スマホのアップデート iOS端末(iPhone)をアップデートする 方法と注意点(2019年)

 

 

スマホのOSも使い勝手が良いように逐次改善されています。

 

そのため、お手持ちのiOSのデバイス(iPhone)を有効に使うにはこまめなアップデートが必要になります。

 

私は最近購入したiPhone8Plusを自動アップデートオンにしているので自動でアップデートされています。

 

スマホのアップデート、iOS端末(iPhone)をアップデートする方法と注意点について紹介します。

 

スポンサーリンク

iOS端末(iPhone)をアップデートする

 

iPhoneは逐次改善がほどこされています。

 

必要なら、すぐさま不定期でアップデートの案内が届くこともありえます。

 

セキュリティアップデート、不具合の改善、新機能追加など、さまざまなアップデートがあります。

 

いろいろと改善を加えてくれるのはありがたいですね。

 

iOS12ではライブラリから写真を見つけたり共有したりしやすくなる機能が追加されました。

 

また、時間を有効活用できるように情報を整理したり、素早い作業の完結に貢献できる改善がなされています。

 

このような有効な改善を、いち早く手に入れるためには、こまめなアップデートが必要になります。

 

アップデートの方法

 

Wi-Fi環境の確認とiPhoneのバッテリーが十分充電されているかを確認します。

 

ソフトウェア・アップデートがあるとiPhoneの画面にポップアップ通知が表示されます。

 

「今すぐインストール」か「あとで」を選択しましょう。

 

「今すぐインストール」ならアップデートがすぐさま開始します。

 

「あとで」を選択すれば「ソフトウェア・アップデート」のページが表示されます。

 

「夜間にインストールするにはパスコードを入力してください」と表示されています。

 

ここでパスコードを入力すると記載されているとおりに未明から明け方ごろまでにアップデートが実行されます。

(iPhoneは電源につないでおくことが必要です。(もしものために)夜の就寝前につないでおきましょう。)

 

キャンセルの場合は下部にある「後で通知」をタップすればキャンセルできます。

 

キャンセルの場合は毎日アップデートを促す通知が表示されます。

 

 

いつも必ず表示されるわけではないので、必要なら「設定」画面の「一般」を開き、2番目にある「ソフトウェア・アップデート」を確認しましょう。

 

設定アプリ(黄〇)

 

 

 

最新でアップデートが必要でないなら「お使いのソフトウェアは最新です。」と表示されています。

 

*通知が来てからしばらく放置していると「設定」アプリに赤い「1」という数字が浮き出ます。

 

*ストレージに十分な空き容量がないときは、メッセージが表示されます。必要な容量をアプリのインストールなどで確保しましょう。

 

 

 

iOSのアップデート方法は、主に2つあります。

 

1.Wi-Fi(無線LAN)を使ってする方法。

 

2.iTunes経由でする方法。

 

です。

 

 

1.Wi-Fi(無線LAN)を使ってする方法。

 

 

この方法には自動的にアップデートするのと、手動でアップデートするのがあります。

 

 

自動でアップデートするには、

 

「設定」画面で「一般」を選びます。

 

次の画面で「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

 

この画面が表示されます(自動になっていればオンになっています。)

 

オフの場合タップするとボタンが表示されますから、オンにしておきましょう。(表示はオンです。)

スポンサーリンク

 

あとは自動で最新バージョンにアップデートされます。

 

*Wi-Fi環境に常に置いておきましょう、充電にも注意が必要ですね。

 

*一部のアップデートは手動でする必要があります。

 

 

 

手動でアップデートするには、

 

「設定」画面で「一般」を選びます。

 

次の画面で「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

 

アップデートすべきものがあればこのように表示されています。

 

容量が充分であることを確認して「今すぐインストール」(ダウンロードされている場合)か「ダウンロードとインストール」をタップします。

 

するとセキュリティのためにパスコードの入力を求められます、入力しましょう。

 

*この前に利用規約画面が表示されることがあります。その場合は利用条件を確認し、「同意する」をタップします。

 

データーのダウンロードかインストールが始まります。

 

