルスが流行しているとの報道がよくありますね

記事を読む

妊娠中の鉄分の必要量 どんな食材がいいの 摂取する際の注意点など

      鉄はヘモグロビンやミオグロビンを

記事を読む

スマートEXとチケット屋さん それぞれのメリットとは 使い分けについて

    関西から関東に行く場合などで新幹線を良く使い

記事を読む

モバイルSuicaに登録できるクレジットカード ビューカードを登録するメリットについて

    メリットの多いモバイルSuica、Andro

記事を読む

病気見舞いのタイミング 贈る品物を選ぶには 見舞金の相場など

    病気であったり、ケガであったりで入院や療養されている

記事を読む

喪中の範囲について 離婚した元配偶者との場合はどうなの 年賀ハガキは出してもいい?

    親族の突然の訃報に、間柄によって喪に服するべきなのか

記事を読む

PAGE TOP ↑