着払いできる配送は サイズ・重さなどでの料金 補償有無について

 

 


ヤフオク、メルカリなどを使っていると、落札された商品を送るのに着払いで送ることもあります。

 

配送してくれるサービスはいろいろありますが、着払いで送るのにはどこのどの配送サービスを使えばいいのか知りたいですよね。

 

着払いできる配送は、サイズ・重さなどでの料金や補償有無について解説します。

 

スポンサーリンク

着払いできる配送

 

着払いとは、宅急便などで運賃を受取人払いにする運送方法です。

 

通常の差出人が払う場合は元払いといいます。

 

郵便局、ヤマト運輸、佐川急便で着払いで配送できるものを抜き出してみます。

 

ゆうメール

書籍やDVDなどを格安で送れるゆうメールも着払いに対応しています。

送ることができるのは、冊子とした印刷物およびCDやDVDなどが送れます。(信書や手書きの紙などは送れません)

縦+横+高さ=170cm以内のもの。

重さが3kgまでです。(規格内(長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内)は1kgまで)

ゆうメールの場合、中身が見えるように、封筒の一部を切り取る、封筒の一部を透明にする、あるいは郵便局の窓口で中身を確認してもらうことが必要です。

郵便局かポストでも差し出すことができます。ポストに投函する場合は、封筒などに「ゆうメール 着払い」と書いておきます。

 

ゆうパック

定形外郵便やレターパックなどで送れないサイズが大きな荷物、重い荷物を送る場合に使えます。

郵便局や提携コンビニでも送れます。提携コンビニ:ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ローソンストア100

サイズと送り先で料金が変わります。補償や追跡が可能なので料金は高めです。

着払いでは専用ラベルを用います。

重さは30kg以内です。

 

ゆうパケット

宛名のシールは郵便局でもらうことになります。着払いの場合は窓口で「着払いでお願いします」と伝えれば着払いのシールを貼ってくれます。

ゆうパケットは重さは1kgまでで、縦+横+高さの合計が60センチ以内(一番長いところで34cm以内、厚さは3cm以内)となります。

荷物の厚さで料金が変わります。

 

ヤマト便

サイズは制限なし、重量は180kg以内、大きさと距離で料金が変わります。

ただ、宅急便よりも時間がかかります。

営業所からと集荷で着払いで送れます。

 

ヤマト宅急便(ゴルフ宅急便、スキー宅急便、クール宅急便を含む)

着払いでは専用のラベルへのあて名書きが必要です。

3辺合計160cm以内、25kg以内、大きさと距離で料金が変わります。

営業所からと集荷で着払いで送れます。

クール宅急便(コンビニ不可)以外はコンビニでも着払いで送れます。

提携コンビニ:セブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキなど

 

ヤマト宅急便コンパクト

専用BOX:縦25cmx横20cmx厚さ5cm

専用薄型BOX:縦24.8cmx横34cm

重量は制限なし、全国一律の料金です。

営業所からと集荷で着払いで送れます。

専用BOX(65円)などを購入する購入する必要がある。

 

佐川急便

飛脚宅急便

3辺合計160cm以内、重量30kg以内のお荷物、大きさと距離で料金が変わります。

営業所や取次店からと集荷で着払いで送れます。

遠くへ早く送れる飛脚航空便は、料金が高めです。

着払い専用伝票を使います。(営業所:ピンク、取次店:オレンジ)

 

飛脚即配便

3辺合計260cm以内の重量50kg以内のお荷物、大きさと距離で料金が変わります。

都市部を中心とした特定エリアへ当日中に送るサービス

営業所や取次店からと集荷で着払いで送れます。」

着払い専用伝票を使います。(営業所:ピンク、取次店:オレンジ)

 

飛脚特定信書便

請求書や証明書など「信書便物」を送ります。大きさと距離で料金が変わります。

[1号]3辺の合計が73cm超160cm以内、または重量が4kg超30kg以内のお荷物

[3号]3辺の合計が160cm以内、重量30kg以内のお荷物

営業所や取次店からと集荷で着払いで送れます。

着払い専用伝票を使います。(営業所:ピンク、取次店:オレンジ)

 

飛脚ラージサイズ宅急便

3辺合計260cm以内の重量50kg以内のお荷物、大きさ、重さと距離で料金が変わります。

営業所や取次店からと集荷で着払いで送れます。

遠くへ早く送れる飛脚ラージサイズ航空便は、料金が高めです。

着払い専用伝票を使います。(営業所:ピンク、取次店:オレンジ)

 

飛脚クール便

3辺合計140cm以内、重量20kg以内、飛脚宅急便や飛脚航空便の料金にクール料金を追加する。

飛脚宅急便、飛脚航空便のオプションのような位置づけ。

 

サイズ・重さなどでの料金

 

今回は基本料金を示します、(割引はそれぞれありますね)

 

ゆうメール

基本配送料金は規格と重さで料金が決まります。全国一律。

重量 ~150g ~250g ~500g ~1kg ~2kg ~3kg
規格内 180円 215円 300円 350円
規格外 265円 305円 400円 450円 560円 710円

これに着払い手数料が21円かかります。(料金後納かつ郵便私書箱に配達のものでは10円、料金後納や郵便私書箱への配達の場合はそれぞれ15円が手数料になります)

スポンサーリンク

 

ゆうパック

重さは30kgまでで、サイズは60・80・100・120・140・150・170(縦、横、高さの合計の数字(cm))の7種類あります。

サイズと配送地域により料金が変わってきます。

同じ都道府県内でしたら。

サイズ 60 80 100 120 140 150
料金(円) 690 900 1130 1340 1560 1780

それ以外では、離れるに従って7段階で値段が上がっていきます。

これに着払い手数料が21円かかります。(料金後納かつ郵便私書箱に配達のものでは10円、料金後納や郵便私書箱への配達の場合はそれぞれ15円が手数料になります)