*ダウンロードが終わってなければ上の方に所要時間が表示されますから確認しましょう。(赤〇)

 

ポップアップが表示され「今すぐインストール」をタップするとアップデートが始まります。

 

アップデートが終われば検証に入ります。

 

 

以後、アップルのマークが何度か表示された後、パスコードの入力が求められ、入力すればアップデート終了です。

 

 

 

2.iTunes経由でする方法。

 

信頼できるパソコンに最新のiTunesをインストールします。

 

アップデートするiOSデバイスと同じWi-Fiにパソコンをつないでいる場合は、そのパソコンを別のWi-Fiかインターネット環境に接続します。

 

iOSデバイス(iPhone)をUSBケーブル(Lightning端子)でパソコンと接続します。

 

iTunesを開いて、iPhoneを選択します。

赤〇のあたりにiPhoneが表示されます。

 

左側に出る「概要」をクリックし、右側にある「アップデートを確認」をクリックします。

 

「ダウンロードしてアップデート」をクリックします。

 

パスコードを要求されるので入力します。

 

アップロードが始まります。

 

アップデート完了。

 

 

*このような手順の中でエラーメッセージが表示される場合以下を試してみましょう。

 

1.iTunesをアップデート。

 

2.パソコンをアップデート。

 

3.直接USBポートにケーブルをつなぐ。

 

4.デバイスとパソコンを再起動する。

 

5.パソコンのセキュリティソフトをアップデート、変更、アンインストールする。

 

6.再トライする。

 

アップデートの注意点

 

予期せぬ問題が発生することがあります、事前にiPhoneのデータのバックアップが必要です。

 

”転ばぬ先の杖”ですよ。

 

アップデートは約20分から数時間もかかることがあります。

 

余裕を持った対応が求められます。

 

長時間にわたる場合があるため、バッテリーが十分に充電されていることを確認したうえで行いましょう。

 

場合によっては、充電しながらのアップデートでもかまわないです。

 

その方が安全な場合があります。(バッテリー切れでアップデートできないことを防げる。)

 

まとめ

 

毎日の生活に役立っているスマホ、できるだけ有効化して使いたいものです。

 

iPhoneを有効化するアップデートの仕方について紹介しました、

 

あなたの生活に役立てば幸いです。

以前の記事です。
参考記事⇒iPhoneのiOSのアップデート する方法とその際の注意点について

参考記事⇒スマホのアップデート Andoroid端末をアップデートする 方法と注意点

スポンサーリンク

関連記事

iPhoneでテキストファイルを編集するにはどんなアプリを使えばいいか

    普通のパソコンならメモ帳でテキストファイルを編集

記事を読む

外出先でエクセルを使う iPhoneで使うには PCとのデーター共有について

    マイクロソフトのエクセルは表計算ソフトとして

記事を読む

ローソンのフリーWi-fiとは 登録と接続、繋がらない時の注意点について

    スマホなどの情報機器を使いこなす時代において

記事を読む

ブックマークレットでiPhoneのサファリをパワーアップ その設定について

    iPhoneのサファリにブックマークでいろん

記事を読む

no image

iPhoneの写真や動画データを簡単にやりとりするには何を使えばいいのか

iPhoneで写真を撮ったり動画を撮影したりすると、どんどんiPhoneに溜まっていきます。

記事を読む

電車などをどう乗り継ぐかを連絡する 何を使うのが良いか その方法について(iPhone)

    iPhoneなどのスマホを持っていると、友達

記事を読む

iPhoneで想定外のデータ通信 Wi-fi設定なのになぜ?対策について

    スマホの料金を節約するのにいろいろ苦労されて

記事を読む

iPhoneで手軽に子供の防犯対策 何を使う?その設定の仕方と注意点について

    iPhoneを持っているといろいろと便利で重

記事を読む

格安スマホにLINEのID検索で取得した友だちを追加する方法は

      いきなり格安スマホを購入してLI

記事を読む

iPhoneの容量不足 容量無駄使いの見直しとおすすめのアイテムについて

    iPhoneを長く使っていると、アプリもたく

記事を読む

PAGE TOP ↑