無料Wi-fiの危険性とは それを解決する方法と設定の仕方について

 

スマホの契約がパケホーダイなどでないときは、通信量の上限が気になるので、外出先でスマホを使うときには、無料Wifiをよく利用することがあります。

 

無料で使えるなんて、ちょっと怪しいと思っていても深く考えずに使っているのが現状でしょう。

 

無料Wi-fiの危険性とは、それを解決する方法と設定の仕方について紹介します。

 

スポンサーリンク

無料Wi-fiの危険性とは

 

生活の中で、コンビニとか行きますよね、ローソン、ファミリーマート、セブンイレブンなどそれぞれのコンビニには無料のWi-fiが解放されています。

 

また、カフェや観光施設、空港、駅でも無料のWi-fiが解放されていますね。

 

どんどん増えていってます。

 

便利だからと使っていたら危険が潜んでいることを知っていましたか?

 

その無料のWi-fi通信につなぐことで何が危ないのかですが。

 

セキュリティに問題があるのです。

 

その通信が暗号化されていないことがあげられます。

 

通信内容がダダ漏れになっているんです。

 

スマホとWi-fi基地局の間の通信内容が悪意の第三者に傍受される可能性があるんです。

 

まさか、そんな悪いことしないだろうなんて思っているあなた。

 

世の中、あなたのような善良な市民ばかりではないですよ。

 

実際、数は多くないでしょうが、そういうことを考えている人は確実にいますから。

 

もし、オンラインバンキングやクレジットカードでのショッピングなどをしていたら、IDやパスワードが盗まれることになります。

 

そして、勝手に銀行口座からお金をおろされたり、クレジットカードで買い物されたりして、損害をこうむるかもしれないのです。

 

仮に、セキュリティのしっかりした無料Wi-fi通信だったとしても、不特定多数の人が頻繁に利用するようなところでは、利用者が全て同じパスワードを使用していることがあり、パスワードがあってないようなものなので、簡単に悪意の第三者に情報を盗まれることになります。

 

通信がしっかり暗号化されていて、パスワードも管理されているような自宅のWi-fiなら大丈夫ですが、そうでないものは情報を盗まれる可能性があるのです。

 

利便性が良いWi-fiには落とし穴があるのです。

 

少なくとも、危なそうなWi-fiにつなぐときは見られても大丈夫なものしか操作してはいけないでしょう。

 

オンラインバンキングなどを使うときは無料Wi-fiでない通常の方法でするというのも手かもしれないですね。

 

それを解決する方法は

 

こんな危険性があったんですね、でもどうしたらいいのでしょうか。

 

面倒なことをせずにできるようにするには、最も信頼性の高いVPNテクノロジーを導入するのが一番でしょう。

 

日本ではあまり知られていませんが、世界中でたくさん使われているものです。

 

Wi-fiの通信部分を暗号化してくれます。

 

どこの無料Wi-fiでも安心して使えるようになります。

 

まあ、あんまり変なところの無料Wi-fiは、万が一を考えて避けておいた方がいいですが。

スポンサーリンク

 

 

 

 

設定の仕方について

 

スマホなどに設定する場合として、例としてiPhoneでの場合で考えてみます。

(もちろんPCやMACなどでも可能です)

 

iPhoneではAPPアプリとしてHotspotとして検索すれば、APP STOREのところに「HotspotShield VPN & Wifi Proxy」が表示されますから、それを使ってもいいです。

 

最初は無料ですが、無料期間がすぎれば毎月1300円ほどかかるようになります。

 

無制限で使うことができる料金プランでは13800円とかです。(何台まで使えるのかは不明です)

(値段は少し不確かです、だいたいそれぐらいと思っておいてくださいね)

 

 

ソースネクストではWi-Fiセキュリティという名称で販売されています、同じものです。

ソースネクストのホームページ→ http://www.sourcenext.com/

 

通常は1年版(1台のみ)で2980円、プレミアム版(期限なし)(5台まで)16800円です。

 

パソコン、スマホ、タブレットなどで使えます。

 

少し高いようですが、私はプレミアム版を購入してみました。

(5台まで使えると明記してあり、ちょうど割引セールで、追加で割引券が使えたので)

 

ノートPCに入れてみたら、あるソフトなどの再設定が必要になったので、当面、Wi-fiで使用することもないようなので、スマホ(iPhone)だけに入れることにしました。

 

PCでアカウントを作成し、その時に設定した、メルアドとパスワードをアプリ画面に入力して設定しました。

 

ソースネクストでは設定マニュアルもあったので簡単に設定できました。

 

Androidなどもマニュアルにのっているので簡単に設定できるでしょう。

 

また、auユーザーなどではauスマートパスプレミアムの会員向けに「Wi-fiセキュリティ」を用意しているとか。

 

あなたの携帯キャリアでそういうのがないか調べてみてくださいね。

 

少しぐらいお金を払ったって、あなたの情報などが盗まれて、被害をこうむることを考えれば安い買い物だと思いますけどね。

 

まとめ

 

無料Wi-fiを使う頻度が増えてくると、情報が盗まれたりすることが出てくるかもしれません。

 

その対策のためにはVPNテクノロジーの導入をおすすめします。

 

できれば、スマホの方のセキュリティも導入されることをおすすめします。

(iPhoneではセキュリティが高そうですが、万が一ということがあります、Androidならなおさらですね)

Kaspersky Safe BrowserやLookoutなら無料版もありますから検討してみてくださいね。

無料版だけに不具合があるようですが・・・

参考記事⇒iPhoneでVPNテクノロジーを設定する 問題点は?その解決法について

スポンサーリンク

関連記事

iPhoneのデータをPCに保存する 何を使ってする? その方法について

    自分がもっているiPhone6SPlusのデ

記事を読む

iPhoneのiOSのアップデート する方法とその際の注意点について

    iPhoneでは時々iOSというOSのアップ

記事を読む

新幹線でWi-FiをiPhoneで使うには 料金体系や設定の仕方について

    新幹線で遠くへ移動するときは、長い時間をもて

記事を読む

海外で使えるデーター通信の種類 それぞれのメリット・デメリットについて

    スマホがあれば海外でもいろいろと役に立ちますが、

記事を読む

ガストでiPhoneを使う Free Wi-fiのつなぎ方 注意点について

    再上場を果たしたすかいらーく、株主優待でガストに

記事を読む

iPhoneの容量不足 容量無駄使いの見直しとおすすめのアイテムについて

    iPhoneを長く使っていると、アプリもたく

記事を読む

iPhoneで大事な予定などをメールで管理する 何を使うのか その設定について

    現在ではスマホなどに届くメールで、いろんな予

記事を読む

5Gとは 4Gと比べてどうなの 速度、容量、接続、遅延などについて

    携帯電話の通信規格は進化が激しかったが4Gは

記事を読む

期限のあるメールを忘れないために 何を使う その設定について(iPhone)

    iPhoneには標準でメール機能が備わってい

記事を読む

iPhoneのNight Shift機能 設定アプリとコントロールセンターでの設定について(iOS11.3)

    最近は睡眠の質を下げるということを聞かされた

記事を読む

PAGE TOP ↑