iPhoneが水没した場合 どう対応したらいいか 注意すべき点について

 

 

iPhoneのような電子機器は、水没させてはいけないことは誰でもわかっています。

 

大事なところに水が入るとデーターが損傷してiPhoneが使えなくなります。

 

でも、注意していても、不測の事態で水没などが起こることもあるでしょう。

 

iPhoneが水没した場合にどう対応したらいいのか、注意すべき点について紹介します。

 

スポンサーリンク

iPhoneが水没した場合

 

新しいiPhone7、7Plus、8、8Plus、Xなどは耐水仕様になっていますが、完全防水ではありません。

 

防塵・防水性を表示する国際規格の最高規格はIP68で「塵埃は進入しない」「潜水時(継続的な水没)にたいして保護する」と解釈されます。

 

この場合は水没でもOKのように思えますが。

 

新しいiPhoneの耐水仕様はIP67で「塵埃は進入しない」「浸水時(一時的な水没)にたいして保護する」と解釈されます。

 

つまりは完全防水ではないということです。

 

そしてその耐水性能も、使用しているうちに低下する可能性があることを示唆しています。

 

だから、水没は避けなければならないと思えます。

 

新しいiPhone7、7Plus、8、8Plus、X以外の機種ならなおさらですよね。

 

新しい耐水仕様の機種でもお風呂、海、川、湖、プールなどでおもいっきりiPhoneを使うためには防水ケースや防水ポーチなどのアクセサリーが必要になるということになります。

 

油断は大敵です、データーが損傷したら使えなくなりますからね。

 

例えばこんなケース。

 

どう対応したらいいか

 

水没させてしまったら最悪ダメになることを覚悟しておきましょう。

 

その上で以下のような対応をします。

 

1)iPhoneの電源を速やかに切る。

電源が入っているとショートしたりして故障することになりかねないです。

 

2)SIMカードを抜く。

iPhoneを購入したときに付属していた「SIM取り出しツール」かクリップなどを変形させてSIMカードを注意深く抜き取りましょう。

SIMカードも水分はダメです。取り出したら注意深く水分をふきとって大切に保管しておきます。

 

3)アクセサリー類(カバー、イヤホンなど)を外す。

iPhone本体人ついた水分をふき取るため、iPhoneの内部に水が染み込まないように注意深く外しましょう。

 

4)iPhone全体の水分をふき取り、端子やコネクタや隙間に入り込んだ水分を細くねじったティッシュなどで注意深く吸い取ります。

できるだけiPhone内部に水分が染み込んでいかないようにします。

 

5)密封できる容器(ジップロックなどでもOK)に乾燥剤とともにiPhoneを入れる。

乾燥剤でiPhoneについた水分を自然乾燥させて、損傷を最小限でくいとめます。

 

できればこの時点で専門家にお任せする方が良いと思います。速やかに持っていきましょう。

 

 

何とかなりそうなレベルと判断でき、どうしても自分でしたいのなら以下の処置をしましょう。

 

6)容器に入れたまま、直射日光が当たらない温度変化の激しくない乾燥させるのに都合のいい温度帯に数日放置します。

損傷が広がらないようにするため。

 

7)数日(4~5日くらい)ののちに、電源を入れてみて復活していたらすぐにバックアップを取っておきましょう。

電源が入っても何日か後に壊れてしまうかもしれません、データーを抜き取ることができる間にバックアップを取っておきましょう。

 

注意すべき点について

 

水没後に注意する点は、

 

1)対策後4~5日放置するまでは、iPhoneの電源を入れたり、充電をしない。

電源が入っているとショートして壊れてしまうことがありますからしてはいけません。

 

2)iPhoneに振動を加える(振るなど)ことをしない。

ていねいに扱いましょう。中に染み込んだ水が悪さをしないようにするために。

 

3)iPhoneをドライヤーなどで乾かさない。

このようなことをすると、中に染み込んだ水が悪さをしかねません。

 

4)iPhoneを電子レンジで乾かさない。

これは論外です、電子レンジの原理がわかっていればこのようなことはしないはず。iPhoneは完全に壊れます。

 

5)iPhoneを水以外の液体に浸けてしまった場合は必ず専門家に助けを求める。

液体の成分により対策が必要になるので、素人のレベルを超えています、助かることを祈って専門家にゆだねましょう。

 

まとめ

 

iPhoneを水没させたら、100%復旧できる補償はないですが、できるだけのことはして専門家に任せましょう。

 

もし、何事もなく使えるようになれば儲けものですよ。

スポンサーリンク

関連記事

iPhoneでSuicaを使うには 使用するものと設定方法について

    iPhoneにはいろんな機種がありますが、i

記事を読む

iPhoneでVPNテクノロジーを設定する 問題点は?その解決法について

    スマホの契約がパケホーダイなどでないとき

記事を読む

iPhone8Plusでワイヤレス充電器を使ってみた、Qi充電とは。

    3年使ったiPhone6SPLusのバッテリーが

記事を読む

自宅でiPhoneを使う 通信料金節約と高速通信する その方法について

    iPhoneの通信料を抑えるのはユーザーすべ

記事を読む

パスワード管理をiPhoneで簡単にするには、どんなツール、アプリを使うのか

    パスワードはセキュリティのかなめです。 &

記事を読む

iPhone8・8PlusのBluetoothの不具合について、ペアリングできない、作動しない。

    iPhone6SPlusのバッテリーが弱って

記事を読む

iPhoneでGmailを設定する そのメリットと設定の仕方について

    今は、メールよりもLINEを使う方がいろいろ

記事を読む

iPhoneで無料Wifiに簡単につなぐには 使い方の注意点と対策について

    スマホの契約がパケホーダイなどでないときは、

記事を読む

iPhone8Plusを購入 格安SIMで使うには mineoでiPhone6SPlusからの場合について

    最近ではiPhoneXR・XSのコマーシャル

記事を読む

東海道新幹線でiPhoneを使う 電源コンセントのある車輌とない車両について

      東海道新幹線に乗ることが

記事を読む

PAGE TOP ↑