 

ゆうパケット

重さは1kgまでで全国一律です、ただサイズが縦+横+高さの合計が60センチ以内(一番長いところで34cm以内、厚さは3cm以内)と決まっていて、

厚さにより値段が決まります。

基本の送料は

厚さ1センチ以内:250円

厚さ2センチ以内:300円

厚さ3センチ以内:350円

これに着払い手数料が21円かかります。(料金後納かつ郵便私書箱に配達のものでは10円、料金後納や郵便私書箱への配達の場合はそれぞれ15円が手数料になります)

 

ヤマト便

補償も充実しているので料金は高いめです。

ただ、宅急便よりも配送時間がかかります。

着払い手数料はかかりません。

 

ヤマト宅急便(ゴルフ宅急便、スキー宅急便、クール宅急便を含む)

同じ都道府県内でしたら。

サイズ 60 80 100 120 140 160
料金(円) 907 1123 1361 1577 1814 2030

サイズ、重量と距離で料金が変わってきます。

着払い手数料はかかりません。

 

ヤマト宅急便コンパクト

同じ都道府県内でしたら料金594円

距離で料金が変わってきます。

着払い手数料はかかりません。

 

佐川急便

飛脚宅急便

同じ都道府県内でしたら。

サイズ・重量 60・2kg 80・5kg 100・10kg 140・20kg 160・30kg
料金(円) 756 1026 1296 1566 1836

サイズ、重量と距離で料金が変わってきます。

着払い手数料はかかりません。

 

飛脚即配便

都市部を中心とした特定エリアへ当日中に送るサービスですのでそれぞれのサイズで、

料金は飛脚宅急便や飛脚ラージサイズ宅急便と同じ

着払い手数料はかかりません。

 

飛脚特定信書便

同じ都道府県内でしたら。

サイズ・重量 80・5kg 100・10kg 140・20kg 160・30kg
料金(円) 1026 1296 1566 1836

サイズ、重量と距離で料金が変わってきます。

着払い手数料はかかりません。

 

飛脚ラージサイズ宅急便

同じ都道府県内でしたら。

サイズ 170 180 200 220 220 220
料金(円) 2376 2646 3186 3726 4806 5886

重量は30kgが基本として、10kg増えるごとに270円加算、上限50kgまで。

サイズ、重量と距離で料金が変わってきます。

着払い手数料はかかりません。

 

飛脚クール便

飛脚宅急便、飛脚航空便の料金に以下のクール料金を追加する。

クール料金

サイズ・重量 60・2kg 80・5kg 100・10kg 140・20kg
料金(円) 250 300 400 650

着払い手数料はかかりません。

 

補償有無について

 

*ゆうメール

オプション(簡易書留)追加(310円)で補償も追跡システム付きます。

 

*ゆうパケット

追跡システムのみ

 

*ゆうパック

30万円までの補償・追跡システム

 

*ヤマト便

運送保険が別にあり、有料です。30万円以上の補償も可

 

*ヤマト宅急便

30万円までの補償・追跡システム

 

*ヤマト宅急便コンパクト

3万円までの補償・追跡システム

 

*飛脚宅急便(クール便含む)

30万円までの補償・追跡システム

 

*飛脚即配便

30万円までの補償・追跡システム

 

*飛脚特定信書便

30万円までの補償・追跡システム

 

*飛脚ラージサイズ宅急便

30万円までの補償・追跡システム

 

まとめ

今の時点で、着払いできる配送サービスで条件次第で一番安くなるのはゆうメールでした。

荷物が大きくなるにつれて、ゆうパックが重宝するかも。

サイズや大きさ、配送距離などにより、どこがお得かは微妙に違うようです。

同じ都道府県内で送る場合A社が一番安かったのに、遠くへ送るときはB社が安いなどのように違うこともあります。

それぞれの場合で、一番良いのを探してくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

スマートEXとエクスプレス予約の違い スマートEXに向く人とエクスプレス予約に向く人

    スマートEXというサービスができて、申し込み

記事を読む

花粉症対策としての生活習慣の見直しと食事の内容の検討

    花粉症になる人は、毎年増えていると思います。マスクを

記事を読む

痛風にならないために日ごろからやっておくこと その理由とおすすめについて

    痛風とは、高尿酸血症の人が何らかの原因で炎症

記事を読む

海外旅行でのスーツケースの破損の対処について

    あなたは、飛行機を利用したことがありますか、それは国

記事を読む

夏風邪とは、その対処法と、かからないための予防策などについて

    風邪と言えば、冬の寒いときに流行するものだと思います

記事を読む

お彼岸にお供えする花の種類は 良く使われるものと長持ちするものは

    お彼岸は、毎年の「春分の日」と「秋分の日」を中日とし

記事を読む

肩こりで利用するマッサージはどんな店がいい、その相場はどれくらい?

    今働いているところの1つで、事務員さんが最近よく見か

記事を読む

JCBギフトカードが破損した まだ使えるのか 対応の仕方について

    紙でできたお金や金券は破損すれば、銀行や発行

記事を読む

そうめんをヘルシーに食べる その栄養素と おすすめレシピとは

      夏の暑い盛りに、自然豊かな高原で

記事を読む

夏バテ予防に食事ににんにくを使用して暑い夏を乗り切るには

    にんにくには元気が出るイメージありますね。 私

記事を読む

PAGE TOP ↑